双子車 兄弟車 OEM車

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


双子車が生まれたのはなぜ?OEM車が増えている理由とは?

 

”兄弟車”、“姉妹車”ともいわれる双子車。

 

日本は、昔から多くの双子車を生み出してきました。

 

たとえば、最近フルモデルチェンジが行われたトヨタ・アルファード/ヴェルファイアも双子車にあたります。

 

 

では、なぜ双子車は生まれたのでしょうか?

 

『双子車が生まれたのはなぜ?』についてお話ししますね。

 

また、最近、軽自動車を中心にOEMが増えていますが、その理由についてもお話ししますね。

 

 

販売店の多チャンネル化が双子車を生んだ

双子車には、

 

・アルファード/ヴェルファイアのように、フロントグリルなど外観が違うけど中身(エンジンなどや内装など)が同じタイプ

・エンブレムなど以外は全く同じの『OEM供給車』

・メカニズムやシャーシを流用しているだけで、見た目も乗り味も全く違うもの

 

までさまざまな種類があります。

 

 

では、なぜ双子車が生まれたかというと、販売店の多チャンネル制が双子車を生むきっかけになったんです。

 

車を作り始めたころ、日本はGM、フォード、クライスラーというかつてのビッグスリーをお手本としてきました。

 

そして、お手本としたのは、作り方だけでなく車の販売方法もお手本にしました。

 

 

現在、GMは、

 

・キャディラック

・シボレー

・ビュイック

・GMC

 

という4つのブランドを持っていて、それぞれの販売チャンネルももっています。

 

ですが、複数チャンネルで車を売るためには、多くの種類の車が必要になります。けれど、たくさんの車種を作っていたら、開発費などがかかり過ぎてしまい割に合いません。

 

そこで、開発費などを削減するために、シャーシやボディなどを共通化して、外観やセッティングを変えた『双子車』が生まれたんです。

 

そして、日本もこれを真似したため、日本でも複数の販売チャンネルを持ち、双子車がでてきたというわけなんです。

 

 

ちなみに、トヨタ以外の現在の日本の自動車メーカーは、販売チャンネルを統一する方向にあり、兄弟車は減ってきています。

 

一方、トヨタは、トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店、レクサス店の販売チャンネルを持っています。

 

 

OEM車が増えている理由とは…

また、近年は、OEM車が増えています。特に、軽自動車を中心にOEM車が増えていますね。

 

OEMとは、他社ブランドの製品を生産することです。

 

例えば、ダイハツが生産・販売しているミライースは、トヨタとスバルにOEM供給されていて、トヨタではピクシスエポック、スバルではプレオプラスとして販売されています。

 

 

OEMが行われる理由としては、

 

・自社で製造技術を持たない企業が、自社製品を販売するまでの間、他社との時間差を埋めることができる

・自社で生産能力が追いつかなくなって、その分を他社に依頼する

・製造ラインなどを持つリスクを回避でき、低コストで市場に製品を供給できる

・OEM供給する側も、販売先の企業のブランド力や営業力を活用できる

 

という理由があるからです。

 

 

では、なぜ今、軽自動車のOEM車が増えているかというと、売れるからというのはもちろん、『ユーザーを逃がしたくないから』という理由もあるんです。

 

たとえば、スバルは、軽自動車の生産をやめてしまいましたが、R2などかつてスバルが生産していた軽自動車のユーザーが今でもいます。

 

このスバルの軽自動車ユーザーが買い替えをするときに「もう軽自動車はありません」といってユーザーを逃してしまうということを避けるために、ダイハツからOEM供給してもらっているというわけです。

 

OEM車が増えているのには、このような理由もあるんですよ。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧