ミニバン SUV デメリット

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


ミニバンとSUVのデメリットと注意点。購入前に試乗して確認を

 

車には、ミニバンやスポーツクーペ、セダンなどさまざまな種類(クラス)があります。

 

それぞれ色々な個性や特徴がありますが、購入するときには、必ず確認したい注意点があります。

 

前回までに、“ハイブリッドカー&電磁自動車”、“軽自動車”、“コンパクトカー”、“ミドルサイズハッチバック”の注意点についてお話ししました。

 

まだ読まれていない方は、こちらからどうぞ

ハイブリッドカー・軽自動車のデメリットと注意点。購入前に確認を

 

コンパクトカーとミドルサイズハッチバックのデメリットと注意点。購入前に確認を

 

 

今回はその続きとして、ミニバンとSUVについてお話ししますね。

 

車の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

ミニバンの5大注意点(デメリット)

トヨタ・ヴォクシー&ノアやホンダ・オデッセイなどがこのクラスに該当します。

 

大勢の人を乗せて、たくさんの荷物が積める実用性の高い車種です。ほとんどの車種が3列シートを備え、3列目のシートをたためば荷室も広がります。

 

また、全高が1680mmを上回れば、自転車も積みやすいです。

 

大半が日本向けにつくられているので、5ナンバーサイズも多く、運転がしやすくて人気が高いクラスです。

 

しかも、ライバル車同士の競争も激しいので、ライバル車の研究をしたうえで渾身の開発をして発売されます。なので、設計の新しいミニバンほど有利になっているクラスです。

 

そんなミニバンを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.全高が1680mmを下回る車種は、フラットフロア構造を採用していない車が多いです。そのため、3列目は燃料タンクの張り出しで床が高くなっているので、膝が持ち上がった窮屈な姿勢になることも。実際に乗ってみて確認してください。居住性を重視するなら、全高の高い車種を

 

 

2.全高が1680mmを超える車種は、3列目シートも居住性を確保していますが、ボディが重くなりやすいです。そのため、重心が高くなるため、操作性や安定性が低下してしまいます。また、燃費も悪くなりがちです。

 

 

3.背の高い車種は、3列目の居住性も快適になっていますが、床が高くなっています。すべてのドアからの乗降性を確認しておきましょう。

 

 

4.3列目シートの乗り心地は、車種によって差がかなり激しいです。背の高いミニバンなら、頭の上の窮屈さはあまりないですが、足元空間や座面の柔軟性はかなり異なります。3列目は、1,2列目よりも優先順位が下がります。実際に乗ってみて乗り心地を確かめましょう。

 

 

5.ミニバンは、売れ行きによって、車種ごとの商品開発に差が出ているクラスです。安全装備や燃費性能は、必ず確認しましょう。

 

 

SUVの5大注意点(デメリット)

悪路を走る機能を備えたSUV。

 

4WDを装着し、最低地上高に余裕を持たせて走破力が高められています。

 

外観は、少し背の高いワゴン風なので、居住性が優れ荷室も使いやすいです。

 

そんなSUVを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.SUVの多くは、海外市場を重視してつくられているので、ボディが大きいです。大半の車種が、全幅が1800mmを超えていて、5ナンバーサイズ車はわずかしかありません。

 

 

2.最低地上高が高くなっているので、重心が高くなって安定性が不利になっています。また、車種によっては乗降性も悪くなり、ボディも重いので燃費や動力性能も悪くなりがちです。

 

 

3.SUVは走破力が高い分、重心が高く、車両重量も重いです。そのため、走り、燃費、取り回し性が悪いです。

 

 

4.SUVの中には、3列目シートを備えた車種も存在します。けれど、日本車のSUVは、海外のSUVに比べてボディが小さいので3列目シートは窮屈です。(3列目シートがある車種は、)いちおう乗車人数は7名ですが、ミニバンのような使い方には適しません。

 

 

5.購入前には、必ず試乗して、試乗車で狭い道を走ったり駐車場で駐車してみましょう。SUVは視線が高いので、左側面の死角が大きいです。また、全幅もワイドなので、車の周囲も見にくく運転しにくいです。必ず試乗して確認してください。

 

 

ミニバンとSUVには、このような注意点があります。購入する前に必ず確認して、後悔しない車を購入してくださいね。

 

次回は、セダン、ステーションワゴン、スポーツクーペの注意点についてお話しますね。

セダン、ワゴン、クーペのデメリットと注意点。購入前に試乗して確認を

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

かしこい車の選び方

この記事に関連する記事一覧