在庫車 とは デメリット

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


在庫車とは売れ残りなの?抱える理由とメリット・デメリット

 

新聞の折り込みチラシを見ると

 

「在庫車一掃セール」

「特価在庫車あり」

 

など、“在庫車”という言葉が載っています。

 

在庫車というと、一般的には“売れ残り”というイメージがありますね。

 

けれど、近年は、在庫車もかなり状況が変わってきているんです。

 

なので、在庫車についてお話ししますね。

 

 

在庫車は売れ残りじゃない

車の購入を決定すると、書類に契約のサインをしますよね。

 

日本の場合、新車購入を決定したら、販売店からメーカー(車を作っている工場など)へ当該車種の発注を行い、それから工場で車が生産されて販売店へ配車⇒納車となると(名目上は)なっています。

 

けれど、これでは納車までにかなりの時間がかかってしまいます。

 

 

そこで、あらかじめ売れ筋モデルなどを、販売店が在庫車として持つようになったんです。

 

なので、在庫車は、売れ残りというよりも、『売れ筋モデルのストック』に近いんです。

 

 

トヨタ系列の販売店は在庫車が少ない

ただし、この在庫車にも問題があるんです。

 

それは、最近は、この販売店が抱える在庫車の数が凄く多いそうです。

 

その理由は、メーカーが工場の稼働率を維持するために車をたくさん作り、販売店側がその車を押しつけられているからなんだとか。

(押しつけられる理由は、メーカーの関連子会社化が進み、押しつけられやすい環境になっているから)

 

事実、軽自動車の売れ筋車などは、毎月の販売台数の中でかなりの台数が、販売店などが自社の車として届け出したものです。

 

そして、そのまま未使用中古車として、市場に流通させてしまっているそうです。

 

なので、市場の健全性を問題視する声も出ているんですよ。

 

 

ちなみに、ホンダ系販売店は在庫車販売がほとんど、トヨタ系販売店はできるだけ在庫車を持たないようにしているそうです。

 

トヨタ系販売店が在庫車を持たない理由は、販売店の多くがメーカーと資本関係にない(関連子会社ではない)地場経営のためなんです。

 

そのため、在庫車を抱えることによるコスト増を回避することができているそうです。

 

 

また、未使用中古車が中古車市場にたくさん流れてしまうと、『その車種の中古車価値が下がる=売却する時の価格が下がる』となってしまいます。

 

けれど、在庫車を持つことを避けることで、未使用中古車が市場に流れるのを抑制することができ、リセールバリューを高く保つこともできるんですよ。

 

 

ただし、在庫車を持たないということは、納期が延びてしまうというデメリットもあります。

 

レクサスは、完全な受注生産を導入しましたが、その結果、どんなに早くても納車まで2~3ヶ月かかってしまいます。

(受注生産:受注を受けてから車の生産を開始する方法)

 

在庫車を持つのも持たないのも、それぞれメリット・デメリットがありますね。

 

 

海外は、在庫車販売が当たり前

では、海外はどうなっているかというと、外国は在庫車販売が当たり前なんです。

 

北米では、販売店がメーカーに仕入れをしたい車を注文しますが、最終的にはメーカーが配車を決めるので、不人気車も一緒に届けられてしまいます。

 

 

販売店は、届いた車をできるだけ大きな敷地に並べ、販売台数の多さを売りにしてお客を集めます。

 

そして、お客はその中に気に入った車があれば、試乗⇒契約となり、その場で新車に乗って帰るそうです。(ナンバープレートは後日郵送される)

 

なんとも豪快な販売方法ですね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧