2017年の年度末商戦の対策と予定。新型車や人気車の購入は早めに行動を

目安時間:約 6分

2017年もスタートし、年度末商戦(2月、3月)が近くなって自動車販売業界に活気が出てきました。

 

一年のなかで年度末商戦は、最も好条件で新車を購入することができる時期です。

 

ですが、何の準備をしないでディーラーを訪れても、好条件を引き出すことはできません。

 

そこでこれまでに、2017年の年度末商戦で好条件を引き出して、お得に購入するための傾向と対策についてお話ししています。

 

※車両本体価格は、年間を通じて大きな変化はありません。けれど…

2017年の年度末商戦でお得に新車を購入する対策。値引き支援がポイント

 

※値引きアップのキーマンは、ホンダ車にあり

2017年の年度末商戦の傾向。ホンダ車を絡めて値引きアップを狙おう

 

今回は、『2017年の年度末商戦で好条件を引き出す対策』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

2017年の年度末商戦で、登録車の購入を考えている人は、早めに動こう

2017年の年度末商戦で、登録車(軽自動車より大きい規格の車のこと。普通車)の新型車や人気車の購入を考えている人は、1月から動き出すことが大切です。

 

 

どのメーカーも、新型車の納車が、契約月内になることはまずありません。

 

けれど販売現場は、契約月ない登録&納車が大原則なので、これにあわせて販促スケジュールが組まれます。

 

 

最近は、新型車や人気車をはじめ、多くの車種で納期遅延が起こっています。

 

すでに2016年度内納車が絶望的な車種も多いです。

 

特にトヨタ車は、納車に時間がかかります。

 

年度末商戦が本格的になる2月に契約すると、納期がさらに遅くなってしまう可能性も高いです。

 

なので、新型車や人気車の購入を予定している人は、1日でも早く動き始めたほうがいいんです。

 

 

また、比較的に納期が早い登録車をはじめ、全般的に登録車は納期が遅くなっている傾向があります。

 

それを踏まえて、納期の早い登録車は、2月の2週目の土・日曜日までに契約すれば、年度内納車が可能=好条件が出やすいですよ。

 

 

軽自動車の購入を考えている人は、3月に入ってから短期決戦で勝負

上でお話しした通り、登録車は2月上旬までに契約したほうが好条件が出やすいです。

 

けれど、軽自動車は、3月に入ってから短期決戦で契約まで持ち込んだほうがいいんです。

 

軽自動車は各販売店が持っている在庫車の販売促進がメイン。そのため、登録車に比べギリギリのタイミングで追い込むように値引きアップさせたほうが、効率的に好条件を獲得することができる

 

本誌がおすすめする軽自動車の購入Xデーはズバリ、3月11・12日。軽自動車は車庫証明が必要な地域も、ナンバー取得後の事後申請なので、ナンバー取得についても登録車ほどは期間を要しない。それでも、春分の日までにはメドを付けたいのが一般的な販売店の動きだから、11・12日がXデーとしてふさわしいのだ。

 

それ以上ズレこませると、軽自動車は自社届け出車両を未使用中古車として通流させて販売実績の”帳尻合わせ”が始まる。そうなると、値引き条件拡大の停滞が予想できる。

(引用元:ベストカー)

 

このように、軽自動車は、納車にかかる時間が短い&在庫車の販売がメインなので、ギリギリ(3月上旬)に商談を行ったほうが好条件を引き出しやすいんです。

 

軽自動車の販売に熱心な販売店は、3月に入ってからも活発な販促活動を行うことが多いです。

 

軽自動車の購入を考えている人は、2月までに購入希望車種や予算を決め、3月に入ったら短期集中の商談を行って好条件を引き出してくださいね。

 

 

年度末商戦は、OEM車の特価セールも注目

年度末商戦は、OEM車の特価セールにも注目です。

 

OEM車とは、「他社製品を自分のブランドとして販売すること」で、例えばスズキ・エブリイワゴンは、多くの自動車メーカーにOEM供給され、

 

・NV100クリッパー(日産)

・スクラムワゴン(マツダ)

・タウンボックス(三菱)

 

としても販売されています。

 

 

OEM車の生産は、販売状況に関係なく、決められた割り当て台数が維持され、相手先のメーカーに供給されます。

 

なので、四半期決算月など節目のときに、”棚卸しセール”的な驚くほどの値引きをした特価車が設定されることがあるんです。

 

安く車を購入したい人は、OEM車を狙ってみるのもいいかもですよ。

 

 

上手にスケジュールを組んで、年度末商戦ではお得に新車を購入してくださいね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ