ハイブリッドカー ガソリン代 取り戻す

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


ハイブリッドカーの価格分をガソリン代で取り戻すには、何km走ればいい?

 

エコ意識が高い人が増え、ハイブリッドカーや電気自動車など環境にやさしい車が増えています。

 

けれど、同じ車種でも、ガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様では、価格に差が出てきます。

 

車種によっては、100万円以上もハイブリッドの方が高い場合もあります。

 

では、どのくらいの距離を走れば、ハイブリッド分の価格を取り戻せるのでしょうか?

 

ハイブリッドカーの元を取るには、何km走ればいい?』についてお話ししますね。

 

 

ハイブリッドとガソリンでは、同じグレードでも装備に違いがでることも

ハイブリッドカー(HV)は、ガソリン車と比べて、最低でもモーター、駆動用電池、制御機能が加わります。

 

その分、価格が高くなります。

 

10馬力以上のモーターを搭載しているハイブリッドカーは、ガソリンエンジン車に対して、少なくても20万円以上は高くなってしまいます。

 

 

ハイブリッドカーはガソリンエンジン車よりも加速が良いというメリットがありますが、価格も大切ですよね。

 

損得勘定に影響するのは、主にガソリンエンジン車との車両本体価格の差と、燃費の差です。

 

なので、ハイブリッドカーが得になるのは、

 

・車両本体価格の差が小さい

・ガソリンエンジン車との燃費差が大きい

・燃料代の価格が高い

 

ときです。

 

 

また、同じ車種で同じグレードでも、ハイブリッドとガソリンで装備が違うこともあります。

 

ハイブリッド仕様だけLEDライトを標準装備にするなど、装備を充実させることもあります

 

エコカー減税も関係してきて、ハイブリッド仕様は免税、ガソリン仕様は減税対象外の車種は、さらに価格差が小さくなります。

 

排気量が1500cc以下のハイブリッドカーは、価格差を燃料代で取り戻すのはむずかしい

1500cc以下の車種は、ガソリンエンジン仕様でも燃費競争に巻き込まれ、かなり燃費が良いです。

 

そのため、ハイブリッド仕様とガソリンエンジン仕様では、燃費差やエコカー減税額の差が小さいです。

 

この影響により、1500c以下のハイブリッドカーは、価格上昇分を燃料代で取り戻しにくいんです。

 

 

一方、排気量が1800cc以上の車種は、燃料代で差額分を取り戻しやすいです。

 

走行距離が12万km以下で取り戻せる車種も多いんです。

 

というのも、排気量が大きな車は、コンパクトカーほど燃費に関心がありません。

 

するとハイブリッド仕様とガソリン仕様の燃費差が大きくなり、燃料代で価格差分を取り戻しやすくなるんです。

 

 

さらに、エコカー減税がハイブリッド仕様は免税、ガソリンエンジン仕様は対象外となれば、総額での差がさらに小さくなります。

 

燃費数値の差とエコカー減税により、短い距離で価格差分を取り戻せるんです。

 

 

このように、1500cc以下のハイブリッドカーは燃料代で取り戻しにくく、1800cc以上の車種は取り戻しやすいです。

 

 

ハイブリッドカーとガソリンエンジン車の損益分岐点

それでは、カー雑誌『ベストカー』が特集していた、ハイブリッドカーとガソリン車の価格差を、燃料代で取り戻すための走行距離を紹介しますね。

 

走行距離は、

 

・実燃費はJC08モード燃費×0・85(カタログ燃費の85%)

・レギュラーガソリンの価格は、130円/L

・ハイブリッドカーの価格換算額は、装備の違いを補正して算出

 

から算出しています。

 

トヨタ・ヴィッツ

【ガソリン】

・グレード:1.3U

・車両価格:179万8200円

・JC08モード燃費:25.0km/L

 

 

【ハイブリッド】

・グレード:U

・車両価格:208万7640円

・JC08モード燃費:34.4km/L

 

必要な走行距離

16万km(1万km/年だと16年かかります)

 

 

装備差を補正すると、ヴィッツのガソリン車とハイブリッドカーの差は、約26万円になります。

 

価格差はそれほど大きくありませんが、ガソリン車も燃費が優れています。

 

取り戻すためには、16万kmも走る必要があります。

 

トヨタ・シエンタ

【ガソリン】

・グレード:X

・車両価格:181万6363円

・JC08モード燃費:20.2km/L

 

 

【ハイブリッド】

・グレード:X

・車両価格:222万6763円

・JC08モード燃費:27.2km/L

 

必要な走行距離

16万km(1万km/年だと16年かかります)

 

 

シエンタは、装備差を補正すると、約35万円の価格差となります。

 

けれど、ガソリン車も燃費が良いので、差額を取り戻すためには16万kmの走行が必要になってきます。

 

 

ヴィッツやシエンタのハイブリッドの価格差を燃料代で取り戻すためには、これだけの走行が必要なります。

 

価格差を取り戻すのは、なかなか難しいようですね。

 

次回も続きとして、『ハイブリッドカーの元を取るには、何km走ればいい?』についてお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

かしこい車の選び方

この記事に関連する記事一覧