納期安定 車 年末商戦

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


納期安定車の2016年年末商戦の攻略法。年内納車を基本に商談を

 

年末が近くなり、自動車販売業界でも年末商戦がスタートしました。

 

2016年の年末商戦は、例年ほど盛り上がっていません。

 

そんな状況だからこそ、商談で好条件が出やすいタイミングとなっています。

 

そこで、前回から『車種別、年末商戦で好条件を獲得するポイント』についてお話ししています。

 

今回は『納期安定車の2016年年末商戦のポイント』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回は、新型車・予約車の2016年の年末商戦のポイントについてお話ししました。

 

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

※新型車は、オプション値引きや下取り査定額のアップを狙おう

新型車・予約車の2016年年末商戦の攻略法。商談は早めに動こう

 

 

納期安定車の2016年年末商戦のポイント|年内納車を原則として商談を

近年は、納期遅延の車が多いです。

 

けれど、契約後、1ヶ月以内には納車が可能という、安定型の車種はどの自動車メーカーにも存在します。

 

このような納期安定車は、値引き条件も適度に拡大しているので狙い目です

 

 

納期安定車の年末商戦のポイントは、年内納車を原則として商談することです。

 

納期が安定しているといっても、在庫数が少なく、工場へオーダーとなる可能性もあります。

 

年末商戦だからといって確実に年内納車となるわけではないので、納期をしっかり確認しながら商談してくださいね。

 

 

年内納車してもらうためには、早めの行動が大切です。

 

遅くても12月第1週の週末には結論を出したいので、11月末から情報収集など、商談に向けて活動を始めるといいですよ。

 

 

商談をしていると、ときどき営業マンから「納車は年明けになりそう」と言われることがあります。

 

けれど、結局は年内納車に間に合うことが多いです。

 

というのも「納車は年明けになりそう」というのは、新車販売業界のセオリーに基づいたセールトークのひとつで、メーカー&販売店はできるだけ年内に納車してしまおうと考えています。

 

なので、年末商戦期に増産するモデルも多いんです。

 

 

2016年の年末商戦でいえば、カローラシリーズやノア3兄弟は、納期安定車として狙い目です。

 

他の自動車メーカーなら、在庫車に余裕のあるモデルは納期が安定していています。

 

ホンダならステップワゴンやフィットは、在庫車に余裕があります。

 

 

登録だけ年内に行われ、納車は来年になるのは要注意

年末商戦で納期安定車を購入するときに気をつけたいのは、登録だけ年内に行われ、納車は年を超えてからになることです。

 

12月中旬に契約したり、ちょっと納期が長めの車種を購入したりする場合は、年内登録・翌年納車が起こる可能性があるので注意です。

 

 

このようなリスクを避けたいなら、初めから翌年登録となるように商談をはじめた方がいいです。

 

12月20日以降から商談を始めれば、年内登録はほぼ不可能なので、年内登録・翌年納車が起こる可能性は低いです。

 

納期安定車なら、1月中の納車も十分可能です。

 

 

また、1月は稼働日が少ないので、販売現場はかなり苦戦します。

 

そのため営業マンは、正月休みに入る前に1月実績達成の見通しを、少しでもハッキリしておきたいと考えています。

 

さらに、12月後半に新車の商談をする人は、かなり少ないです。

 

なので短期間の商談で大幅値引きが提示される可能性が高く、販売店も“超ホット客”として歓迎してくれますよ。

 

納期安定車五箇条

 

一.納期は早まるものと思っておく

二.12月上旬の契約で計画を立てる

三.商談の基本姿勢は年内納車されることがベース

四.希望グレードには柔軟性を持つ

五.納期も重要な競合材料になる

(引用元:ザ・マイカー)

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧