車 値引き 種類

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


新車購入時の値引きの種類は5つ。上手に交渉して限界までお得に

 

新車を購入するときには、ほとんどの人は値引き交渉をしますよね。

 

値引き交渉というと、一般的に“車両本体の値引き”と思っている人が多いです。ですが、車両本体の値引き以外にも、値引きしてもらえる部分があるんです。

 

というわけで、『新車購入時の値引きの種類』についてお話ししますね。

 

近年は、車両本体の値引きは渋くなっているので、それ以外の部分の値引きが、お得に購入できるかを左右するんですよ。

 

 

車両本体の値引き《値引きの種類1》

車両本体の値引きは、値引き交渉では最も基本となるものの一つです。

 

値引き交渉の仕方も、

 

・ライバル車との競合

・兄弟車との競合

・同士競合

 

と3つの方法があります。

 

※競合のさせ方については、こちらで詳しく説明させていただきましたので参考にどうぞ

車購入時の値引き交渉の競合パターンは3つ。臨機応変な使い分けがポイント

 

 

車両本体値引きは、メーカー希望小売価格の中の、販売会社(ディーラー)の利益の中から捻出されています。

 

ときどき、同じ地区内の複数の販売会社で同じ車種を取り扱っている場合、同じ車でも値引き額に差が出る場合があります。

 

これは、メーカーが販売会社に車を卸すときの『仕切り価格』が違うからなんです。メーカーによっては、販売成績の良い販売会社へは仕切り価格を安くして卸すことがあるんです。

 

そうなると、メーカー希望小売価格は同じでも、値引きの余力に差が出てくるといわけなんです。

 

 

付属品(オプション)値引き《値引きの種類2》

付属品(オプション)値引きは、ディーラーオプションを中心に活発に行なわれます。

 

一般的には、オプション合計額の20%程度を上限目安に、値引きが行なわれます。(販売店や車種によって割引率は変わってきます)

 

ですが、新車が思うように売れないと、付属品値引きの割引率は低下していく傾向にあります。

 

 

メーカーオプションに関しては、オプション自体を値引きするというよりも、車両本体の値引きに上乗せされることが多いです。

 

 

ちなみに、メーカーオプションとディーラーオプションの違いは、こちらで詳しく説明しましたので興味のある方はご覧ください

新車購入時の疑問。安く買える時期は?傷や汚れが目立たない色は?

 

 

ローン利用による支援《値引きの種類3》

車の販売会社は、主にメーカー系の信販会社のローンを勧めてきます。

 

これは、お客様がメーカー系の信販会社のローンを利用した場合、そのローン会社からバックマージンを受け取ることができるからなんです。

 

なので、ローンを利用して新車を購入した場合、そのバックマージンから値引きをしてもらえます。

 

 

ちなみに、営業マンと交渉すると、ローンの金利を下げてもらえることがありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

 

下取り査定額の上乗せ《値引きの種類4》

本来、下取りは、査定をしっかり行なった後に、中古車市場の相場を見ながら価格が決まります。

 

ですが、お客様の希望予算を達成できないときに、値引き支援分を査定額に上乗せして、値引き補填が行われることがあります。

(値引き額が少ない分、下取り額を少しアップさせるということです)

 

ただし、値引きが額を大きくする代わりに、下取り額を下げるということをする場合もあります。

 

 

ちなみに、愛車を高く売る、もしくは、下取り額が適正かどうか知りたいときは、下取り査定を受ける前に複数の車買取店に査定を受けるといいですよ。

 

詳しくは、こちらの記事をごらんください

新車をお得に購入するコツ。下取りと買取査定の比較がポイント

 

 

メーカーからの販売支援《値引きの種類5》

上の4つの値引きは、販売店の利益から値引き分がねん出されていました。

 

ですが、メーカーからの販売支援は、唯一、販売会社の利益分から出ていないんです。

 

 

「●万円キャッシュバックキャンペーン」

「●万円オプションプレゼント」

などをCMやチラシで見ることがありますよね。

 

これらは、メーカーからの販売支援に該当することがほとんどです。

 

 

・全国で統一してメーカーが負担する場合

・地域ごとにメーカーが販売会社へ予算を分配し、販売会社が独自でキャンペーンを行う場合

・直接メーカーがお客に支払う場合

の3つのパターンがあります。

 

 

このように、新車を購入するときには、5つの値引きがあります。

 

それぞれ上手に値引きを引き出し、お得に車を購入してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧