車 ブレーキ 音

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車のブレーキの疑問。キーキー音がするけどいいの?ペダルが震えるけどいいの?

 

ブレーキは、車の中でとても重要な部品の一つです。

 

車は、走らなければ事故など命にかかわることは起こりませんが、走っている時に止まれないと大事故になってしまいます。

 

しかも、近年はメンテナンスフリーの部品も出てきていますが、ブレーキは消耗品が多い部分です。そのため、好調を保つためには、定期的な点検やメンテナンスは必須です。

 

なので、前回、ブレーキの点検方法についてお話ししました。

 

まだ読まれていない方は、こちらからどうぞ

車のブレーキの点検方法。消耗品が多いのでメンテナンスが必要です

 

 

そして、今回はその続きとして、『ブレーキのメンテナンスに関する疑問』についてお話ししますね。

 

 

ブレーキフルードには規格があるの?

ブレーキフルードには規格があり、パッケージに「DOT3」などと書かれています。

 

一般的にはDOT3~DOT5が使われていて、数字が大きい方が耐熱性(耐フェード性)に優れています。

 

一方、数字が大きい方が吸湿性も高いため、劣化が早いという欠点もあります。

 

普通のファミリーカーなら、DOT3で十分ですよ。

 

 

ブレーキからキーキー音がするけどいいの?

アルミホイールなら外からブレーキパッドが見えるので、点検のときに残量を確認することができます。

 

けれど、外から見えない場合は、残量の確認できないので、交換が遅れてしまうことがあります。

 

ブレーキがキーキーなるのは、パッドの横にピンがついていて、残量が減るとでてきてローターに当たって音が出ているからです。

 

そして、このキーキー音がなったら要注意で、ブレーキパッドの残量がないので要交換のタイミングです。

 

ブレーキからキーキーという音が聞こえたら、早急にブレーキパッドを交換してくださいね。

 

 

ブレーキペダルの踏み込み量の調整ってできるの?

ブレーキペダルの踏み込みが深くなりすぎてしまうと、事故などトラブルになってしまうことがあります。

 

では、ペダルの踏み込み量の調整はできるのでしょうか?

 

車の中には、踏み込み量の調整が可能になっている車種もあります。

 

ブレーキペダルの裏にネジがついていて、そこで踏み込み量の調整ができるんです。

 

 

ただし、やみくもに踏み込み量の調整をするのは危険です。

 

踏み込み量が増えてしまった原因を探り、しっかり対策をしてから調整するようにしてくださいね。

 

トラブルをほおっておいたままにすると、いざという時にトラブルにになってしまう可能性がありますよ。

 

 

ブレーキペダルを踏むと、ペダルが震えます

ブレーキを踏んだときに、ペダルが震えることがあります。

 

この原因は、ローターが歪んでいるから。

 

ローターは、使っているうちに摩耗したり、熱によって歪んで表面が波打ってしまったりしてしまうことがあります。

 

その波打ちによって、ペダルが震えてしまうんです。

 

このようなときは、ローターを新品にするか、表面を研磨して平らにしてもらいましょう。

 

 

輸入車はアルミホイールが汚れやすい。その理由は…

ホイールが、ブレーキダストで黒くなってしまうことってありますよね。

 

特に、輸入車は、あっという間に真っ黒になってしまいます。

 

これには理由があり、日本車はブレーキから音ができるのを嫌い、長くもつことを重要視しています。

 

一方、輸入車は、がっちりブレーキが効き、耐熱性も確保していているからなんです。輸入車は、ブレーキパッドもローターも消耗品で、どんどん減ってもいいから、がっちりブレーキを効かせてほしいという考えなんです。

 

そのため、輸入車は、あっというまにホイールがブレーキダストで黒くなってしまうんですよ。

 

 

ただし、ブレーキダストがブレーキ回りについてしまうと、点検のときに見にくくなってしまったり、こびりついて取れなくなったりしてしまいます。

 

なので、定期的にブレーキダストを落として、きれいにしてくださいね。

 

水でもいいのですが、専用クリーナーを使うと、簡単に落とすことができますよ。

 

 

ブレーキは、車の中でとても重要な部分の一つです。

 

定期的に点検をして、常に好調を保ってくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧