新型 コンパクトクロスオーバーSUV トヨタ

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


新型コンパクトクロスオーバーSUVも登場|2016年後半のトヨタ新型車情報

 

4代目の新型プリウスを2015年12月に発売するなど、ぞくぞくと新型車を出しているトヨタ自動車。

 

2016年は、パッソのフルモデルチェンジを始め、新型コンパクトクロスオーバーSUVの発売を予定しています。

 

そんなトヨタの2016年の新型車情報を、カー雑誌が特集していましたので前回から紹介しています。

 

今回は続きとして、2016年後半のトヨタの新型車情報を紹介しますね。

 

※2016年前半のトヨタの新型車情報はこちら

トヨタ新型車情報2016。エスティマのマイナーチェンジの予定も

 

 

2016年中盤のトヨタの新型車

2016年中盤にビックマイナーチェンジを予定しているのは、プレミオ/アリオンです。

 

プレミオ/アリオンは、現行型が登場してすでに9年近くが経っていますが、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジで乗り切る予定のようです。

 

ただ、ドア以外のボディパネルは、大半が新設計され、フロントマスクは最近のトヨタ車の顔となっている口が大きなフロントグリルになる予定です。

 

安全装備も、トヨタ・セーフティセンスCが採用されます。

 

 

2016年10月のトヨタの新型車

2016年10月には、新型コンパクトトール2ボックスカーがデビューします。

 

背が高く、両側スライドドアを採用し、車内は2列シートの5人乗り。多彩なシートアレンジと広さはソリオを上回る。パワートレーンは新開発1000cc・3気筒のダウンサイジングターボを搭載。トランスミッションはCVTで2WD、4WDを設定。エンジンは直噴低速アイドリングストップ機構を採用する。将来的には1500ccハイブリッドも設定する可能性がある。トヨタ全系列店扱いで月販1万台規模を目指す戦略モデルの構築を目指す。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、新型コンパクトトール2ボックスが、登場する予定になっているんです。

 

この新型車のライバル車は、スズキ・ソリオになります。

 

 

また、2016年10月は、トヨタ・86がマイナーチェンジする予定もあります。

 

足周りとエンジンの強化、新カラーリング、新デザインのアルミホイールの採用が行われます。

 

 

2016年11月のトヨタの新型車

11月は、プリウスPHVがビッグマイナーチェンジします。

 

プリウスは2015年12月にフルモデルチェンジしますが、プリウスPHVはマイナーチェンジとなるようです。

 

パワートレーンは、現行車はEV走行可能距離は26.4kmですが、マイナーチェンジ後はアウトランダーPHEVなみの60kmまで延びる予定です。

 

それでいて、車両本体価格のアップは、10万円以内で収める見込みです。

 

 

2016年12月のトヨタの新型車

2016年12月には、新型コンパクトクロスオーバーSUVが発売されます。

 

ライバル車は、ホンダ・ヴェゼルです。

 

スタイリッシュな5ドア2ボックスレイアウトを採用。パワートレーンは1500ccのガソリンと同ハイブリッドを搭載。駆動方式は両パワーユニットとも2WD、4WDを設定。こちらも全トヨタ系列店扱いであり、月販1万台規模の計画となる見込み。これによってSUVのトップブランド奪還を目指す。

(引用元:ザ・マイカー)

 

トヨタは、このような新型コンパクトクロスオーバーSUVを発売するします。

 

 

生産終了モデル

トヨタは、2016年に8モデルを生産終了させる予定です。

 

その車種は、ラクティス、RAV4、カローラ―ルミオン、イスト、bB、iQ,FJクルーザー、ウィッシュです。

 

さらみ、アイシスも生産終了する可能性もあります。

 

一気に8車種も生産終了させて大丈夫なのかと心配になりますが、新型2車種の月販台数が1万台以上となれば、国内総販売台数は大幅に増えるため大丈夫なんですよ。

 

 

2016年前半のトヨタの新型車情報は、このようになっています。

 

新型車が登場することは、とてもワクワクしますね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車ニュース トヨタ車ニュース

この記事に関連する記事一覧