車 竜巻 避難方法

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車の運転中に竜巻から自分の身を守る避難方法

 

車を運転している時に、地震やゲリラ豪雨、竜巻などに巻き込まれることがあります。

 

では、もし車を運転しているときに竜巻にあったら、どのように対応すれば自分の身を守ることができるのでしょうか?

 

車の運転中に竜巻から自分の身を守る避難方法』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回までに、高速道路の逆走車や地震、冠水路に出会ったときの対処法についてお話ししました。

 

興味のある方は、こちらからご覧ください。

高速道路で逆走車に出会った時、どのように対応すれば身を守れる?

 

一般道で車の運転中、地震に遭遇したときの対処法

 

車で高速道路を走行中、大地震にあったときの対処法

 

車で冠水路に出会ったらどうすればいい?どこまで走行できる?

 

 

日本でも竜巻は25件/年も起こっている

日本では、竜巻はあまりなじみがないように感じる人も多いと思います。

 

けれど、日本でも意外とたくさん発生していて、毎年、平均25個程度も発生し甚大な被害をもたらしているんです。

 

気象庁によると、1月~5月は発生件数は少なく、9月、10月は一年のうちで最も発生件数が多くなっていますが、それでも、基本的にどの月にも竜巻の発生は確認されています(ただ、気温の高い夏場に発生することが多いです)。

 

しかも、全国各地で発生しているんです。

 

 

発達した積乱雲に伴って発生する竜巻は、とても早いスピードで移動するという特徴があり、90km/hという早さで移動したものもあるんです。

 

なので、竜巻を目撃したら、ただちに避難することが、身を守るためには大切なんですよ。

 

ここで、竜巻の規模を示すスケールを紹介しますね。

 

竜巻の規模を示す藤田(F)スケール
スケール 風速 現象
F0 17~32m/s(約15秒間の平均) テレビのアンテナなどの弱い構造物が倒れる。小枝が折れ、根の浅い木が傾くこともある。非住家が壊れるかもしれない。
F1 33~49m/s(約10秒間の平均) 屋根瓦が飛び、ガラス窓が割れる。ビニールハウスの被害甚大。根の弱い木は倒れ、強い木は幹が折れたりする。走っている自動車が横風を受けると、道から吹き落される。
F2 50~69m/s(約7秒間の平均) 住家の屋根がはぎとられ弱い住家は倒壊する。大木が倒れたり、ねじ切られる。自動車が道から吹き飛ばされ、汽車が脱線することもある。
F3 70~92m/s(約5秒間の平均) 壁が押し倒され住家が倒壊する。非住家はバラバラになって飛散し、鉄骨づくりでもつぶれる。汽車は転覆し、自動車は持ち上げられて飛ばされる。森林の大木でも、大半が折れるか倒れるかし、引き抜かれることもある。
F4 93~116m/s(約4秒間の平均) 住家がバラバラになって辺りに飛散し、弱い住家は跡形なく吹き飛ばされてしまう。鉄骨づくりでもペシャンコ。列車が吹き飛ばされ、自動車は何十メートルも空中飛行する。1トン以上ある物体が降ってきて、危険この上もない。
F5 117~142m/s(約3秒間の平均) 住家は跡形もなく吹き飛ばされるし、立木の皮がはぎとられてしまったりする。自動車、列車などが持ち上げられて飛行し、とんでもないところまで飛ばされる。数トンもある物体がどこからもなく降ってくる。

(引用元:ベストカー)

 

 

竜巻が近付いてきたら頑丈な建物へ避難

竜巻は、被害の長さが数kmになるけれど、幅は数十m~数百mと限定された範囲に被害が集中します。

 

「じゃあ、進行方向から横に逃げればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、竜巻は横方向にまがったり、蛇行したりすることもあります。

 

そのため、気象庁が推奨している避難方法は、『竜巻が近付いてきたらいち早く車から降りて、コンクリート製の頑丈な建物の陰に身を隠す』としています。

 

F1レベルの竜巻でも車は吹き飛ばされてしまう可能性があるので、竜巻を見たら、すばやく避難してくださいね。

 

 

ちなみに、

1.真っ黒い雲が近付き、周囲が暗くなる

2.雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする

3.ヒヤッとした冷たい風が吹き出す

4.大粒の雨や雹がが降り出す

(引用元:ベストカー)

は、「発達した積乱雲が近付く兆し=竜巻が発生する可能性がある」ということなので、これらを見たら、早めに避難を開始してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧