日産 ホンダ 新車 ディーラー

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


日産系とホンダ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

多くの人はディーラーで新車を購入します。

 

ディーラーは、各自動車メーカーの看板を掲げて新車を販売していますが、メーカーが違えば店舗の様子や経営方針もかなり違ってきます。

 

そこで、前回から、各自動車メーカーごとの新車ディーラーの特徴と、商談でのポイントについてお話ししました。

 

※トヨタの新車を買うときは、同士競合をメインに

トヨタ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すポイント

 

今回は、『日産系ディーラーとホンダ系ディーラーの特徴と好条件を引き出すポイント』についてお話ししますね。

 

 

日産系ディーラーは、看板は同じでも資本が違うケースが多い

かつて日産系販売店は、日産店、プリンス店などに系列が分かれていました。

 

けれど1994年4月から販売店網の再編が行われ、日産・レッドステージや日産・ブルーステージになりました。

 

2007年には、レッド/ブルーの色分けが中止され、今の日産ディーラーだけとなり、GT-R以外の日産車ならすべての車種を取り扱うようになりました。(トヨタのように、ディーラーごとの専売車種はありません)

 

ただ同じ日産の看板でも、日産、プリンス、サティオに系列が分かれています。(〇〇日産、日産プリンス〇〇、日産サティオ〇〇に分かれます)

 

 

看板などのCI(コーポレートアイデンティティ:特性や独自性を統一されたイメージやデザインで発信し存在価値を高めていく企業戦略)を共通化して販売網の再編を進めていますが、いまでも日産ディーラーが、道路沿いに隣り合っているような場所もあります。

 

販売系列が違えば資本が違うので、日産のホームページで調べれば、〇〇日産と日産プリンス〇〇を競わせるといった同士競合ができます

 

 

昔から自動車メーカーとの人事交流が盛んなので、”半直資系”と言われることがあります。

 

一方で、販売会社ごと、日産系以外の関連会社に買収されて独自のディーラー運営を行っている販売店もあります。

 

 

日産は、軽自動車やコンパクトカーの販売比率が高いので、ディーラーの収益が圧迫されている傾向です。

 

日産系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

上でお話ししたとおり、日産は、同じ地域でも日産系、プリンス系、サティオ系に系列が分かれているので、同士競合が可能です。(同士競合とは、資本が違う販売店ごとに競わせることです)

 

同士競合は、大幅値引きなど好条件を引き出すのにかなり効果があります。

 

取り扱っている車種はどこも同じなので、日産車を購入するときは、同士競合を行うといいですよ。

 

 

日産の販売でメインとなっているのは、軽自動車、ノート、セレナ、エクストレイルあたりで、ディーラー在庫があれば値引き条件は急拡大しやすくなっています。

 

 

それぞれの系列としては、日産店は手堅い販売を行う傾向の店舗が多く、サティオ店は値引き拡大に積極的な姿勢が目立っています。

 

プリンス店は、販売会社によっていろいろありますが、値引きアップに積極的なところが多いです。

 

なので、同士競合では、サティオ店やプリンス店を狙うと効果的ですよ。

 

また、トヨタよりも、ホンダの値引きを意識しているので、ホンダ車のガチンコライバル車があれば、ライバル車競合をするのもアリです。

 

三か条

 

・看板は同じでも3系列が存在する

・サティオとプリンスが値引きに積極的

・ホンダの値引き傾向をかなり意識している

(引用元:CARトップ)

 

 

ホンダ系ディーラーは、同じ地域に資本の異なるディーラーが複数存在する

ホンダ系ディーラーは、過去にクリオ店、ベルノ店、プリモ店に分かれていました。

 

けれど、2006年に“ホンダカーズ”に統一して、全店全車種扱いとなりました。

 

一方で近年、軽自動車や小型車に重きを置く“スモールストア店”と、上級車に重きを置く“クオリティセレクト店”を設定しています。(全店全車種扱いは変わっていません)

 

 

さらに、メーカー直資系の販売店が増えています。

 

メーカー直資系販売店は、地場資本系(地元の有力企業がオーナーの会社。ホンダと代理店契約を結んでいます)よりも、値引きなど好条件が出やすくなっています。

 

大型店舗化(メガディーラー)にも、ホンダは熱心です。

 

ホンダ系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

ホンダは、どの地域でも資本の異なるディーラーが複数存在します。

 

なので、商談のメインは、同士競合となります。

 

「カーズ〇〇」(〇〇は地名/地名だけはメーカー直資系が多いです)や「カーズ〇〇東」など、名前が異なれば、資本系列が違うと判断できるので、競わせることができます。(ホンダのホームページなどでも、資本の違いを確認することはできます)

 

 

ホンダは、在庫車販売が原則なので、好条件を獲得したいなら、販売店在庫を狙うといいですよ。

 

 

最近のホンダは、メーカーから出向している営業マンが増えてきました。

 

出向者はいどうが早いので、長く付き合いたいなら、出向ではない営業マンと商談するといいですよ。

 

三か条

 

・原則的には全店舗全車種扱いとなる

・スモールストア、クオリティセレクトなどあり

・ディーラー在庫車販売がメイン

(引用元:CARトップ)

 

 

このようにディーラーは、メーカーごとに特徴が大きく違います。

 

次回は、スバル系やマツダ系ディーラーについてお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :   

車ニュース ホンダ車ニュース 車ニュース 日産車ニュース 車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧