ディーラー 在庫車 値引き

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


ディーラーの在庫車は色々な種類がある。値引き交渉のポイント

 

新聞に入ってくるディーラーの折り込みチラシを見ると、“在庫車”という言葉が書かれていることがありますよね。

 

一般的に、「在庫車=売れ残り」というイメージがあります。けれど、最近は、『売れ筋モデルのストック』の意味合いの方が強いという話を前回しました。

 

※在庫車は売れ残りじゃない

在庫車とは売れ残りなの?抱える理由とメリット・デメリット

 

ただし、在庫車の中には、メーカーから押しつけられて持つ在庫車などもあるそうなんです。

 

なので、『在庫車の種類』と『在庫車を購入する時の商談のポイント』についてお話ししますね。

 

 

在庫車のなかには、メーカーから持たせられる“押し込み”もある

最近の在庫車は、各販売店が売れるだろというグレードやボディーカラーを自ら仕入れてストックする“見込みオーダー”が多いです。

 

けれど、在庫車の中には、これ以外の種類のものもあるんです。

 

 

その一つが『押し込み』といわれるもの。

 

押し込みとは、メーカーが決めたグレードやボディカラーなどの仕様などを、一方的に在庫車として持たせることです。

 

また、ここまであからさま押し込みではないものの、メーカー側が売れ筋の特別仕様車などを多く生産することで、ディーラーや販売店側は、ストックとして持つ車を選べることなく、半ば仕様を決められたような感じになってしまうこともあるようです。

 

メーカーがこのようなことをする理由は、生産台数が多くなれば、1台当たりの製造コストが安くなるからなんです。

 

 

ただし、ディーラーや販売店側は、在庫車を持つと、メーカーに代金を支払う必要がありますし、管理コストもかかってしまいます。

 

なので「早く売りさばきたい」という心情が働くので、値引きが拡大したり、自社登録してオークションに流してしまうことも多いんです。

 

 

在庫車の種類としては、販売店が大量に仕入れた結果、売れ残ってしまう『売れ残り在庫車』も存在します。

 

これは、軽自動車やコンパクトカーに多いのですが、モデルチェンジ前に大量の在庫を抱え込み、その結果、売れ残ってしまうことがあるんです。

 

というのも、軽自動車やコンパクトカーの場合、モデルチェンジをするのが分かっていても、「安い方がいい」というお客も多いためなんです。

 

そのため、モデルチェンジ後には、“ワケあり特価車”として販売したり、「実はモデルチェンジ前の車ですが、お安い車が…」という感じで販売したりします。

 

 

そして、在庫車の種類には、長期在庫となってしまった『完切れ車』も存在します。

 

車は、メーカーの生産ラインで作られ検査も終わってラインオフすると、“完成検査終了証”が発行されます。

 

この完成検査修了証があれば、新車を登録するとき(ナンバーをもらうとき)に、実車を持ち込む必要なく、書類だけで手続きを終わらせることができます。

 

けれど、完成検査修了証は有効期限が9ヶ月なので、9ヶ月以上の長期在庫となってしまった車の場合は、登録の際に車を陸運局に持ち込まなくてはいけなくなるんです。

 

そのため、登録手続き代行費用が、高くなってしまうことがあるんです。

 

 

営業マンがオススメしてくる車は在庫車

ディーラーなど販売店に行くと、営業マンが

 

「この車種のオススメのグレードは〇〇です」

「このボディカラーがオススメですよ」

 

など積極的にすすめてくることがあります。

 

また、「この予算でこのグレードを考えています」と伝えても、「予算を少し超えてしまいますが、こちらのグレードの方がオススメです」といってくることもあります。

 

このように、営業マンがすすめてくる車は、ほぼ間違いなく在庫車です。

 

 

また、オススメを聞いたときにすすめてくる仕様の車も、在庫車の可能性があるんです。

 

 

これを知っていると、交渉のときに優位に運びやすいんですよ。

 

 

在庫車を購入するときは、「予算内に収まるように」がポイント

では、在庫車を購入する時のポイントですが、まず、営業マンがオススメしてきた車が予算オーバーしていた場合は、

 

予算内にしてくれるなら、この車にします

 

というと、比較的簡単に値引きを拡大することができますよ。

 

 

また、在庫車を持つことが少ないトヨタ車を購入する場合は、「ライバル車よりも納期が長いですね。納期が長くても待ちますので、もう少し安くしてください」と、好条件を引き出すための材料としても使うことができます。

 

※トヨタ系の販売店は、在庫を持たない代わりに、納期が長くなりやすいです

 

 

“ワケあり特価車”を購入する場合は、すでに値引き額が書かれている場合は、それ以上、大幅な好条件を引き出すのは少し難しいです。

 

けれど、数万円の値引きなどは可能なので、オプション値引きのアップや下取り査定の上乗せなどをメインに交渉するといいですよ。

 

 

ちなみに、納車までに時間がかかるといっていたのに、営業マンが「納期が早く、もっと値引きができる車がありました。オススメですよ」といってくることがあります。けれど、このような車は、“完切れ車”の可能性があります。

 

完切れ車は持ち込み登録となるので、登録代行費用などが高くなります。見積書を見て、登録代行費用が高くなっていたら完切れ車なので、しっかり確認するようにしてください。

 

 

このように、在庫車にも色々な種類があるですよ。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧