軽自動車を、2016年年末商戦でお得に購入するコツ。12月第2週を契約日に

目安時間:約 7分

年末が近くなり、自動車販売業界でも年末商戦がスタートしましたが、2016年の年末商戦は例年ほど盛り上がっていません。

 

だからこそ、2016年の年末商戦は、商談で好条件が出やすいタイミングとなっています。

 

そこでこれまでに、新型車・予約車と納期安定モデル、熟成モデルの「車種別、年末商戦で好条件を獲得するポイント」についてお話ししました。

 

今回は『軽自動車の2016年年末商戦のポイント』についてお話ししますね。

 

 

これまでにお話ししたモデルの、2016年の年末商戦のポイントについてはこちらをご覧ください。

 

※新型車は、オプション値引きや下取り査定額のアップを狙おう

新型車・予約車の2016年年末商戦の攻略法。商談は早めに動こう

 

※納期安定車は、年内登録&年内納車を大前提に

納期安定車の2016年年末商戦の攻略法。年内納車を基本に商談を

 

※熟成モデルは、年内納車ありきで商談を

熟成モデルの2016年年末商戦で好条件を獲得するポイント

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

軽自動車の2016年年末商戦のポイント|12月第2週を契約日に設定

軽自動車は、年末商戦の主役といえる存在です。

 

登録車(軽自動車の規格より大きなクルマ)に比べて、軽自動車は、在庫車販売が当たり前となっています。

 

購入ユーザーも、個々の車種にあまり思い入れがないので、「デザインやボディカラーが気に入り、予算内に収まって、納車が早ければ何でもいい」という人も多いです。

 

 

なので軽自動車の商談では、値引き交渉でも登録車のような駆け引きはありません。

 

もともとの車両本体値引きの余力も少ないので、オプション値引きや無料サービスを交渉しながら、予算内に収めるような商談になります。

 

 

軽自動車は、登録車に比べるとナンバーを取得するまでの期間が短いので、年末ぎりぎりに商談するのが有効です。

 

12月に入ってから短期決戦で大幅値引きを獲得してください。

 

ただ、いくら軽自動車はナンバー取得にかかる期間が短いからといっても、ある程度の時間は必要です。

 

なので、12月第2週の週末イベントくらいが最後の好条件獲得の狙い日なので、この契約日に設定して進めるといいですよ。

 

 

軽自動車の商談ではあまり欲張らない

軽自動車の年末商戦は、車両本体値引きよりも、オプション値引きや無料サービスなど、どんな特典があるか注目した方がいいです。

 

けれど、条件アップのために、あれこれ欲張るのはNG。

 

短期決戦で時間との戦いなので、営業マンも「これをクリアすれば注文が取れる」という、先の見えやすい商談を好みます。

 

なので、“一点突破”で商談に臨んでください。

 

 

ただ、あまり購入意思が固まってない状態で、勢いで買うのは良くありません。

 

ダイハツ、スズキ、マツダなどは、正月三が日から初売りを行います。

 

この初売りでも好条件で購入できるので、年末商戦で購入意思が決定できなければ、初売りセールを狙うのもいいですよ。

 

 

ホンダ・Nボックスやスズキの動きに注目

2016年の年末商戦で注目すべき車種は、ホンダ・Nボックスです。

 

ホンダはブランド単位ではトップに立てないので、車種別で年間トップを狙っています。

 

ダイハツ・タントとの販売No.1争いに加えて、ホンダは年間販売台数の達成に向けて最後の上積みを狙ってきます。

 

なので、従来よりも、好条件が出やすくなっているんです。

 

 

また、スズキの動きにも注目なんです。

 

全軽自協の販売統計を見ると、2016暦年締めでのブランド別軽自動車販売台数No.1は、ダイハツにほぼ決定した。スズキはこのところ登録車の販売を重視しており、軽自動車での販売ランキング争いにはそれほど積極的ではない。といっても試合放棄をしているわけではない。今年はワゴンRが年明けのフルモデルチェンジを控えており(つまり末期モデル)好条件が期待できる。スペーシアはタントとNボックスの争いに巻き込まれるのは必至。スズキだけでなく、スズキからOEM供給を受けているマツダの動きにも注目だ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、軽自動車の年末商戦は、いろいろと好条件が出やすい条件となっているんです。

 

 

軽自動車は12月第2週を契約日に設定し、短期決戦で商談を行って、お得に購入してください。

 

軽自動車五箇条

 

一.タント&Nボックスのバトルに注目

二.12月第2週に契約する計画を立てる

三.スズキの動きにも注目しておく

四.好条件が期待できるのはマツダの軽自動車

五.日産も動きを活発化してきそう

(引用元:ザ・マイカー)

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ