年度末 車 値引き

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


年度末商戦は短期集中がポイント。新車の大幅値引きを引き出そう

 

2月、3月は、決算時期ということもあり、各メーカーのディーラーは、年度末商戦として車の販売に力を入れてきます。

 

そのため、一年のうちでもっとも値引きが期待できるタイミングです。

 

ですが、ただやみくもに値引き交渉をしても、好条件を引き出すことはできません。しっかり準備をして、作戦を練ることが年度末商戦でお得に購入するポイントなんです。

 

というわけで、今回は、『年度末商戦は短期集中がポイント』についてお話しますね。

 

 

ちなみに、前回の『年度末商戦で好条件を引き出すために情報収集をしよう』をお読みでない方は、こちらからご覧ください

年度末に車をお得に購入する方法。まずはディーラーの情報収集を

 

 

トヨタ車かホンダ車を値引き交渉にからめよう

年度末商戦は、一年のうちでもっとも値引きなどの好条件がでやすい時期です。

 

そのため、新車を購入する人も多いので、ディーラーの営業マンは、効率の良い販売を目指しています。

 

すると、いつまでも値引き交渉をする結論の遅い客の販促は、後回しになってしまい好条件が出にくくなってしまうんです。逆に、結論が早いお客ほど、好条件がでやすいんです。

 

なので、年度末商戦は、『短期集中』がとても大切であり、成功の秘訣なんです。

 

 

短期集中で決めるためには、商談に入る前の情報収集が超重要です。

 

情報収集をして、本命車種とライバル車種を絞り込み、値引きアップのペースメーカーとなる車種を決めてから商談に臨みましょう。

 

 

ちなみに、

 

・登録車:トヨタ、ホンダ、日産

・軽自動車:日産、ホンダ、スズキ、ダイハツ

 

のどれかの車種をペースメーカーにするといいですよ。(登録者とは、軽自動車の規格を超える車のことをいいます)

 

 

とくに、ホンダは、低金利ローンやオプション装着キャンペーンなど、派手に販促特典を設定しているので、ペースメーカーにするといいですよ。

 

また、トヨタは、他社に比べて下取り査定が高めに出ることが多いです。下取り車に関しては、買取店に査定を受ける&トヨタでの査定を絡めて査定額アップをめざしましょう。

 

 

このように、本命車種がどのメーカーであっても、トヨタ車やホンダ車を商談に絡めると好条件がでやすくなる可能性があります。

 

 

商談は午前中から始めよう

多くの人は、土日に商談をすると思います。すると、午前はゆっくり休んで、午後から商談というパターンが多いのでは。

 

ですが、商談は、午前中から始めた方が良いんです。

 

というのも、午後に商談を仕切りなおすことができます。

 

また、朝早くからディーラーに来るということは、本気で新車購入を考えているということを営業マンに示すことができます。すると、営業マンもがぜんやる気になるというわけです。

 

 

午後からの商談になると、仕切り直しは翌日以降になります。もし、その間に別のお客の商談が成立しててしまい、そのディーラーや営業マンのノルマが達成されると、値引きなどが止まってしまう可能性があるんですよ。

 

なので、できるだけ商談は、午前中から始めた方がいいです。

 

 

欲張ってしまうのはNG。希望予算をクリアしたら契約

年度末商戦は、一年のうちでもっとも好条件がでやすいといっても、欲張り過ぎるのはNG。

 

新車購入は、希望予算をクリアしたら契約のタイミングです。

 

 

その理由は、希望予算内まで値引きできたのに「まだいける」と粘って契約を遅らせていると、そのたくらみに営業マンはすぐに気が付きます。

 

営業マンは、上司に条件アップの決裁をもらうときは、「なぜ値引きが必要なのか」という理由が必要になります。そのため、現代では、粘って値引きがアップするということはないんです。

 

むしろ、粘り過ぎると、営業マンからめんどくさい客というふうに思われてしまうだけなんですよ。

 

なので、新車購入の契約のタイミングは、『希望予算をクリアした』もしくは『限りなく希望予算に近づいた』ときにするのがポイントです。

 

 

そのためには、事前に情報収集を行い、「どの程度、値引きが期待できるか?」や「店の雰囲気はどうなのか?」を調べ、“希望予算”と“希望予算未達成の場合の妥協点”を決めておきましょう。

 

そして、「予算達成で契約する」という商談を行い、営業マンの様子を見極めてハンコを押すタイミングを決めるといいですよ。

 

次回は、年度末商戦でお得に購入するための技についてお話ししますね。

年度末商戦でお得に新車を購入するには、“技”を使うことも重要

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車を激安で購入するポイント

この記事に関連する記事一覧