車 ブレーキ 点検

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車のブレーキの点検方法。消耗品が多いのでメンテナンスが必要です

 

車は走らなければ事故など命にかかわることは起きませんが、走っているときに止まれないと大事故になってしまいます。

 

そのため、ブレーキはとても重要な部分です。

 

車の部品の中には、メンテナンスフリーのものもありますが、ブレーキは消耗品が多い部分で点検や整備が必要な部分です。

 

ブレーキは、素人が分解してメンテナンスができる個所ではありません。けれど、点検をして不具合の兆候を知ることで、早い段階でプロに見てもらうことができるようになりトラブルを回避できるようになります。

 

なので、『車のブレーキの点検方法』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、以前紹介したバッテリーのメンテナンス方法は、こちらを参考にしてください

車のバッテリーのメンテナンス方法。点検をして寿命まで使い切ろう

 

 

車のブレーキの点検でやっておきたい項目

安全に走行するためには、ブレーキの好調を保っておくことはとても重要です。

 

なので、定期的に点検をして、早め早めに不具合を見つけて、常に好調な状態を保ってくださいね。

 

それでは、車のブレーキの点検方法について説明していきますね。

 

 

《ブレーキペダルのタッチの点検》

まずは、車内にてブレーキペダルを点検します。

 

エンジンをかけた状態で、ブレーキペダルを奥まで踏み込んでみて、滑らかに奥まで行くか確認してください。

 

また、ペダルから足を離してみて、すぐに戻るかも確認してください。

 

このとき、少しでも引っかかりがあったら、整備工場で点検してもらってください。

 

 

また、奥までブレーキペダルを踏み込んだときに、もう一度強めに踏み込んでみましょう。

 

強めに踏み込んだときに、奥まで入っていかなければいいのですが、もしさらに奥まで入っていったら、プロに点検してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキペダルの踏み代の点検》

ブレーキペダルに引っかかりなど問題がなくても、あまりにブレーキペダルの踏み込み量が多いのも問題です。

 

ブレーキペダルを踏み込んだときに、ペダルの一番奥がフロアギリギリだと、トラブルが発生する場合もあります。

 

このような場合も、プロに点検してもらってくださいね。

 

特に、ズブズブという感じで、どんどん奥に行くような場合は要注意です。

 

 

《サイドブレーキの引き代の点検》

近年は、電動式のサイドブレーキも増えましたが、基本的にはワイヤー式のサイドブレーキが多いです。

 

けれど、ワイヤー式のものは、引っ張ってブレーキをかけるので、少しずつワイヤーが伸びてしまいます。

 

ノッチ数でいうと、5~7ノッチくらいがちょうどいいといわれているので、これより少ない場合や多い場合は、点検・調整してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキパッドの量の点検》

アルミホイールで、ディスクブレーキの場合は、外からブレーキパットが見えます。

 

なので、のぞいてみてブレーキパッドの量も点検してください。(ブレーキパッドは、すぐにはなくならないので、2~3ヶ月に1回の点検で十分です)

 

残量の限界は1mmですが、それは最悪の場合なので、もう少し早い段階で交換してくださいね。

 

 

ちなみに、後輪はドラムブレーキが使われていることが多いですが、ドラムブレーキの場合は、ブレーキパッドは外から見えないので、プロに任せるしかありません。

 

 

《ブレーキローターの減り具合の点検》

ブレーキパットと同じく、アルミホイールで内側がのぞける場合にしか点検出来ないのですが、ローターの点検も大切です。

 

ローターとブレーキパッドが当っている部分の段差を確認してください。

 

ローターも減るため、段差ができるのは仕方がありません。

 

けれど、あまりに段差が大きい場合はローターの交換も必要になりますので、段差が大きいときは、プロに点検してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキフルードのタンクの点検》

ブレーキフルード(ブレーキオイル)の点検も行ってください。

 

ボンネットを開けて、エンジンルーム内の運転席の前にあるのが、ブレーキフルードのタンクです。

 

ブレーキフルードは、ブレーキパッドが減ると、それに合わせて少しずつ減ります。けれど、あまりに減っている場合は問題ですので、プロに点検してもらってくださいね。

 

また、ブレーキタンクからオイルが漏れていないか、オイル自体の汚れなども点検してくださいね。

 

 

このように、ブレーキの点検は比較的簡単にできます。

 

ブレーキは、重要な部品であり、消耗品がいっぱいある部分でもあります。

 

定期的に点検して、好調を保ってくださいね。もし、違和感があったら、プロに点検・整備してもらってくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧