新車 未使用中古車 どっち

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

新車と未使用中古車はどっちがお得?納車は大安?ほかの日?新車購入で迷う二択5

 

新車は高い買い物なので、商談などで「どっちが得なんだろう?」と迷うことは多いです。

 

損をするかもしれない選択をするのは嫌ですよね。

 

そこで、これまでに、「新車を購入するときのどっちがいいの?どっちが得なの?」についてお話ししました。

 

※軽自動車とコンパクトカー、買うならどっちがいい?

新車を購入するときに迷う2択。どっちがいいの?得なの?

 

※オプションは全部付けたほうがいい?必要なものだけ?

大排気量と小排気量どっちがいい?支払いは現金?ローン?新車購入で迷う二択2

 

※平日や朝一番の商談で、好条件を狙おう

朝一番と閉店間際の商談はどっちが好条件がでる?平日と週末は?新車購入で迷う二択3

 

※実は、新人営業マンのほうが好条件が出る可能性が高いんです

商談は新人営業マンとベテランのどっちがいい?売却は下取りor車買取店?新車購入で迷う二択4

 

 

今回も続きとして、

 

・愛車の査定を受ける前に、傷や凹みを直したほうがいい?そのままでOK?

・新車と未使用中古車、どっちがお得?

・納車の日取りは大安がいい?ほかの日のほうがいい?

 

についてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。

提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心です。

かんたん車査定ガイド

愛車の査定を受ける前に、傷や凹みを直したほうがいい?そのままでOK?

新車を購入するとき、多くの人は今乗っている車を、ディーラーに下取りor車買取店へ売却しますよね。

 

少しでも高い査定額が出てほしいと誰でも考えると思いますが、そうなると悩むのが、「査定を受ける前に傷や凹みは直した方がいいのか?それともそのままでいいのか?」です。

 

 

結論からいえば、傷や凹みはそのままでOKなんです。

 

というのも、修理工場などに板金修理にだすと、その修理代金にはお店の利益が入ってきます。

 

一方、傷や凹みがあれば査定で減点される可能性がありますが、この減点は修理代金より小さいことがほとんどなんです。

 

傷や凹みを直してしまうと修理代金のほうが高くついてしまい、結局、損をしてしまうんです。

 

自分で直すという方法もありますが、自分で直すとかえって減点が大きくなってしまうこともあるので、時間も修理用品の購入代も損をしてしまうので注意です。

 

 

査定額を少しでも高くしたいなら、傷や凹みを直すよりも、複数の車買取店に査定を受けて、ディーラーの査定と競合させるといいですよ。

 

※普通に下取りに出すよりも、数十万円以上も高く売れることも

下取り車の査定アップ法。買取と競合して価格の上乗せを狙おう

 

 

ちなみに、事故をしたことがあるかどうかを、営業マンに自己申告したほうがいいか迷うことがあります。

 

一般的に下取り査定をするときに、営業マンが「事故などは起こしていますか?」と聞いてきます。

 

もし聞かれたら、素直に修理箇所やどんな修理をやったか伝えておくと、のちのち「事故車とは聞いていなかった。事故車だったので査定額を下げさせてもらう」といったトラブルを回避できますよ。

 

 

新車と未使用中古車、どっちがお得?

軽自動車を中心に、未使用中古車の存在が目立ちます。

 

未使用中古車は、自社名義(販売店名義)で自社の新車在庫を登録(軽自動車は届出)してナンバープレートを取得し、そのまま使わないで中古車市場に流通させた車です。

 

ナンバーを取得してすぐに店頭に並べてしまうと、新車と販売価格がそれほど変わらないので、買い得感が薄くなります。

 

なので数ヶ月寝かしておいて値落ちしてから、店頭に並べることが多いです。

 

 

近年の新車は、エコカー減税やオプションの無料装着などのサービスがあるので、未使用中古車よりお買い得な場合もあります。

 

そのため買い得感という意味では、未使用中古車も新車もそれほど変わらないです。

 

 

ただ、未使用中古車は、面倒な商談を行わなくても、初めからお買い得な価格がついているというメリットがあります。

 

さらに未使用中古車専門店なら、多くのメーカーの車種(ボディカラーも豊富です)を、いっぺんに見ることができるというメリットもありますよ。

 

 

納車の日取りは大安がいい?ほかの日のほうがいい?

日本の人は、大安や仏滅など「六曜」を気にする人が多いです。

 

いまでも多くの人が「納車は大安がいい」とこだわります。

 

そのため、土曜日や日曜日に大安が重なると、一日中納車を行っている営業マンも多いです。

 

そのようななで大安納車にこだわると、希望時間での納車ができなかったり、営業マンも次の納車が気になって早めに納車を終わらせようとしたりするので、傷などがあったなど、のちのちトラブルになることがあります。

 

 

納車は、単に新車を受け取るだけではありません。

 

注文したとおりに車ができているか(ボディカラーやオプションがあっているかなど)、ボディに傷や凹みがないか、内装が汚れていないか、故障している部分はないかなどをしっかり確認する時間なんです。

 

問題がなければ車を受け取り、問題があればどのように対応してくれるかしっかり相談する必要もあります。

 

そのため、納車は時間をかけたほうがいいんです。

 

納車におススメの日は、平日の午前中ですよ。(午前中なら、問題があった場合に、午後までに対応してくれることが多いため)

 

 

このように車を購入するときは、「どっちがいいんだろう?」と迷うことは多いですよね。

 

少しでもお得に購入できるように、覚えておいてくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント