ホンダ マツダ 2017

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱の2017年後半の新型車情報

 

2017年の前半は、どの各自動車メーカーも活発な動きがあり、多くの新型車が登場しました。

 

では、2017年後半は、どのような新型車が登場するのでしょうか?

 

そこで前回、『2017年後半の新型車、フルモデル&マイナーチェンジ情報』として、トヨタとレクサス、日産の新型車情報についてお話ししました。

 

※2017年後半、トヨタや日産は、活発に新型車を登場させる

トヨタとレクサス、日産の2017年後半の新型車、フルモデル&マイナーチェンジ情報

 

今回も続きとして、

 

・ホンダ

・マツダ

・スバル

・スズキ

・ダイハツ

・三菱

 

の新型車、フルモデルチェンジ&マイナーチェンジ情報についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心です。

かんたん車査定ガイド

ホンダの2017年後半は、ついに新型シビックが登場する

ホンダは、

 

・6月29日にフィットのマイン―チェンジ

・7月6日にグレイスのマイナーチェンジ

・7月27日に新型シビックの発売

・8月26日にNボックスをフルモデルチェンジ

・9月にステップワゴンのマイナーチェンジ&追加モデル

・10月にシャトル&レジェンドのマイナーチェンジ

 

を予定しています。

 

 

マイナーチェンジをする車種は、内外装のデザイン変更、安全装備のホンダセンシングの標準装備車を設定します。

 

 

Nボックスは、フルモデルチェンジで走行性能や使い勝手、燃費の向上が行われます。

 

新開発のエンジン、CVT、プラットフォームを採用し、走りの質を進化させます。

 

さらに、約100kgの軽量化を行い、現行型よりも燃費性能を良くします。

 

ホイールベースは25mm延長することで、クラストップの圧倒的な室内空間の広さを確保し、室内長は、ライバル車のタントよりも80mm、スペーシアよりも105mmも長くなります。

 

安全装置のホンダセンシングは、売れ筋のGグレード以上に標準装備されます。

 

フルモデルチェンジで、走り、燃費、使い勝手のすべて面で進化するんですよ。

 

 

ステップワゴンは、ハイブリッドを追加する予定です。

 

パワーユニットは、2000cc+2モーター&リチウムイオンバッテリの組み合わせとなり、同クラス最高の燃費性能と走りの高さを実現します。

 

 

マツダの2017年後半は、待望のCX-9が登場

マツダは、

 

・6月29日にCX-3の追加モデル

・10月に新型SUVのCX-9を発売

 

する予定となっています。

 

 

CX-3は、2000ccガソリンモデルを設定し、6月29日発表、7月21日発売開始となります。

 

ガソリン車は、1500ccディーゼルよりも価格を20万円以上安くして、CX-3の増販を目指します。

 

 

新型クロスオーバーSUVのCX-9は、10月に登場します。

 

3列シートの7人乗りで、エンジンは2500ccガソリンと2200ccディーゼルとなる予定です。

 

ボディ寸法は、全長4900×全幅1840×全長1730mmとのことなので、CX-5より全幅以外は一回り大きいサイズとなります。

 

 

スバルの2017年後半は、アイサイトVer.3が進化

スバルは、

 

・7月3日にレヴォーグのマイナーチェンジ

・12月にフォレスターのフルモデルチェンジ

 

を予定しています。

 

 

レヴォーグは、7月3日にマイナーチェンジし、8月7日に発売開始されます。

 

内外装のデザインが変更されます。

 

さらに、リアカメラを装備し、追随走行の最高速度を114km/hから135km/hに引き上げられるなど、アイサイトバージョン3が進化します。

 

 

フォレスターのフルモデルチェンジは、新開発の“スバルグローバルプラットフォーム”が採用される予定です。

 

 

スズキの2017年後半は、スイフトにハイブリッドが追加される

スズキは、

 

・年末までにスイフトスポーツの発売&スイフトの追加

・12月にハスラーのマイナーチェンジ

 

を予定しています。

 

 

スイフトスポーツは、新開発の1400ccターボエンジンを搭載する予定です。

 

スイフトは、ソリオに搭載している1200ccエンジンを採用したハイブリッドモデルを設定します。

 

 

ハスラーは、マイルドハイブリッドシステムを搭載し、燃費向上が行われます。

 

 

ダイハツの2017年後半は、新車種やフルモデルチェンジはなし

ダイハツは、

 

・9月にキャストのマイナーチェンジ

・11月にウェイクのマイナーチェンジ

・10月にムーヴのマイナーチェンジ

 

を予定しています。

 

マイナーチェンジでは、安全装備の“スマートアシストⅢ”の標準装備車を設定する予定です。

 

 

三菱の2017年後半は、新型SUVのエクリプスクロスを発売

三菱は、

 

・年末までにエクリプスクロスの発売

 

を予定しています。

 

 

新型SUVのエクリプスクロスは、RUVとアウトランダーの中間となるモデルで、2200ccクリーンディーゼルエンジンと1500ccのターボエンジンを搭載します。

 

 

このように多くの自動車メーカーは、2017年後半も活発に新型車を登場する予定となっています。

 

いまから、新型車の発売が楽しみですね。

 

 

2017年後半のニューモデル予想

ホンダ 7月 シビック 登場
8月 Nボックス FMC
9月 ステップワゴン MC
10月 シャトル MC
レジェンド MC
マツダ 6月 CX-3 追加
10月 CX-9 登場
スバル 7月 レヴォーグ MC
12月 フォレスター FMC
スズキ 11月 スイフトスポーツ 登場
スイフト 追加
12月 ハスラー MC
ダイハツ 9月 キャスト MC
11月 ウェイク MC
10月 ムーヴ MC
三菱 11月 エクリプスクロス 登場

※FMC=フルモデルチェンジ

MC=マイナーチェンジ

追加=追加グレード

(引用元:ザ・マイカー)

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車ニュース ホンダ車ニュース 車ニュース マツダ車ニュース 車ニュース ダイハツ車ニュース 車ニュース スズキ車ニュース 車ニュース スバル車ニュース 車ニュース 三菱車ニュース

この記事に関連する記事一覧

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント