車 冠水 走行

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車で冠水路に出会ったらどうすればいい?どこまで走行できる?

 

近年増えているゲリラ豪雨や集中豪雨。

 

あっという間に水がたまり、気がついたら冠水路になっているということもあります。

 

では、もし車を運転しているときにゲリラ豪雨にあって水が溜まり始めたら、どうすればいいのでしょうか?また、冠水路が目の前にあった場合、通り抜けすることはできるのでしょうか?

 

冠水路に出会ったらどうすればいい?』、『どこまでの水深までなら走行できる?』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回までに、高速道路で逆走車に出会った場合や、車を運転中に地震にあった場合の対処法についてお話ししました。

 

興味のある方は、こちらからご覧ください。

高速道路で逆走車に出会った時、どのように対応すれば身を守れる?

 

一般道で車の運転中、地震に遭遇したときの対処法

 

車で高速道路を走行中、大地震にあったときの対処法

 

 

冠水路に出会ったら、引き返すのが一番

車は、ある程度、冠水や浸水に耐えれるように作られていますが、一般的に走行可能と言われる水深は、ドアの下端までです。

 

なので、ゲリラ豪雨や集中豪雨のときは、冠水しているところを走るのは要注意です。

 

予想以上の深さになっていることもあるため、立体交差道路やガード下などの冠水しているところは、ゲリラ豪雨や集中豪雨のときは絶対に入らずに、引き返すのが一番の対処法です。

 

 

もし、冠水路に入ってしまったら、まずは落ち着いてください。そして、すぐに車を止めて避難口を確保し、エンジンを停止させます。その上で避難経路を考えます。

 

車から出る時は、水深を探りながら足をつき、進行方向とは逆の方に歩いて避難します。

 

このとき、マンホールのふたが外れていたり、側溝があったりする可能性もあるので、一歩一歩、道路の様子を確認しながら歩いてくださいね。

 

浸水してしまった愛車はその場に放置し、放置してることをJAFなどに連絡しておきましょう。

 

水が引いた後、いきなりエンジンをかけると車が壊れたり、感電したりする可能性がありますので、エンジンはかけずに販売店や修理工場などで見てもらうようにしてくださいね。

 

 

ちなみに、万が一、ドアが開かなくなったりした場合、窓を割ってでも脱出口を確保する必要があります。

 

JAFのテストでは、脱出用ハンマー以外ではドアを割ることはできませんでした。(スマートフォンやキー、ヘッドレスト、傘などでは割れなかった)

 

なので、もしものために、脱出用ハンマーを車内に常備しておくといいですよ。

 

 

水深30cmなら走行可能

では、どのくらいの水の深さなら車は走行できるのでしょうか?

 

JAFのテスト結果によると、下の表のように水深30cmならセダンもSUVも走りきることができました。

 

水深60cmになると、セダンは走りきることができませんでした。けれど、SUVは、進入速度10km/hでは走りきることができました。(30km/hでは走りきることができませんでした)

 

■水深30cmと60cmのテスト結果(走行距離30m)

水深 車種 速度 走行の可否
30cm セダン 10km/h
SUV 10km/h
セダン 30km/h
SUV 30km/h

 

水深 車種 速度 走行の可否
60cm セダン 10km/h × ※1
SUV 10km/h
セダン 30km/h ―(テストせず)
SUV 30km/h × ※2

※1=登りスロープに差しかかる31m地点でエンジンが停止

※2=下りきり、平坦路に入った10m地点でエンジンが停止

(引用元:ベストカー)

 

 

この結果から、低速を心がけた方が、走りきることができる可能性があることが分かりました。

 

 

ドアを開けれるのは水深cmまで?

次に、水没したときに、水深何cmまでならドアを開けることができるかのテストです。

 

テストした車はセダンとミニバンで、セダンは運転席ドア、ミニバンは後席のスライドドアを開けるテストしました。

 

その結果は、以下のようになりました。(水深は、30cm、60cm、90cm、120cmでテスト)

 

車両 車の状態 水深
30cm 60cm 90cm 120cm
セダン(前席ドア) 後輪が浮いている × × ×
完全に水没 △24
ミニバン(スライドドア) 後輪が浮いている × ×
完全に水没 △55 △58 △40

セダンはカローラ、ミニバンはノアがテスト車両

○=すぐに開けられた

△=なんとか開けられた(数字は開けるのに要した秒数)

×=開けられなかった

(引用元:ベストカー)

 

 

セダンは60cmから後輪が浮き始め、ミニバンは90cmから後輪が浮き始めました。

 

結果をみると、スライドドアの方が開けずらいことが分かり、両方とも後輪が浮いた状態では開けることができないということが分かりました。

 

 

 

このように比較的浅い水深でも車は止まってしまいますし、ドアも開けることができなくなります。

 

なので、「この程度の水なら大丈夫だろう」と考えず、冠水している道路は走行しないようにしてくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧