トルコン多段AT DCT ストラット式サスペンション

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


トルコン多段ATはDCTより劣っている?ストラット式サスはしょぼい?

 

車が好きな人は、デザインや走行性能だけでなく、「スペック」も比較して車の格付けをすることがありますよね。

 

そのようなとき、ディスクブレーキよりドラムブレーキは劣っているという具合に、「このパーツはしょぼい」と言われることってありますよね。

 

ですが、その部分は、本当にしょぼいのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、しょぼいかどうか、いろいろなパーツを調べたものを前回から紹介しています。

 

※ドラムブレーキにもメリットはあります

ドラムブレーキはディスクブレーキより劣っている?しょぼいの?

 

今回はその続きとして、

 

・トルコン多段ATはDCTよりしょぼいの?

・ストラット式サスペンションはしょぼいの?

 

についてお話ししますね。

 

 

トルコン多段ATはDCTよりしょぼいの?

搭載する車が増えてきているDCT(デュアルクラッチトランスミッション)ですが、一方で、DCTからトルコンATに戻す車も増えていきました。

 

※DCTとトルコンATについては、こちらを参考にしてください

車のDCTのメリット・デメリットとは?究極のAMTです

 

オートマ(トルクコンバーター式有段AT)のメリット・デメリット

 

新型フォードフォーカスは、これまでDCTでしたが、トルコンATに戻しました。

 

 

DCTのメリットは、シフトラグが極端に小さいので、シフトアップ時のエネルギーロスが少なくなって燃費が良くなる点です。

 

また、構造自体はMTなので、トルクコンバーターを持たないため、エネルギーロスも少ないです。

 

ただし、構造が複雑になり、油圧ポンプなどの補器類も多く、そのための駆動ロスがあるというデメリットがあります。

 

 

さらに、最近のトルコンATは、ロックアップ領域を早く広くすることで、燃費が良くなってきています。

 

遊星ギアをつかうことで、多段化が比較的行いやすくもなっているんです。

 

ZF製の9速ATは、ドグクラッチを採用する新技術により、コンパクトで軽量な多段ATとすることができているんです。

 

 

このようなことから、トルコン多段ATは、DCTと比較してもまったくしょぼくありません。

 

カー雑誌の判定:10しょぼ

 

※判定は100点満点で判定人が、格しょぼい度を判定しています。点数が高いほどしょぼい度が高いという目安の判定になります

(引用元:ベストカー)

 

 

ストラット式サスペンションはしょぼいの?

 

ストラット式サスペンションは、ロワ(下)アーム1本だけのサスペンションです。

 

ダブルウィッシュボーンは、ロワアーム+アッパー(上)アームというサスペンション。

 

マルチリンクは、ダブルウィッシュボーンの進化系のサスペンションです。

 

 

では、ストラット式は、マルチリンクと比較して、性能面はどうかというと…。

 

ストラットは1本のアームのみでタイヤをコントロールするので、ストロークするたびにタイヤの接地面が変化します。対してマルチリンクは2本以上でコントロールするので、タイヤの接地面を理想的に接地するうようデザインできるのです。

 

もうひとつ、サスペンションにはロールセンターがあって、クルマの重心とてこの原理の関係にあります。重心とロールセンターが離れているほどにモーメントが大きくなってタイヤをより押さえつけグリップします。

 

しかし、サスペンションは上下に動くものなので、このロールセンターも動きます。アームが1本しかないストラットはマルチリンクに比べてこのロールセンターの動きが大きくなりがちなのです。つまり、タイヤへの荷重移動を安定させるのが難しいサスペンション形式といえるでしょう。

(引用元:ベストカー)

 

このように、ストラット式サスは、基本性能ではマルチリンクなどと比べて劣ってしまうんです。

 

 

もちろん、ストラット式サスにもメリットはあります。

 

ストラット式サスのメリットは、部品点数が少なくて軽量というところです。

 

そのため、コンパクトモデルには欠かせないサスペンションです。

 

 

このような点からストラット式は、ダブルウィッシュボーンやマルチリンクと比べてしょぼくなってしまいます。

 

カー雑誌の判定:70しょぼ

(引用元:ベストカー)

 

今後、ストラット式サスペンションが、どのようになっていくか注目ですね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧