朝一番 閉店間際 商談

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

朝一番と閉店間際の商談はどっちが好条件がでる?平日と週末は?新車購入で迷う二択3

 

新車を購入するときは、1円でもお得に購入したいと思いますよね。

 

新車は高い買い物なので、購入するときに「どっちが得なんだろう?」と迷うことは多いです。

 

そこで、これまでに、『新車を購入するときのどっちがいいの?どっちが得なの?』についてお話ししました。

 

※軽自動車とコンパクトカー、買うならどっちがいい?

新車を購入するときに迷う2択。どっちがいいの?得なの?

 

※オプションは全部付けたほうがいい?必要なものだけ?

大排気量と小排気量どっちがいい?支払いは現金?ローン?新車購入で迷う二択2

 

 

今回も続きとして、

 

・朝一番の商談と閉店間際の商談は、どっちが好条件がでやすい?

・平日の商談と土・日曜日の商談は、どっちが好条件がでやすい?

・市街地と郊外では、どっちの販売店がいい?

 

についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心です。

かんたん車査定ガイド

朝一番の商談と閉店間際の商談は、どっちが好条件がでやすい?

新車販売の世界は、けっこう“縁起を担ぐ”業界だといわれています。

 

商談が多い週末などは、「朝一番のお客さんから注文をもらって弾みをつけたい」という営業マンは多いんです。

 

そのため、朝一番の商談は、値引き条件が拡大しやすいんです。

 

さらに、「わざわざ開店直後にお店に来るというのは購買意欲はかなり高い」と営業マンに判断されるので、そのような点でも好条件が出やすいんです。

 

好条件を引き出したいなら、朝一番の商談は、ねらい目なんです。

 

 

一方、閉店間際も狙い目です。

 

夕方になってもその日の販売目標をまったく達成していないときに訪れてくるお客は、販売店にとっては千客万来という感じです。

 

エース級の営業マンが対応にでてきて、あっという間に好条件が提示される可能性があるんです。

 

ただし、夕方の段階で販売目標を達成していたら、好条件はでないので注意です。

 

 

総合的に考えて、開店直後の朝一番の商談のほうが、より確実に好条件がでやすいです。

 

 

平日の商談と土・日曜日の商談は、どっちが好条件がでやすい?

“ディーラーの都市伝説”では、平日より週末イベントのほうが値引き条件はいいといわれています。

 

けれど、これは好条件のでやすさが違うだけで、値引き額自体が平日と週末イベントが大きく異なることはありません。

 

 

週末イベントのときは、来店客が多いので、セールスマンもできるだけ多くのお客と商談をしたいと考えています。

 

馴染みのお客との商談のアポイントが入っていることも多いです。

 

なので、週末イベントでは、営業マンは短時間で商談をまとめたいと考えて、巻き気味に商談を進めてきます。

 

短時間の商談で高額の車の購入を決めるのは、なかなかできないですよね。

 

 

そこでおすすめなのが、平日の商談です。

 

平日は、セールスマンも仕事に余裕があるので、じっくり時間をかけて商談をすることができるんです。

 

平日に軽く商談をして、週末イベントでのアポイントを取り、週末イベントでダメ押しの値引きを交渉して購入を決めるという方法もできますよ。

 

 

平日商談は週末商談ほど値引きがでないといわれていますが、新車が欲しいというお客が目の前にいれば、セールスマンも本気で商談してくれます。

 

なので、平日商談も、週末商談並みの値引き拡大が十分期待できますよ。

 

 

市街地と郊外では、どっちの販売店がいい?

最近は、バイパス沿いなどの郊外に、大きなショールームを持つ“メガディーラー”が増えてきました。

 

一方、市街地には、昔ながらの小規模ディーラーがあります。

 

 

メガディーラーは、ディーラーのなかでもメインとなる店舗のため、本部からの注目度が高いです。

 

建物が新しくて大きいので、建設コストの支払いや電気代などの維持管理費も大きくなってしまいます。

 

そのような店舗で値引き条件が荒れれば、本部から「なにやってるんだ!」とおしかりを受けることにもなりかねません。

 

 

市街地のディーラーは、建物も古く、それほど大きくないので維持管理費の負担も大きくないので、そのような意味では、商談で好条件を引き出しやすいです。

 

けれど、大幅値引きなど好条件の引き出しやすさは、最終的に立地ではなく、店長の経営方針にかかってきます

 

“薄利多売”でやるのか、1台ずつきっちり利益を出す“台当たり利益重視”なのかで、好条件のでやすさが違ってくるんです。

 

薄利多売の市街地ディーラーがあれば、そこで商談するのがよさそうですね。

 

 

このように車を購入するときは、「どっちがいいんだろう?」と迷うことは多いですよね。

 

次回も、『新車を購入するときに迷う2択。どっちがいいの?得なの?』の続きをお話ししますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント