車 ペダル 踏み間違い

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車のペダル踏み間違い事故をした場合、保険でどこまで補償される?

 

ブレーキとアクセルを踏み間違えて事故をしてしまうことが、たびたびニュースで報じられますね。

 

私も、かつてMT車からAT車に乗り換えたときに、走行中にクラッチペダルと勘違いしてブレーキペダルを踏んでしまい、あやうく事故を起こしそうになったことがあります。

 

実は、ペダルの踏み間違いによる事故は、年間で6,000件~7,000件も起こっていんだとか。

 

では、もしこのようなペダルの踏み間違いによる事故を起こした場合、自動車保険から保険金は支払われるのでしょうか?

 

自動車保険のソニー損保が、この疑問に答えてくれていましたので紹介しますね。

 

 

ペダルを踏み間違えて店舗に突っ込んだ場合、対物賠償保険で支払われます。ただし…

例えば、以下のような場合のとき、保険から相手側に保険金が支払われるのでしょうか?

 

1.ブレーキとアクセルを間違えて踏んでしまい、お店のショーウィンドウに突っ込んでしまった

2.けが人はいない

3.お店の中はめちゃくちゃ

4.お店は、修理が完了するまで営業停止

 

 

このような事故を起こしてしまった場合、自動車保険の対物賠償保険で、お店側に以下のような補償がされます。

自動車保険に対物賠償保険をセットしていれば対物賠償保険からお店のショーウィンドウの修理費、壊れてしまった商品や陳列棚の損害額について、保険金が支払われます。また、事故のためにお店が営業できない期間に生じた営業損害についても対物賠償保険から保険金が支払われることになります。

(引用元:ソニー損保 なるほど保険知恵袋)

 

さらに、この事故で訴訟になった場合、訴訟費用や弁護士費用なども対物賠償保険から支払われるんですよ。

 

 

家族のものや保険適応されない人が起こした場合は保証されません

このように、手厚い補償をしてくれる自動車保険ですが、実は、ペダルの踏み間違い事故でも保障されない場合があるので要注意です。

 

 

保険適応されない事例の一つは、ペダルの踏み間違いで事故をしたとき、『壊してしまったものが運転者の親や配偶者、子の所有する物だった場合』は対物賠償保険で補償されません。

 

しかも、結婚していて親と別居していても、補償されないので要注意です。

 

 

次に、保険が適応されない人が運転していた場合も、自動車保険では補償されません。

 

自動車保険には、運転者限定特約(本人限定や家族限定など)や、運転者年齢条件(30歳以上など)を設定することができますね。

 

ここで、もし運転者が本人限定になっていた場合、友人が運転していてお店に突っ込んでしまっても、保険金は支払われません。

 

 

そして、対物賠償保険の補償金額に上限を設定している場合、上限を超えた部分も補償されません。(補償金額の上限までしか支払われません)

 

しかも、上限を超えてしまった場合、相手方との示談交渉を保険会社が行うこともできなくなります。

 

なので、対物賠償保険の補償金額を超えてしまった場合は、自分で示談交渉したり、示談交渉するための弁護士費用は自己負担で払ったりしなくてはいけないんです。

 

 

対物賠償保険で数千万円の損害をもたらす事故は、頻繁に起こるものではありません。

 

けれど、過去の判例で、パチンコ店に突っ込んでしまった時の損害額は1億3580万円、呉服など高額商品を積んでいるトラックトの事故での損害額2億6135万円の支払いが発生したことがあります。

 

対物賠償保険は、3,000万円くらいで設定しておけばいう人がいますが、万が一のことを考えて無制限にしておく方がいいんですよ。(上限を無制限にしても、3,000万円のときと保険料はあまりかわりません)

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧