犬 ドライブ 運転

ご当地車買取専門店+出張査定額の高い店@カー部

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


愛犬とのドライブのポイント。熱中症と“急”のつく運転に気をつけよう

 

近年は、子供の数よりも犬猫の数の方が多いといわれれるほどペットの数が多くなり、それにともない、愛犬といっしょにドライブをする人も多くなりました。

 

けれど、愛犬とのドライブするときは、いろいろ気をつけてあげないと酔わせてしまったり、怪我をさせてしまったりする可能性があります。

 

そこで、『愛犬とドライブするときのポイント』についてお話ししますね。

 

今回は、

 

・“急”がつく運転は、愛犬が酔ってしまう(=吐いてしまう)ことに

・犬は人よりもかなり暑がりなので、熱中症に気をつけて

 

についてです。

 

 

“急”がつく運転は、愛犬が酔ってしまう(=吐いてしまう)ことに

あなたは、運転する時に“急アクセル”、“急ブレーキ”、“急カーブ”をしていませんか?

 

犬も人間と同じように、急ブレーキなどをすると酔ってしまい、ときには吐いてしまうこともあります。

 

人も犬も車酔いは、車特有の揺れや振動と目から入る情報のズレにより、自律神経が乱れて起こってしまいます。犬用の酔い止めもありますが、効果は限定的ですし、飲みたがらない犬もいます。

 

なので、犬を酔わせない(酔って吐かせない)ためには、急発進、急ブレーキ、急ブレーキはせずにスムーズな運転を行うようにしてくださいね。

 

 

ちなみに、犬は空腹だと酔いやすくなります。

 

ドライブの2時間くらい前にご飯を食べさせておくと、酔いにくくなりますよ。(ドライブ直前に食べさせると吐きやすくなってしまうので、2時間くらい前に食べさせてくださいね)

 

 

犬は人よりもかなり暑がりなので、熱中症に気をつけて

犬は、

 

・体毛により体温がこもりやすい

・体温を下げるための汗をかく部分が肉球にしかない

・体温が上がると早く呼吸をして体温を下げようとするが下がりにくい

 

 

ということから体温が下がりにくく、暑さにも弱いので熱中症になりやすいです。

 

犬の平均体温は37.5℃~39.0℃(小型犬の方が低めです)です。

 

体温が41.0℃~42.0℃になると死亡する可能性があるので、飼い主さんは特に注意する必要があるんです。

 

 

愛犬とドライブする時は、車内の温度や日差しに注意してください。

 

犬にとっては、車内の温度は少し低いくらいが過ごしやすいです。

 

特に、後席や荷室に愛犬のスペースがある場合は、前席よりも温度が下がりにくいので、少し強めにエアコンを効かせてくださいね。

 

後席や荷室にケージを置き愛犬を入れている場合は、直射日光が当らないようにし、空気の循環も良くしてくださいね。

 

 

ちなみに、犬が熱中症になると以下のような症状が出ます。

 

・呼吸が荒くなる

・舌を出して荒い呼吸をする

・よだれをたくさん出す

・目や口内粘液の充血

・ぐったりしている

・おしっこを漏らす

・ふらついて倒れる

・嘔吐、下痢

 

また、さらに熱中症の症状がひどくなると以下のような症状も出てきます。

 

・けいれん

・意識がなくなる

・虚脱

・失神

・吐血

・血尿

・血便

・チアノーゼ

・ショック症状⇒死亡

 

 

もし、愛犬が熱中症になってしまったら、以下のような応急処置をして、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

 

《意識がある場合》

1.涼しい場所に移動する

2.(水を飲むことができるなら)ゆっくり水を飲ませる

3.濡らしたタオルをわきの下や内またの付け根、首筋に掛ける

4.体全体に水をかける(このとき、水が嫌いな犬はいきなりかけないようにしてください。ショック死する可能性があります。また、冷たすぎる水もNGです)

5.体温が39℃くらいになったら動物病院へ

 

《意識がない場合》

意識がある場合と同じ処置をしながら、すぐに動物病院へ連れて行ってください。

 

 

犬は、暑さに弱く、熱中症になりやすいです。

 

愛犬とドライブをするときは、熱中症にならないように気をつけてあげてくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


 

タグ :  

車のマメ知識

この記事に関連する記事一覧