ハイブリッドカー 軽自動車 デメリット

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


ハイブリッドカー・軽自動車のデメリットと注意点。購入前に確認を

 

車には、ハイブリッドカーや軽自動車、SUVなどさまざまな種類(クラス)があります。

 

それぞれ色々な個性や特徴がありますが、購入するときには、必ず確認したい注意点があります。

 

なので『購入する前に必ず確認したいクラス別5大注意点』について説明しますね。

 

今回は、ハイブリッドカー&電気自動車と、軽自動車についてです。

 

車の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

ハイブリッドカー&電気自動車の5大注意点

低燃費&エコカーとして大人気のハイブリッドカー。

 

エンジンとモーターを走行状況に応じて使い分けてガソリンの消費を抑えつつ、減速時には駆動用モーターの発電を行うというエネルギーを効率よく使うのが特徴です。

 

最先端技術がふんだんに使われているので、 近未来の車に乗ってみたいという憧れも満たしてくれます。

 

そんなハイブリッドカー&電気自動車を購入するときに確認したい項目は、以下のポイントです。

 

 

1.エンジンの他に、駆動用モーター、駆動用電池、制御機能が装着されているので、同じグレードのガソリンエンジン車と比べると高額になってしまいます。少なくても20万円、Lサイズセダンになると90万円以上も高くなってしまいます。

 

 

2.最近は、ガソリンエンジンも燃費が向上し、エコカー減税に該当する車が多いです。ハイブリッド車とガソリンエンジン車の価格差を燃料代で取り戻すには、7万km~10万kmの走行を必要とします。そのため、年間1万km以下しか走らない人は損をする可能性があります。

 

ハイブリッドカーは本当に得?実燃費ではなく年間走行距離と装備で選べ

 

 

3.ハイブリッド車は、ブレーキを踏んだ時にモーターの充電を行なっています。そのため、ブレーキの操作感が、ガソリンエンジン車と異なる場合があります。実際に運転してみて違和感がないか確認してください。

 

 

4.『ハイブリッドカー=エコ』のイメージがありますが、必ずしもエコとは限りません。モーターや駆動用電池、制御装置を生産・流通・廃棄するときにもエネルギーを必要とし、大気汚染物質を排出します。そのため、年間走行距離が少ないと、エコにならないこともあります。

 

 

5.電気自動車は、1回の充電で走れる距離がまだ短いです。そのため、短距離の移動手段となります。また、日本の約40%が集合住宅のため、充電設備の設置が難しくなります。そのため、所有できる人が限られるため、売却時の査定が低くなってしまいます

 

 

軽自動車の5大注意点

近年は、軽自動車は、新車販売台数の約40%を占めているといわれるほど人気のクラスです。

 

税金が安いだけでなく、運転のしやすさ、コンパクトカー以上に広い居住空間、ランニングコストが安いなど、さまざまなメリットから大人気となっています。

 

そんな軽自動車購入するときに確認したい項目は、以下のポイントです。

 

 

1.複数台の軽自動車を所有する家庭なら、軽自動車を持つことによる税金の節約効果も高いです。けれど、1台だけの所有だと、コンパクトカーと比べて年間4万円程度の違いです。排気量は2倍の開きがあるので、1台だけならコンパクトカーも検討したいところです。

 

 

2.軽自動車は、動力性能が辛いです。特に、背が高くスライドドアを装備した軽自動車の重量は、コンパクトカーとほとんど変わりません。なのに、エンジンの排気量はコンパクトカーの半分程度なので、どうしてもパワー不足になります。登坂路の多い地域の人は、ターボ付きの検討を。

 

 

3.最近は、軽自動車も燃費競争が激しくなり、5年前と比べて燃料代は60~70%で済むようになりました。その一方で、低燃費化を実現するためにタイヤの転がり抵抗を抑えて、足回りのコストも安くなりました。なので、乗り心地が硬くなりがちです。

 

 

4.軽自動車は、設計の新旧で燃費や安全装備に差が出ます。同じダイハツでも、ムーブはJO08モード燃費は29km/Lで、衝突回避機構をつけるかどうかも選べます。けれど、ミラココアは、ボディが軽いのに燃費は26km/Lで、横滑り防止機能すらつけることができません。

 

 

5.軽自動車は、購入前に試乗することが重要です。ボディが小さいので、空間効率の違いが居住性を大きく左右します。さらに、走行性能、操作感も車種によってかなり差が出ます。似たように見えて、実際にはかなり優劣があります

 

 

ハイブリッドカー&電気自動車、軽自動車には、このような注意点があります。購入する前に必ず確認して、後悔しない車を購入してくださいね。

 

次回は、コンパクトカーとミドルサイズハッチバックの注意点についてお話しますね。

コンパクトカーとミドルサイズハッチバックのデメリットと注意点。購入前に確認を

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

かしこい車の選び方

この記事に関連する記事一覧