年度末商戦で好条件を引き出す商談の進め方。短期商談が必須です

目安時間:約 7分

一年のうちで最も好条件で新車を購入できる年度末商戦(2月、3月)が近くなり、自動車販売業界に活気が出てきました。

 

ですが、なんの準備もしないでディーラーを訪れても、好条件を引き出すことはできません。

 

そこでこれまでに、年度末商戦で好条件を引き出して、お得に新車を購入するための傾向と対策についてお話ししました。

 

※車両本体価格は、年間を通じて大きな変化はありません。けれど…

2017年の年度末商戦でお得に新車を購入する対策。値引き支援がポイント

 

※値引きアップのキーマンは、ホンダ車にあり

2017年の年度末商戦の傾向。ホンダ車を絡めて値引きアップを狙おう

 

※軽自動車の新車を購入する人は3月に入ってから商談を始めよう

2017年の年度末商戦の対策と予定。新型車や人気車の購入は早めに行動を

 

今回も続きとして、『2017年の年度末商戦で好条件を引き出す商談の進め方』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

年度末商戦では、新型車と競合して好条件を引き出そう

2017年の年度末商戦では、

 

・ミニバンではセレナ(日産)

・コンパクトSUVではC-HR(トヨタ)

・コンパクトカーではノート(日産)、ヴィッツ(トヨタ)、スイフト(スズキ)

・軽自動車ではワゴンR(スズキ)

 

と各クラスで人気車種の新型車が登場しています。

 

けれど、デビュー直後の新型車とはいえど、値引きなしにできる強気のモデルはほとんどありません。

 

そこで、これら新型車と競合させることが、年度末商戦で好条件を引き出すポイントになるんです。

 

例えば「C-HRが気になったから」と新車購入の検討を始めたように話を振れば、C-HR以外のライバル車の商談でも営業マンと話が弾むだろう。つまり、新型車で掴みはOKなのだ。

 

ーー(中略)ーー

 

新型車の商談に際しては、ライバル車の納期の早さや値引き条件の良さを強調しよう。逆にライバル車との商談では「納期に時間がかかっても思ったほどでもなく、値引き条件も意外なほど好条件」と話を振れば商談も効率的に進むはずである。

 

また、本来は年度末商戦期ではないが、1月から動き出せば「今契約すれば納期は大きくずれこまないと、新型車の営業マンから契約を催促されている」とライバル販売店へのプレッシャー効果も高まり、好条件も出やすくなる。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、新型車と絡めることが、大幅値引きなど好条件を引き出すポイントになってくるんです。

 

 

新型車が登場するとライバル販売店は焦るかと思いきや、実は相乗効果での販売促進を狙っているんです。

 

営業マンも、お客の購入意欲を判断するバロメーターにもなるので、ライバル車の存在は喜ばれているんですよ。

 

 

年度末商戦など増販期では、短期商談は必須

年度末商戦や9月の半期決算セールなどの増販期は、販売側の事情によるものなので、“買い手市場”といえる時期です。

 

なので、年度末商戦は、「一年のうちで最もお買い得なシーズン」というのは多くのユーザーにとって当たり前となっていて、新車購入希望者(=ライバル)の数もとても多いです。

 

ディーラーの営業マンは、一人でも多くお客と商談を行い、過酷な販売ノルマをクリアしようとします。

 

そのため、結論が早そうなお客から好条件を提示して受注を獲得し、ダラダラと商談を引き延ばす客は後回しにされてしまう(=好条件を獲得できない)んです。

 

年度末商戦などの増販期で好条件を引き出したいなら、“商談は短期決戦が必須”なんですよ。

 

 

短期決戦を行う場合は、駆け引きなどはあまりしなことが大切です。

 

あらかじめ購入希望車種を絞り込み、購入予算もしっかり設定して、値引き競合はシンプルにしてください。

 

そのためには、あらかじめインターネットなどで車種の絞り込みや情報収集をしてください。

 

また、自動車メーカーのウェブサイトで購入予算の試算を行い、これを参考にして多少無理な予算を設定してくださいね。

 

 

ただし、焦って契約するのはNGです。

 

営業マンに「必ず買う客だ」と足元を見られないように、近くのディーラーの情報収集もしっかり行ってくださいね。

 

 

年度末商戦中の販促キャンペーンは客寄せパンダ

年度末商戦中は、さまざまな販促キャンペーンが行われます。

 

車両本体値引きは一年を通してあまり変わりませんが、年度末商戦期などの増販期は、オプション値引きや下取り査定額のアップが行われ、総額で好条件が期待できます。

 

販促キャンペーンのなかには、「カーナビ無料サービス」など、魅力的なサービスが展開されていることも多いです。

 

けれど、このキャンペーンを後ろ盾として「カーナビを無料でつけるかわりに、値引きはあまりできないんです」と、値引き抑制ツールとして使ってくる営業マンもいるんです。

 

このようなときは、「カーナビはカー用品で買うのでいりません。その分、値引きしてください」と上手にけん制するといいですよ。

 

 

年度末商戦は、新車をお得に購入できるチャンスです。

 

商談前にしっかり準備をして、商談では好条件を引き出してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ