トヨタ ディーラー 特徴

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

トヨタ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すポイント

 

新車を購入するところといえば、ディーラーですよね。

 

車検やメンテナンスなどでも利用するので、車を持っているとお世話になることも多いです。

 

ディーラーは、各自動車メーカーの看板を掲げて新車を販売していますが、メーカーが違えば店舗の様子もかなり違ってきます。

 

そこで、各自動車メーカーごとの『新車ディーラーの特徴と、商談でのポイント』についてお話ししますね。

 

今回は、『トヨタ系ディーラー』についてです。

 

 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心です。

かんたん車査定ガイド

新車ディーラーの基礎知識

ディーラーなどの販売店は、自動車メーカーの看板を掲げていますが、メーカーが直接、販売しているわけではありません。

 

地元の企業が自動車メーカーと販売代理店契約を結んで、ディーラーを経営していることが多いです。

 

一般的に販売担当エリアは、各都道府県全域か、都道府県をいくつかに分けたひとつのエリアとなっています。

 

けれど、ひとつのエリアに同一メーカー系ディーラーが1社ということもあれば、資本の異なるディーラーが複数存在していることもあります。

 

 

最近は、自動車メーカーと資本関係のある(人の交流もある)、“直資系”ディーラーと呼ばれる、メーカーの子会社的なディーラーも出てきています

 

しかも、同じ直資系ディーラーが、複数の都道府県をまたいで新車を販売しているケースも増えているんですよ。

 

 

このように、新車ディーラーにも、いろいろなタイプがあるんです。

 

 

トヨタ系ディーラーは、唯一、4チャンネルの販売系列を展開している

トヨタ系ディーラーの最大の特徴は、

 

・トヨタ店

・トヨペット店

・カローラ店

・ネッツ店

 

と、4チャンネルの販売店があることです。

 

 

ネッツ店のヴィッツのように、それぞれ専売車種(そのディーラーだけで売っている車種)が設定されている一方で、プリウスなどのハイブリッド車や新型車などは4チャンネルで併売されていることもあります。

 

4チャンネルでの併売は、トヨタにもユーザーにもメリットがあるんです。

 

例えばシエンタは現行モデルから全チャンネル併売となり、販売台数が急上昇した。買う側からすれば、シエンタ同士の値引き競合が可能となる一方で、売る側としてはライバルとの値引き競合を防ぎ、トヨタ系列内のみで商談を完結させることも可能となり、他メーカーへお客が流れるのを阻止するのにも有効なのだ。

(引用元:CARトップ)

 

販売店同士の競合(同士競合といいます)は、値引き拡大に最も効果があるといわれています。

 

なので、4チャンネル併売は、大幅値引きが期待できるユーザーにも、自社のクルマを買ってもらえるトヨタにもメリットがある方法なんです。

 

トヨタ系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

4チャンネルで併売されている車種は、同士競合(同じ車を扱う資本の違うディーラー同士で値引きを競わせること)が値引きアップには効果的です。

 

近年は、どの自動車ディーラーでも、商談をしても車両本体値引きはほぼ変わらずに、オプション値引きや下取り査定額のアップが行われ、総額でお得になるようになっています。

 

なので、商談では、オプション値引きや下取り査定額アップも、しっかり交渉してください。

 

カローラ店やネッツ店は、同じ地域内に資本の異なる販売店がたくさんあることが多いので、専売車種でも同士競合を行うことができることが多いです。

 

タンク&ルーミーのような兄弟車を競わせる兄弟車競合も、好条件を引き出すためには効果的です。

 

 

このようにトヨタ系ディーラーは、(トヨタ系ディーラーの)お互いの動きに注目しているため、ライバルメーカーの動きにはあまり関心がない傾向です。

 

そこで、ノア&ヴォクシーに対して、ステップワゴン(ホンダ)やセレナ(日産)などのように、ノーマークのガチンコライバル車の値引き条件をぶつけると、ショックが大きいので好条件が引き出しやすくなります。

 

ただし、ライバル車競合で効果があるのはガチンコライバル車だけなので注意してくださいね。

 

トヨタ系ディーラーで新車を購入するときは、同士競合や兄弟車競合を中心に商談を行ない、ガチンコライバル車があるときはライバル車競合も行うといいですよ。

 

三か条

 

・併売車はトヨタ内同士競合がベースとなる

・専売車も同地区内に異資本販売会社あるケースが多い

・ライバルメーカー車の値引きに免疫がないので有効

(引用元:CARトップ)

 

 

次回は、日産系ディーラーやホンダ系ディーラーについてお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車ニュース トヨタ車ニュース 車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント