完全自動運転の車はいつ登場する?レベル3でもハードルが高い

目安時間:約 6分

車の進化は目覚ましいものがあり、毎年、新技術がどんどん発表されます。

 

車の自動運転の技術も、日々、進化しています。

 

では、完全自動運転の車は、いつか登場するのでしょうか?また、登場するとしたら、どのくらいになるのでしょうか?

 

2人の専門家の意見を紹介しつつ、車の自動運転についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

交通事故ゼロのためにレベル4は必要だが、完全自動運転は無理

車の自動運転は、レベルが上がるほどセンサーの正確度が要求されます。

 

自動化レベル4になると、人間以上のセンサーだけでなく、危険を予知したり、緊急回避の判断まで行ったりする人工知能も必要になってきます。

 

このレベルの自動運転を搭載した車に、ドライバーの乗車を義務付ければ、大半の事故を防止することができるんだとか。

 

 

ただ、レベル4の自動運転でも、自動車評論家の国沢光宏さんいわく、完全自動化は無理なんだそうです。

 

レベル4だからといってドライバーなしの運行は認められない。機械や人工頭脳だと対応できないケースが必ずあるからだ。加えて今号の「クルマの達人になる」で書いた通り、東京都内のような歩行者や自動車まで入り乱れる混交交通だと、レベル4の自動運転をしようとしたらノロノロ走行しか安全を確保できない。交通手段として考えると意味なし。ということでレベル4の技術は重要ながら、完全自動運転は無理です。

(引用元:ベストカー)

 

たしかに、予測不可能なことが重なった場合、高性能なセンサーや人工知能でも、事故を回避するのは難しそうですよね。

 

車両の自動化レベル
NHTSAレベル SAEレベル SAEにおける呼称 SAEにおける定義
レベル4 レベル5 完全自動運転 ドライバーでも対応可能ないかなる道路や走行環境条件のもとでも、自動化された運転システムが、常時、車両の運転操作を行う
レベル4 高度な自動化 システムからの運転操作切り替え要請にドライバーが適切に応じなかった場合でも、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが車両の運転操作を行う
レベル3 レベル3 条件付き自動化 システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じるという条件のもと、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが車両の運転操作を行う
レベル2 レベル2 複合機能の自動化 運転支援システムが走行環境に応じたハンドル操作と加減速を行うとともに、システムが補助をしていない部分の運転操作をドライバーが行う
レベル1 レベル1 特定機能の自動化 運転支援システムが走行環境に応じたハンドル操作、あるいは加減速のいずれかを行うとともに、システムが補助していない部分の運転操作をドライバーが行う
レベル0 レベル0 自動化なし ドライバーが、常時、すべての運転操作を行う

(引用元:ベストカー)

 

 

自動運転レベル3でも、かなりハードルが高い

SAEが定めた自動運転レベル3というのは、「基本制御をクルマ側が自動で行い、バックアップを運転手が行う」という概念です。

 

レベル2は、運転手をクルマが補助するというのものなので、レベル2⇒レベル3になるには、安全性や信頼性なのでかなり高いハードルを越える必要があるんです。

 

※SAE:アメリカ自動車技術会

NHTSA:米国運輸省道路交通安全局

 

なので、世界各国とも、いまのところはレベル2に基づいた法規制の整備を行っている状況なんです。

 

というのも、運転の主導権をクルマ側にしておいた状況で事故が起きた場合、責任をだれが取るかという問題があるからです。

 

 

そのため、モータージャーナリストの鈴木直也さんいわく、レベル5が運用されるまでは相当時間がかかるようです。

 

自動運転というのは、今後は技術的な課題よりもむしろインフラの構築や法規制の整備、そしてなにより社会的なコンセンサスをどう形成して行くのかが大きな課題となってくるように思われる。

 

レベル3すらかなり道遠しなんだから、完全自動運転のレベル5の実用化にいたっては、たぶん何十年もかかるんじゃないかと思う。

(引用元:ベストカー)

 

自動車会社だけでなく、IT企業も自動運転に参入していますが、完全自動化になるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

 

いつか、完全自動化となった車が走る世界が見れるといいですね。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ