カタログ燃費 実燃費 違う

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


カタログ燃費(JC08モード)と実燃費が違うのはなぜ?

 

各自動車メーカーが出しているカタログには、必ず燃費が書かれていますね。

 

この燃費は、『JC08モード』といわれる測定方法で測ったものです。

 

ですが、実際の燃費(実燃費)が、JC08モード燃費と同じになることはなく、ほとんどの場合、カタログ数値よりも悪くなってしまいます。

 

では、なぜカタログのJC08モード燃費と実燃費は、同じにならないのでしょうか?

 

また、そもそも、JC08モード燃費とは何なのでしょうか?

 

 

昔よりも厳しい測定方法のJC08モード燃費。けれど…

JC08モードとは、『1Lの燃料でどのくらい(何km)走行できるかを、いくつかの走行パターンで測定する測定方法』です。

 

測定は、実際に走るわけではなく、シャーシダイナモで行います。

 

 

かつては、「60km/h定地燃費」という測定方法でしたが、あまりにも現実離れしすぎていました。そのため、10パターンの市街地走行を想定した「10モード燃費」になりました。

 

1991年には15パターンの郊外路走行も加えた「10・15モード燃費」になったんです。

 

そして、2011年4月1日以降は、さらに厳しくなった『JC08モード』を表示することが義務づけられたんです。

 

 

10・15モードとJC08モードの違いは、以下のようになっています。

 

【JC08モードと10・15モードの測定法の違い】

JC08モード 10・15モード
測定開始 エンジンが冷えた状態からスタート エンジンが暖まった状態からスタート
平均速度 24.4km/h 22.7km/h
最高速度 81.6km/h 70km/h
所要時間 1204秒 660秒
走行距離 8.172km 4.165km

 

10・15モード燃費の測定方法は、加速までの時間が長かったり、測定スピードが実際の走行よりも低かったりしました。そのため、カタログ燃費と実燃費に大きな差があり、問題となっていました。

 

JC08モード燃費は、この問題を見直し、平均速度や最高速度が上げられ、測定時間も長くなっているんです。また、スタートもエンジンが冷えた状態からになったんですよ。

 

そのため、JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりも、10%程度悪くなる傾向となってます。

 

 

このように、JC08モード燃費になったことで、測定基準は厳しくなりましたが、それでも実燃費と大きく差がありますよね。

 

実は、JC08モード測定でも、また大甘なんです。

 

 

JC08モードでは考慮されていない電装品の数々が、燃費を悪化させている

カタログに載っているJC08モード燃費と実燃費が、同じになることはほとんどありませんよね。

 

一般的には、『JC08モード燃費の約75%が実燃費』と言われます。(信号が多いところを走行すると、もっと悪化することもあります)

 

 

この原因は、測定の状況と実際の走行が違うというのもありますが、実は、電装品の使い方が違うのが大きいんです。

 

JC08モードでは、エアコンやオーディオ、カーナビ、ライトなど、電装品は必要最低限以外すべてOFFです。そのため、実燃費よりも、JC08モードでの燃費は良くなってしまうんです。

 

電装品により実燃費は、JC08モード燃費よりも20%程度も悪くなってしまうんですよ。

 

 

しかも、電装品による燃費悪化は、どんな車でも同じように影響を与えます。

 

なので、30km/Lを超えるような燃費の良い車になると、より電装品による燃費悪化の影響を受けやすくなるんです。

 

そのため、JC08モード燃費よりも、30%や40%も悪くなってしまうなんてこともあるんですよ。

 

 

JC08モードになって測定が厳しくなったとはいえ、まだ現実とは大きく違うようです。

 

今後は、さらに別の測定方法が出てきて、カタログ燃費と実燃費が近い数値になると、車を購入する側としては嬉しいですね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :   

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧