コンパクトカー ミドルサイズハッチバック デメリット

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


コンパクトカーとミドルサイズハッチバックのデメリットと注意点。購入前に確認を

 

車には、コンパクトカーやハイブリッドカー、軽自動車などさまざまな種類(クラス)があります。

 

それぞれ色々な個性や特徴がありますが、購入するときには、必ず確認したい注意点があります。

 

 

前回は、ハイブリッドカー&電磁自動車と軽自動車の5大注意点についてお話ししました。

 

まだ読まれていない方は、こちらからどうぞ

ハイブリッドカー・軽自動車のデメリットと注意点。購入前に確認を

 

 

今回はその続きとして、コンパクトカーとミドルサイズハッチバックについてお話ししますね。

 

車の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

コンパクトカーの5大注意点

小型車の中でもボディやエンジンが小さく、価格も安いので人気のクラスです。

 

操作のしやすさや利便性、実用性も高いのが人気の秘密です。背の高い軽自動車と同程度の価格で、小型車が手に入れられるのも強みのクラスです。

 

そんなコンパクトカーを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.燃費向上のために、足回りのパーツがコストカットされているため、乗り心地が硬い車が多いです。購入前に必ず試乗して、街中を走って不快な印象がないか確認しましょう。

 

 

2.価格を抑えるために、内装の質感が少し安っぽく感じることがあります。ヴィッツやパッソはマイナーチェンジで質感を高めましたが、先代と比べてやや見劣りしてしまいます。コンパクトカーを購入するときは内装に注意です。

 

 

3.コンパクトカーは、直列3気筒エンジンを搭載した車種が存在しますが、ノイズや振動が大きくなりがちです。特に、1,000ccエンジンは、パワー不足を感じることもあるので要注意です。出来れば1,200cc以上の車を選ぶといいですよ。

 

 

4.最近は、コンパクトカーにも自動ブレーキを伴う衝突回避支援機構がつくようになってきました。けれど、車両本体価格が安い分、動作速度が30km/hに限られる車種も多いです。

 

 

5.コンパクトカーは、設計の新しい車種と古い車種の差が激しいです。古い車が悪いとはいいませんが、燃費性能や安全装備に問題を抱えていることも。登場してからの年月に注意です。

 

 

ミドルサイズハッチバックの5大注意点

マツダ・アクセラスポーツやスバル・インプレッサスポーツなどが、このクラスに該当します。

 

ボディサイズは、すべて全幅がワイドナ3ナンバー車。欧州など海外を意識して作られているため、ボディ剛性も高く、安定性も優れていて乗り心地や質感も満足できるものが多いです。

 

コンパクトカーと違い、コスト低減を感じさせにくい作りになっています。

 

そんなミドルサイズハッチバックを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.コンパクトカーと比べると、走行性能・乗り心地・内装などは上質ですが、その分価格は全般的に高めになっています。1500cc~1600ccクラスでもコンパクトカーよりも40万円程度高くなっています。

 

 

2.ボディサイズが3ナンバーの割には、後席がやや狭い車種が多いです。特に、足元の空間はフィットを下回る車種も多いです。実際に後席に座って確認してください。

 

 

3.海外向けの車種が多いため、スタイル重視のデザインが多いです。そのため、全体的に視界が悪いです。しかも、3ナンバーサイズなので、さらに視界は不利に。

 

 

4.2013年に発売されたアクセラスポーツ以外は、設計が古いものが多いです。

 

 

5.ミドルサイズハッチバックは、車種が極端に少ないので、ニーズに合った車を選びにくいです。特に、後部座席や荷室の広さを求めると、選べる車種はほとんどなく、コンパクトカーかミニバンになってしまいます。

 

 

コンパクトカーとミドルサイズハッチバックには、このような注意点があります。購入する前に必ず確認して、後悔しない車を購入してくださいね。

 

次回は、ミニバンとSUVの注意点についてお話しますね。

ミニバンとSUVのデメリットと注意点。購入前に試乗して確認を

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

かしこい車の選び方

この記事に関連する記事一覧