CVT メリット AT

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車のCVTのメリット・デメリットとは?ATやMTより燃費が良い

 

小排気量の車と相性の良いCVT(無段変速機、もしくは、連続可変トランスミッションとも呼ばれます)。

 

コンパクトカーや軽自動車で搭載する車種が多くなりました。

 

そんなCVTに関して、前回のATのメリット・デメリットに続いて、今回は、『CVTのメリット・デメリット』についてお話しますね。

 

 

ちなみに、前回のATのメリット・デメリットはこちらです。興味のある方は、読んでみてくださ

オートマ(トルクコンバーター式有段AT)のメリット・デメリット

 

 

燃費がよく、スムーズな加速感

CVTは、歯車(ギア)でない機構をつかって、変速比を連続的に変えるトランスミッションのことです。

 

一般的なCVTは、V字プーリーとスチール製ベルトを使用し、2つのV字プーリーを圧着させ、その間にベルトを通してエンジンの動力を伝えます。

 

そして、V字プーリーの溝幅を変えることで、変速しています。

 

 

そんなCVTのメリットのひとつは、燃費が良いことです。

 

CVTは、無段階でギア比を設定できるので、常時、最適なギア比を選ぶことができます。なので、走行時の回転数を低く抑えることができるため、ATやMTよりも燃費が良いんです。

 

 

また、ATは、エンジンの回転数や車の速度が上がるとギアが変わるようになっているので、「エンジンの回転数が上がる=ガソリンを多く消費する」ということなので燃費が悪いです。

 

一方、CVTは、一定の回転数になると、回転数はほとんど変化しないで、車の速度だけが加速していきます。そのため、エンジンの最も効率の良い回転数だけを使うことができるので、燃費も良くなるんです。

 

しかも、ATやMTのような変速ショックもないので、スムーズで軽やかが加速を得ることができるんですよ。

 

 

高回転で回すエンジンや大トルクのエンジンに弱い

一方、CVTのデメリットは、エンジンの高回転域や大トルクのエンジンが苦手というところです。

 

エンジンの回転数が高回転になると、ベルトがスリップしてしまいます。そのため、高回転まで回すスポーツカーや、パワフルで大トルクの大排気量のエンジンとは相性がよくないです。

 

一般的には、2.0Lクラスのターボエンジンが、CVTを使える上限といわれています。

 

 

また、エンジンの高回転域ではベルトが滑るため、滑らないようにするためにベルトを強く引っ張る必要があります。

 

そのときに、抵抗が大きくなってしまい、燃費が急速に悪くなってしまうんです。

 

 

また、発進時や上りのキツイ坂では、パワーとトルクが弱く、瞬発力の弱い加速になりがちというのもデメリットです。過去には、アクセルを踏んでも回転数だけが上がって、車の速度は上がらないということもありました。

 

ただし、このデメリットは、ATのようなトルクコンバーターを用いるなど、新技術を導入することで、大きく改善されています。

 

 

CVTは、サイズが大きく、重量が重いというのもデメリットです。

 

これに関しては、今後、軽量化とコンパクト化が課題です。

 

 

このように、CVTには、

 

【メリット】

・燃費が良い

・加速がスムーズ

 

【デメリット】

・高回転域、大トルクに弱い

・坂道での加速が苦手

・重量が重く、サイズが大きい

 

というメリット、デメリットがあるんですよ。

 

ただ、運転がしやすく燃費も良いので、今後も、軽自動車やコンパクトカーでは主流となっていくでしょうね。

 

ちなみに、国内で初搭載&世界で初めて量産車に搭載されたのは、1987年のスバル・ジャスティなんですよ。

 

次回は、AMTのメリット・デメリットについてお話しますね。

車のAMT(セミオートマチックトランスミッション)のメリット・デメリット

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧