メーカー 洗車 取扱説明書

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


メーカー推奨の洗車方法やエアコンの裏技的使い方も書かれています【トリセツの活用法】

 

車を購入すると、取扱説明書も一緒についてきますよね。

 

車は、取扱説明書を見なくても運転できるようにつくられているので、車を購入してから一度も見ていないという人もいるのではないでしょうか?

 

そんな取扱説明書ですが、実はいろいろなことが書かれていて、目を通してみると、愛車のことがもっと詳細に分かるようになりますよ。

 

というわけで、前回の続きとして『取扱説明書の見方と活用法 その2』をお話しますね。

 

今回は、『車内装備の使い方やお手入れに仕方も書かれています』です。

 

ちなみに、前回の記事はこちらになりますので、興味のある方は読んでみてください

車の取扱説明書には基本の内容以外が書かれていることも。活用法と見方

 

 

車内装備の使い方やエアコンの裏技的使い方なども書かれています

車には、エアコンやオーディオなど、走りには直接関係ない快適装備がたくさん付いていますよね。

 

このような快適装備の使い方も、取扱説明書には書かれています。

 

 

「そんなの読まなくても分かるわ!!」という人もいるかもしれません。

 

ですが、カーナビは、取扱説明書を読まないと、扱い方や設定の仕方が分かりませんよね。また、オーディオ一体型でタッチパネル式だと、さらに扱い方が不可解になります。

 

ミニバンで人気の後席天井モニターも、トリセツを読まないと使い方が分からないことも多いです。

 

 

また、雨の日に窓を曇らせて走っているドライバーさんも、取扱説明書を一度見てみてください。

 

曇った窓は、エアコンをオンにして外気導入すれば、すぐに曇りが取れるんですよ。(冬場は、エアコンONで設定温度を高くすれば、温かい風が出てきて曇りも取れますよ)

 

このような、エアコンなどの裏技的使い方も、取扱説明書には書かれているんです。

 

 

さらに、取扱説明書には、収納設備のことも書かれています。

 

最近の車は、収納設備が至る所についていますよね。そのため、「こんなところに収納スペースがあったのか!」なんてことも時々あります。

 

取扱説明書を見れば、このような意外な収納スペースを見つけることができるかもしれませんよ。

 

 

わざわざ本を買わなくても、洗車などお手入れの仕方も書かれています

最近は、洗車など車のお手入れに関する本も販売されています。

 

けれど、取扱説明書には、ご丁寧に車のお手入れの方法も書かれています。

 

なので、わざわざ洗車の本を購入しなくても、メーカー推奨の洗車方法を学ぶことができるんですよ。

 

ちなみに、エンジンに水をかけている洗っている人をたまに見かけますが、これは絶対にNGです。特に、ハイブリッドカーでこれをやると、一発で壊れる可能性大ですよ。

 

 

また、お手入れだけでなく、タイヤの空気圧のチェック方法やローテーションの方法に関しても書かれています。

 

タイヤの空気圧は、燃費や走行性能に影響するので、月1回くらいの頻度で確認したいところです。

 

ちなみに、タイヤの空気圧の設定数値は、運転席のドアの内側かセンターピラーに貼られたシールに書かれていますよ。

 

 

ローテーションは、タイヤの寿命を伸ばすのに必須な方法です。

 

一般的なローテーションの方法は、右後ろと左前を入れ替え、左後ろと右前を入れ替えるクロスローテーションですよね。

 

けれど、回転方向が決まっているタイヤは、クロスローテーションは禁止なので、前後の入れ替えになります。

 

また、プリウスの取扱説明書には、前のタイヤはそのまま後ろにつけて、後ろのタイヤはクロスして前につけると、減り具合のバランスが取れると書かれているんですよ。

 

このように、取扱説明書には、メーカー推奨の正しい洗車の方法や、タイヤのローテーションなどお手入れの方法も書かれているんですよ。

 

 

取扱説明書には、今回紹介したこと以外にも、トラブルが起きたときの対処法や車の仕様に関しても書かれています。(トラブルが起きたときの対処法に関しては、次回、説明しますね)

車のトラブルの対処法やオイルの交換サイクルなども書かれています【トリセツの活用法】

 

車を購入してから一度もみたことない人もいるかもしれませんが、暇なときにでも一度、見てみるといいですよ。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧