車 車両感覚 つかむ

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


車の大きさや間隔など、車両感覚をつかむコツ。道路の白線を利用しよう

 

車の運転をするとき、自分の車の車幅やノーズ(車の先端)、テール(車の後端)がどのくらいなのか、感覚的に分かるようになることは大切です。

 

車の車両感覚を覚えておけば、ギリギリまで寄せることができたり、車間距離をとったりということが簡単にできるようになり、いざというときも慌てることなく運転できるからです。

 

そこで、『車の車両感覚をつかむ方法』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、正しい運転姿勢やミラーの合わせ方、ブレーキ操作のポイントなどについては、こちらを参考にしてください。

 

※安全運転のためには大切なポイントです

車の正しい運転姿勢。ハンドルやシートの高さ、背もたれの合わせ方

 

車のドアミラー・ルームミラーの合わせ方。正しい位置はどこ?

 

車のハンドル操作の基本。コツは正しい持ち方と腕の動かし方

 

正しい車のブレーキ操作や足のポジション。安全運転には必須です

 

 

道路の白線を利用して車両感覚を覚えよう

車両感覚とは、車の前後左右の距離を、感覚的にどのくらいとらえられているかということです。

 

自分の車の車両感覚をつかむことができていれば、狭い道でのすれ違いや駐車が上手にできるようになりますよ。

 

 

比較的大きな道路には、中央線や道路外側線(左側の白い実線)があります。

 

道路の中央線や道路外側線を利用することで、自分の愛車が、道路のどの辺りを走っているのかある程度分かるんです。

 

運転席に座った状態で「フロントウィンド下端の中央」に道路外側線(左側の白い実線)がくるようにすると、左前タイヤが左側の実線の上くらいになります。

 

また、走行中に、左右のドアミラーで左の白線&右の中央線を確認し、その次にボンネット越しに見える左の白線とドアミラーの中央線を見るというのを繰り返し行うことで、どっち寄りで走っているかも分かりますよ。

 

 

このほかにも、車両感覚をつかむポイントは、以下のようにいくつかあります。

 

1.右前ウインドウの角に停止線を合わせると、ボンネットの先端が停止線にぴったり合います(車両によって多少誤差がありますので、自分の車で確認してください)

 

2.左のドアミラーを下向きにすれば、左のリヤタイヤの位置が分かりやくなります。左の白線との間にタイヤ2つぶんくらいの幅があれば、0.4mくらいの間隔があります。

 

3.バックミラーで後ろの車を見たとき、後ろの車のヘッドランプがちょうど見えなくなったくらいの位置だと、車間距離は1mくらいあります。

 

4.ドアミラーの上下を合わせるとき、下側2分の1強に地面がうつるようにすると、右後方の車や障害物のと距離が分かりやすくなります。

 

 

車両感覚をつかむポイントを覚えて、運転に役立ててくださいね。

 

 

車の左側の車両感覚をつかむ練習

車両感覚のなかで、左側が一番難しいです。

 

そこで、車の左側の車両感覚を覚える練習法を紹介しますね。

 

 

道路の左側の白線から、(車のボディの左側が)50cm離れた位置に車を止める練習です。

 

最初は1mくらい離れているところに止めることから練習し、80cm、50cmと徐々に近づけていきます。

 

先ほど、フロントガラスの中央に道路の左側の白線を合わせると、左側のタイヤが白線の上にくるとお話ししました。

 

この要領で、フロントガラスの中央から10~15cm左に道路の左側の白線を合わせると、車のボディの左側と白線の間が50cmくらいになりますよ。

 

この練習方法を行って、左側の車両感覚を覚えてくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

運転技術の上達

この記事に関連する記事一覧