走りやすい 車 座り心地

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


走りやすいターボ車・CVT車か、後部座席の座り心地の判断方法

 

新車を購入する前に試乗をすることは大切ですが、試乗する時間は短いので、その車が良い車なのか、悪い車なのか判断するのは難しいですよね。

 

そんな人のために、カー雑誌「ベストカー」が、『短時間で良い車かどうかを簡単に見抜くコツ』を特集していましたので紹介しますね。

 

今回は、『走りやすいターボ車・CVTか?後席の座り心地のチェック方法』についてです。

 

これから試乗をする予定の人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

ちなみに、前回までにお話しした「視界や乗降性、エンジンなどが良いか悪いかの判断方法」については、こちらからどうぞ。

新車の試乗で良い車か見極めるコツ。視界の善し悪しの判断方法

 

新車の試乗でエンジン性能や乗降性のチェックする方法

 

車の試乗の時間で、ボディ剛性や荷室の使い勝手を調べるコツ

 

試乗で車幅感覚がつかみやすいか、ステアリングの操作性をチェックする方法

 

 

一定速度で走って走りやすいターボ車・CVTか判断しよう

近年は、ターボ車やCVTを搭載した車が多いですよね。これらターボ車はCVT車の中には、走りにくい車が存在します。

 

走りやすいor走りにくいの違いは、一定速度を維持して走れるかどうか。

 

一定速度で走りにくいということは、アクセルペダルをこまめに調節する必要があるからです。

 

 

例えば、ターボ車などでは、緩い上り坂で速度が少し下がったとき、アクセルを踏み増しても反応が遅い。そのため、もう少し踏み増したら、時間差で駆動力が過度に高くなり、アクセルペダルを戻すことになるということがあります。

 

このようなことは、ターボ車、CVT車ともに、小排気量の車に多いんです。

 

 

では、どうやって走りやすいターボ車・CVT車か判断するかというと、一定速度で走ってみればいいんです。

 

50km/hなど一定速度に保って走りやすいか否かを確認することも大切(速度は60km/hでもいい)。CVTやターボを装着した車種では、一定の速度を維持しにくい場合もあるから。

 

CVTは走行状態に応じて最も効率のいい回転数を選ぶが、速度が一定しないことがある。

(引用元:ベストカー)

 

このように、一定速度を維持することが簡単かどうかで、走りやすいターボ車・CVT車か分かるというわけなんです。

 

また、アクセルの踏み方が一定なのに、速度が微妙に増減する場合も運転しにくいターボ車・CVT車になります。

 

走りやすい、走りにくいは、とても重要なことなので、試乗の時にぜひ行ってみてくださいね。

 

 

後席は、足元空間をチェックして座り心地を判断

後席の座り心地も、クルマ選びで大切なポイントです。

 

特に、ファミリーカーを購入する予定の人にとっては、とても重要なポイントですよね。

 

では、どのように後席の座り心地をチェックするかというと、まず、運転席に座ってリクライニングやシート位置を調節して、ドライビングポジジョンにします。

 

次に、運転席の後ろの後席に座り、足元空間をチェックします。前席とひざの間に、コブシ1個半は入らないと足元が窮屈に感じます。

 

また、座面とふとももの間に手を入れてみて、スカスカした空間があったら座面のサポート性も悪いということです。

 

座面の長さも大切で、ひざ裏まで座面があれば、十分な長さがあるということです。

 

膝と前席の間の広さ、ふとももとの間、座面の長さをチェックして、後席の座り心地を判断してくださいね。

 

 

次回は、車の乗り心地や走行安定性のチェック方法についてお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

かしこい車の選び方 車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧