プチバン 比較 ソリオ ルーミー

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


最新プチバン徹底比較。ソリオ、トール/ルーミー、フリードなどのメリット・デメリット

 

ソリオハイブリッド(スズキ)やトール/ルーミー4姉妹(ダイハツ/トヨタなど)の登場で、近年、背の高いコンパクトカー(プチバン)の販売競争が激化しています。

 

ユーザーとしては、選択肢が多いことはよいことですが、車種が多いとどれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで、今、発売されているプチバン5車種を比較し、どれが買いなのかお話ししますね。

 

今回は、5車種それぞれのメリット・デメリットについてお話ししますね。

 

 

ちなみに、比較する車種は、

 

・ソリオハイブリッド(スズキ)

・タンク、ルーミー/トール/ジャスティ(トヨタ/ダイハツ/スバル)

・ポルテ/スペイド(トヨタ)

・フリードプラス(ホンダ)

・キューブ(日産)

 

です。

 

 

ソリオハイブリッド(スズキ)のメリット・デメリット

ソリオハイブリッドのメリットは、取り回し性がよいことです。

 

ソリオハイブリッドは、この5車種の中で最も全幅が小さいです。

 

そのため、運転がしやすく、取り回し性が抜群に良いです。

 

搭載している5AGSは、変則時にモーターの駆動力を高めて半クラッチ制御も巧みに行うので、シングルクラッチトランスミッション(AMT)とは思えないほど、変速がなめらかです。

 

走行中の速度調整も、CVTよりも行いやすいです。

 

 

一方、ソリオハイブリッドのデメリットは、価格が少し割高なところです。

 

ソリオは、マイルドハイブリッド仕様も燃費がかなり良いです。

 

ハイブリッド仕様とマイルドハイブリッド仕様の価格差をガソリン代で取り戻すとすると、約30万km走行する必要があります。

 

 

ソリオハイブリッドに関しては、こちらを参考にしてください。

 

※ハイブリッド仕様は、走りが上質になっています

ソリオハイブリッド仕様は、マイルドハイブリッド仕様とどう違う?

 

 

タンク、ルーミー/トール/ジャスティ(トヨタ/ダイハツ/スバル)のメリット・デメリット

タンク、ルーミー/トール/ジャスティのメリットは、室内が広く、内装が上質なところです。

 

荷室のボードは、防汚シート付きなのもうれしいポイントです。

 

 

一方、タンク、ルーミー/トール/ジャスティのデメリットは、走行性能に不満が多いところです。

 

トール4姉妹は、2世代前の初代パッソ&ブーンから使われているプラットフォームが採用されています。

 

このプラットフォームでは、重い車重を支え切れていません。

 

そのため、自然吸気エンジン車は、カーブを曲がるときにボディが大きく傾いてしまいます。

 

また、自然吸気エンジンはパワーが不足していて、ターボは2000回転前後で、共振によるノイズが発生します。

 

開発期間は約2年間と短いため、大慌てで作られた感がでています。

 

 

ポルテ/スペイド(トヨタ)のメリット・デメリット

ポルテ/スペイドのメリットは、トール4姉妹よりも室内が広いところです。

 

車体はトール4姉妹よりも大きいですが、その代わり車内空間は広いです。

 

助手席側には大きなスライドドアがあり、床下地上高も300mmと低いので、乗降性と助手席の快適性は抜群です。

 

車の特徴が福祉車両に近いので、高齢者の同乗にも適していますよ。

 

 

一方、ポルテ/スペイドのデメリットは、後席の乗り降りがしにくいところです。

 

助手席側はスライドドアひとつなので、後席の乗降性はいまいちです。

 

また、後席の背もたれを前に倒すと荷室が広がりますが、床に段差ができるので使い勝手もいまいちです。

 

 

フリードプラス(ホンダ)のメリット・デメリット

フリードプラスのメリットは、荷物が積みやすいところです。

 

床下地上高は335mmと低いので、自転車も積みやすいです。

 

専用のボードを使えば、荷室を上下2段に分けることができ、車内に平らな空間を作ることができます。

 

車中泊もできますよ。

 

 

一方、フリードプラスのデメリットは、ハイブリッド仕様の後席は少し窮屈なところです。

 

ハイブリッドの駆動用電池は、前席の下に搭載されています。

 

そのため、ノーマルエンジン車に比べて後席は膝が持ち上がり、窮屈に感じます。

 

リアゲートの開口部も広くなった代わりに、ボディ剛性も少し下がったので、安定性も少し不満があります。

 

 

キューブ(日産)のメリット・デメリット

キューブのメリットは、内装が和風な感じがすることです。

 

和をモチーフにして内装がデザインされているので、曲線で構成されているので優しい雰囲気がします。

 

シートは前後席ともにソファ風なので、座り心地も上質です。

 

 

一方、キューブのデメリットは、設計が古いところです。

 

登場して8年以上が経っているので、設計が古く、自動ブレーキの設定もありません。

 

操舵感もあいまいで、乗り心地も古さを感じます。

 

一方で、最近値上げされたので、ライバル車と比べて割安感もありません。

 

 

最新のプチバン5車種には、それぞれこのようなメリット・デメリットがあります。

 

どの車にも魅力的な部分がある一方、ちょっとしたデメリットも存在しますね。

 

次回は、では、どの車種が買いなのか?についてお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :   

車ニュース トヨタ車ニュース 車ニュース ホンダ車ニュース 車ニュース 日産車ニュース 車ニュース ダイハツ車ニュース 車ニュース スズキ車ニュース 車ニュース スバル車ニュース

この記事に関連する記事一覧