最新 プチバン 買い

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


最新プチバン5車種で、今買いなのは?ソリオ?トール/ルーミー?

 

ソリオハイブリッド(スズキ)やトール/ルーミー4姉妹(ダイハツ/トヨタなど)の登場で、背の高いコンパクトカー(プチバン)が注目を集めています。

 

いろいろな車種を選べることは、ユーザとしては良いことですが、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで前回、現在販売されてるプチバン5車種の

 

・ソリオハイブリッド(スズキ)

・タンク、ルーミー/トール/ジャスティ(トヨタ/ダイハツ/スバル)

・ポルテ/スペイド(トヨタ)

・フリードプラス(ホンダ)

・キューブ(日産)

 

を比較し、それぞれのメリット・デメリットについてお話ししました。

 

※ソリオハイブリッドやトール4姉妹にもメリット・デメリットがあります

最新プチバン徹底比較。ソリオ、トール/ルーミー、フリードなどのメリット・デメリット

 

今回は、続きとして、『最新プチバン5車種で、今買いなのはどれ?』についてお話ししますね。

 

 

今、もっとも買いプチバンの筆頭は、ソリオ

プチバンは、どの車種もファミリー向けに作られていて、それぞれ独自の特徴を持っています。

 

なので、基本的には、どのように使うかで車種を選べばOKです。

 

 

例えば、ポルテやスペイドは、助手席側のスライドドアの開口部が広く乗降性が優れているので、高齢者のいる世帯ではとても便利です。

 

フリードプラスは、たくさん荷物を積んだり、車中泊ができたりするので、キャンプなどに出かける人は使いやすいです。

 

ただ、単純に4人で乗るとなった場合、ポルテ&スペイドは、助手席側はスライドドア一枚なので、乗り降りするとき不便を感じてしまいます。

 

フリードプラスは、価格も割高で、無駄なスペースも出てきてしまうんです。

 

 

となると4人乗車の場合に候補となるのは、ソリオ、トール4姉妹、キューブとなります。

 

キューブは、内装が和風で、ソファ風のシートを装備していて個性的なのですが、登場して8年が経っているので設計が古く、緊急自動ブレーキの設定もありません。

 

なので、キューブのおすすめ度は低いです。

 

 

残りはソリオかトール4姉妹なのですが、この2車種ならソリオのほうが満足度は高いんです。

 

そうなるとソリオかトール4姉妹車だが、後者は走行性能と乗り心地に不満が多い。根本原因は手近な材料を使い、約2年間で開発したことだ。プラットフォームはパッソ&ブーン用だから、補強を施すにも限界があった。1トンを大幅に超える背の高いボディを支えるのは難しい。

 

エンジンも今のダイハツでは国内の小型車用が3気筒1Lのみになる。自然吸気は少し高回転型で、車両重量のわりに実用回転域の駆動力が乏しい。1Lターボは実質的に新開発だから時間との戦いを強いられ、2000回転付近のノイズを解消できなかった。

 

いっぽう、スズキは顧客の需要に応えてソリオを淡々と開発した。全長と全幅を抑えて最大限度の室内を備える。軽自動車と同様に現行型はプラットフォームを大幅に刷新して軽量化を徹底させ、車両重量はトール4姉妹車よりも120kg軽い。2種類のハイブリッドをそろえ、時間を費やして作りこんだ。

(引用元:ベストカー)

 

このように、ソリオのほうが、クルマとしての商品力が高いんです。

 

とはいっても、車は、自分が納得して買うことが一番です。

 

使用目的や予算、実際に試乗してみて、一番気に入ったプチバンを購入してくださいね。

 

 

最新プチバン5車種の主要諸元

最新プチバン5車種の主要諸元を示しておきますね。

(以下、カー雑誌『ベストカー』からの引用になります)

 

 

SUZUKI ソリオハイブリッド

191万7000~204万6600円

 

ハイブリッドSX

全長×全幅:3710×1625mm

全高:1745mm

エンジン1.2L直4+モーター

エンジン最高出力:91ps

モーター最高出力:13.6ps

JC08モード燃費:32.0km/L

 

 

DAIHATSU トール

146万3400~200万8800円

 

Gターボ“SAⅡ”

全長×全幅:3700×1670mm

全高:1735mm

エンジン:1L直3+ターボ

最高出力:98ps

最大トルク:14.3kgm

JC08モード燃費:21.8km/L

 

 

TOYOTA ポルテ

177万7680~207万7920円

 

F・2WD

全長×全幅:3995×1695mm

全高:1690mm

エンジン:1.5L直4

最高出力:109ps

最大トルク:13.9kgm

JC08モード燃費:22.2km/L

 

 

HONDA フリードプラス

190万~274万8200円

 

Gホンダセンシング・2WD

全長×全幅:4295×1695mm

全高:1710mm

エンジン:1.5L直4

最高出力:131ps

最大トルク:15.8kgm

JC08モード燃費:19.0km/L

 

 

NISSAN キューブ

162万~198万7200円

 

15X Vセレクション

全長×全幅:3890×1695mm

全高:1650mm

エンジン:1.5L直4

最高出力:111ps

最大トルク:15.1kgm

JC08モード燃費:19.0km/L

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車ニュース トヨタ車ニュース 車ニュース ホンダ車ニュース 車ニュース 日産車ニュース 車ニュース ダイハツ車ニュース 車ニュース スズキ車ニュース 車ニュース スバル車ニュース

この記事に関連する記事一覧