車庫証明書 取り方 代行

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車庫証明書の取り方の手順。自分で取得して代行費用を節約しよう

 

車を購入するときには、さまざまな諸費用がかかります。その中に一つに、『車庫証明手続き代行費用』があります。

 

けれど、この車庫証明代行費用手続きは、自分で行えばカットすることができるんです。

 

※カットできる諸費用については、こちらをご覧ください

車購入時の諸費用でカットできるのはこれ!自分で行なって節約しよう

 

なので、車庫証明書を自分で取得できるように、手続きの仕方を説明しますね。

 

それほど難しくないので、ぜひ自分で行なって無駄な出費を減らして節約してくださいね。

 

 

手順1 必要な書類をそろえる

まずは、管轄の警察署の交通課に行き、車庫証明書を申請するための必要書類を貰ってきましょう。

 

交通課に行って「車庫証明の書類をください」といえばOKです。必要書類を1式くれますよ。

 

※最近は、都道府県によって、インターネットで必要書類をダウンロードできるようになっているところもあります

 

ちなみに、交通課でもらえる書類は、

 

・自動車保管場所証明申請書

・保管場所標章交付申請書

・自認書か保管場所使用承諾所

・保管場所の所在図、配置図

 

になります。

 

 

手順2 申請書類を作成する

次は、貰った書類を使って、申請書類を作成します。

 

『自動車保管場所証明申請書』と『保管場所標章交付申請書』には、新車の車体番号を記入します。ディーラーに新車が届いたら、営業マンに車体番号を教えてもらい、この2つの書類に記入しましょう。

 

 

『保管場所の所在図、配置図』は、車庫の場所(車を止めるところ。自宅や契約駐車場など)の地図と、敷地のどの場所に止めるかを書きます。インターネットの地図を参考にして書くと、簡単に書けますよ。

 

 

そして、車の保管場所が自宅なら『自認書』に、契約駐車場やアパートに保管するなら大家さんに『保管場所使用承諾所』を書いてもらいます。

 

 

もし、書類に不備があっても、提出するときに警察官が優しく教えてくれるので、心配せずに書類を作成してくださいね。

 

 

手順3 作成した書類を警察署へ書類を提出する

作成した書類を警察署に提出します。提出するのは、所轄の警察署の交通課です。

 

また、書類提出時に2,000円~2,200円の費用がかかります(金額は、都道府県によって多少上下します)。なので、忘れずにお金も持っていってください。

 

 

また、書類提出のときに「クルマの使用本拠地」が確認できるもの(免許証か住民票でOK)が必要になりますので、これらも忘れずに持っていってください。

 

 

手順4 出来上がった書類をディーラーに提出

申請書類を提出すると、「〇〇日までにできあがります」と言われます(だいたい1週間くらい)。なので、その日以降に受け取りにいけば、車庫証明書一式がもらえますよ。

 

受け取るときには、『保管場所標章』のステッカー代500円がかかりますので、そのお金も持っていってください。

 

 

車庫証明書一式&保管場所標章を受け取れば、取得は完了です。

 

もらった車庫証明書一式のうち、

 

・自動車保管場所証明書 ⇒ディーラーに提出

・保管場所標章番号通知書 ⇒自分で保管

・保管場所標章 ⇒新車に貼る

 

を行ってくださいね。

 

ディーラーへ提出まで完了したら、取得申請は全て完了です。

 

 

多少手間はかかかりますが、自分で行うだけで『車庫証明手続き代行費用』の11,500円~20,000円を節約することができます。

 

余分な出費を減らすために、自分で挑戦してみてはいかがでしょうか。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧