スズキ ダイハツ ディーラー 特徴

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

スズキ系とダイハツ系の新車ディーラーの特徴&商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

新車ディーラーは、それぞれ自動車メーカーの看板を掲げて新車を販売しています。

 

けれど掲げているメーカーが違えば、店舗の様子や経営方針もかなり違ってきます。

 

そこでこれまでに、トヨタ系ディーラーや日産系ディーラー、マツダ系ディーラーなど、各自動車メーカーごとの新車ディーラーの特徴と商談でのポイントについてお話ししています。

 

※トヨタの新車を買うときは、同士競合をメインに

トヨタ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すポイント

 

※販売店同士を競わせる同士競合がポイントです

日産系とホンダ系新車ディーラーの特徴と、商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

※スバルは値引きが大きい。マツダは値引きを抑え気味

スバル系とマツダ系新車ディーラーの特徴&商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

※三菱は販売に苦戦中。レクサスは基本的に値引きゼロ

三菱系とレクサス系新車ディーラーの特徴&商談で大幅値引きを引き出すコツ

 

今回も続きとして、『ダイハツ系ディーラーとスズキ系ディーラーの特徴と好条件を引き出すポイント』についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心です。

かんたん車査定ガイド

ダイハツ系ディーラーは、カフェのような雰囲気

ダイハツ系ディーラーは“カフェプロジェクト”を進めていて、店舗はカフェのような雰囲気になっています。

 

女性からは評判が良いのですが、商用車ユーザーからは「入りにくい」という声も出ているようです。

 

ダイハツは、業販店(モータースなどのような販売協力店)の比率が高く、正規ディーラーの店舗は少ないのが特徴です。

 

トップランクの業販店は、正規ディーラーのような店構えをしていることも多いです。

 

ダイハツ系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

ダイハツ系ディーラーで、お得に購入するポイントは、ダイハツ系業販店をうまく利用することです。

 

正規ディーラーには、試乗車や展示車が豊富に用意されている。まずは正規ディーラーの展示車で実車チェックや、試乗をしたい。そして正規ディーラーで見積書を取ること。本体値引きはそこそこで用品値引きを合わせるとかなりの好条件となる。そして自宅最寄りにありメーカーHPにの邸内店が業販店となるので、そこで再度商談にトライ。販売主力車種ならば、委託販売として新車の在庫もある可能性が高く、値引き拡大も期待できるし、未使用中古車を勧められることもあるはずだ。

(引用元:CARトップ)

 

このように、まずは正規ダイハツディーラーで、実際にクルマをチェックし、見積もりを作ってもらいます。

 

その後、業販店で同じ車種の見積もりを取って、正規ディーラーと競合させればいいというわけです。

 

業販店をうまく使って、好条件を引き出してくださいね。

 

三か条

 

・店の雰囲気はカフェのイメージ

・まず正規ディーラーで試乗実施

・業販店で特価車や未使用中古車を狙え

(引用元:CARトップ)

 

 

スズキ系ディーラーは、機転の利く営業マンが多い

スズキ系ディーラーは、過去にはスズキ店とアリーナ店の2チェンネルあり、取り扱い車種を分けていました。

 

けれど、現在は、新車を扱う店は、基本的にアリーナ店となっています。

 

 

スズキ系ディーラーは、資本の異なる販売店が同じ地域内に複数存在するので、同士競合(スズキ系ディーラー同士を競わせること)が可能です。

 

新車ショールームに併設されている中古車展示場では、未使用中古車のほかにも、数千kmしか走っていない“プチ未使用中古車”も存在しています。

 

ユーザーの予算に合わせて積極的に売り分けてくれるので、相談してみるといいですよ。

 

セールスマンは、女性や若手でも機転の利く昔ながらの職人気質タイプが多いです。

 

スズキ系列ディーラーで、お得に新車を購入するための商談でのポイント

スズキ車は、車両本体価格に対する値引きの余力は少ないです。

 

なので、オプション値引きや下取り査定額を上乗せして、総額をお得にしてくれます。

 

商談で下取り査定額アップを狙うには、車買取店で査定を受けてくださいね。

 

※愛車を高く売りたいなら、車買取店の査定を受けることは大切です

下取り車の査定アップ法。買取と競合して価格の上乗せを狙おう

 

セールスマンに単刀直入に「カーナビはサービスできない?」と交渉してみるのもいいですよ。

 

 

同士競合はかなり期待できるので、同じ地域内にある資本の違うディーラー同士を必ず競わせてくださいね。

 

ダイハツと同様に業販比率が高いのですが、ダイハツ以上に、店頭販売にも積極的なので、ダイハツやホンダを積極的にチラつかせるのも効果的ですよ。

 

三か条

 

・同地区内に資本違いの店舗あり

・職人気質のセールスマンが多い

・同士競合は結構期待できそうだ

 

(引用元:CARトップ)

 

 

このようにディーラーは、メーカーごとに特徴が大きく違います。

 

ディーラーの特徴を応えて、お得に新車を購入してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :   

車のマメ知識 車ニュース ダイハツ車ニュース 車ニュース スズキ車ニュース

この記事に関連する記事一覧

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント