セダン 末期モデル 買い

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


セダンの末期モデルの買い・待ち判定|プリウスやクラウンは買い?

 

新型車が発売される一方で、型が古くなっている「末期モデル」の車種もあります。

 

そんな末期モデルの新車の“買い”or“待ち”の判定を、カー雑誌『ザ・マイカー』がしていましたので、結果を紹介しますね。

 

今回は、『セダンの末期モデルの買い、待ち判定』についてです。

 

 

判定するセダンの末期モデル

セダンは、コンパクトカーやミニバン、軽自動車に主役の座を奪われてしまいましたが、バリエーションはかなり充実しています。

 

そんなセダンの買い、待ちの判定をした末期モデルは以下の車種です。

 

・センチュリー(トヨタ)

・LS(レクサス)

・クラウンロイヤル&アスリート(トヨタ)

・アクセラ(マツダ)

・キザシ(スズキ)

・プリウス(トヨタ)

・HS(レクサス)

・SAI(トヨタ)

・プレミオ(トヨタ)

・アリオン(トヨタ)

 

それでは、それぞれの買い、待ち判定を見てみましょう。

 

センチュリー(トヨタ)|判定:買い

センチュリーの判定は「買い」です。

 

センチュリーが搭載しているV12エンジンは、地雷などを踏んだ際に6気筒で走ることができ、ドアも22口径ぐらいの銃弾も貫通しないなどといわれています。

 

そもそも、開発基準が民生品の域を超えていて、30年スパンで開発されているそうです。

 

そのため、購入しても損することはないですよ。

 

LS(レクサス)|判定:待ち

レクサス・LSの判定は「待ち」です。

 

末期モデルでも値引きはほとんどなく、ハイブリッドシステムも「5000ccで7000cc並みのパワー」と今時珍しい大排気量で前時代的です。

 

2017年に行われると噂されている次期型のデビューを待った方が得策です。

 

クラウンロイヤル&アスリート(トヨタ)|判定:買い

クラウンロイヤル&アスリートの判定は「買い」です。

 

マイナーチェンジを控えていますが、売れ筋のハイブリッドに大きな変更はなく、外装などの変更が気にならなければ、現行型は値引きが大きいのでお買い得です。

 

アクセラ(マツダ)|判定:買い

アクセラの判定は「買い」です。

 

マイナーチェンジを控えていますが、変更はそれほど大きくないといわれています。

 

マイナーチェンジ情報を収集しながら、現行型の商談を進めてみましょう。

 

キザシ(スズキ)|判定:買い

キザシの判定は「買い」です。

 

自動車評論家など業界人には受けが良いキザシ。

 

良い車なのは確かなのですが、受注生産なので流通量はかなり限定的で、リセールバリューも期待できません。

 

乗りつぶすつもりの人にはおススメです。

 

プリウス(トヨタ)|判定:買い

プリウスの判定は「買い」です。

 

フルモデルチェンジを控えているまさに末期モデルのプリウス。

 

次期型は、価格がかなり高くなるとも噂されています。

 

現行型をオプション値引きなども含めたトータルで値引きアップを狙い、購入するのもアリです。

 

HS(レクサス)|判定:待ち

レクサス・HSの判定は「待ち」です。

 

北米市場など主要海外市場からは早々と撤退。搭載されるハイブリッドユニットも古く、次期型があるかはかなり不透明。価格が割高なのに本体値引きはゼロなので、どうしても欲しいという人もSAIを購入する方がいいかも?

(引用元:ザ・マイカー)

 

このような理由から、レクサス・HSは待ちです。

 

SAI(トヨタ)|判定:待ち

SAIの判定は「待ち」です。

 

ビッグマイナーチェンジで人気が少し戻ってきましたが、ハイブリッドを始め、搭載しているメカニズムは古く、価格も割高です。

 

最新ユニットを搭載するカムリやクラウンアスリートのハイブリッドを検討した方がいいかも。

 

プレミオ(トヨタ)|判定:買い

プレミオの判定は「買い」です。

 

登場から8年が経ったプレミオですが、質感などは新機種に見劣りしません。

 

しかも、中国でコピー車がでたり、バングラデシュやスリランカなどで人気があったりして、リセールバリューもいいんですよ。

 

アリオン(トヨタ)|判定:買い

アリオンの判定は「買い」です。

 

覆面パトカーでお馴染のアリオン。プレミオ同様に、黒いボディーカラーを中心に法人や高官庁で需要が高いです。

 

長く乗り続けるつもりの人にはおススメです。

 

リセールバリューを考えるなら、できるだけ排気量は小さい方がいいですよ。

 

 

セダンの末期モデルの買い、待ち判定は、このようになっています。

 

これからセダンを購入する予定の人は、ぜひ参考にしてください。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車ニュース

この記事に関連する記事一覧