車のブレーキの点検方法。消耗品が多いのでメンテナンスが必要です

目安時間:約 7分

車は走らなければ事故など命にかかわることは起きませんが、走っているときに止まれないと大事故になってしまいます。

 

そのため、ブレーキはとても重要な部分です。

 

車の部品の中には、メンテナンスフリーのものもありますが、ブレーキは消耗品が多い部分で点検や整備が必要な部分です。

 

ブレーキは、素人が分解してメンテナンスができる個所ではありません。けれど、点検をして不具合の兆候を知ることで、早い段階でプロに見てもらうことができるようになりトラブルを回避できるようになります。

 

なので、『車のブレーキの点検方法』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、以前紹介したバッテリーのメンテナンス方法は、こちらを参考にしてください

車のバッテリーのメンテナンス方法。点検をして寿命まで使い切ろう

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

車のブレーキの点検でやっておきたい項目

安全に走行するためには、ブレーキの好調を保っておくことはとても重要です。

 

なので、定期的に点検をして、早め早めに不具合を見つけて、常に好調な状態を保ってくださいね。

 

それでは、車のブレーキの点検方法について説明していきますね。

 

 

《ブレーキペダルのタッチの点検》

まずは、車内にてブレーキペダルを点検します。

 

エンジンをかけた状態で、ブレーキペダルを奥まで踏み込んでみて、滑らかに奥まで行くか確認してください。

 

また、ペダルから足を離してみて、すぐに戻るかも確認してください。

 

このとき、少しでも引っかかりがあったら、整備工場で点検してもらってください。

 

 

また、奥までブレーキペダルを踏み込んだときに、もう一度強めに踏み込んでみましょう。

 

強めに踏み込んだときに、奥まで入っていかなければいいのですが、もしさらに奥まで入っていったら、プロに点検してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキペダルの踏み代の点検》

ブレーキペダルに引っかかりなど問題がなくても、あまりにブレーキペダルの踏み込み量が多いのも問題です。

 

ブレーキペダルを踏み込んだときに、ペダルの一番奥がフロアギリギリだと、トラブルが発生する場合もあります。

 

このような場合も、プロに点検してもらってくださいね。

 

特に、ズブズブという感じで、どんどん奥に行くような場合は要注意です。

 

 

《サイドブレーキの引き代の点検》

近年は、電動式のサイドブレーキも増えましたが、基本的にはワイヤー式のサイドブレーキが多いです。

 

けれど、ワイヤー式のものは、引っ張ってブレーキをかけるので、少しずつワイヤーが伸びてしまいます。

 

ノッチ数でいうと、5~7ノッチくらいがちょうどいいといわれているので、これより少ない場合や多い場合は、点検・調整してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキパッドの量の点検》

アルミホイールで、ディスクブレーキの場合は、外からブレーキパットが見えます。

 

なので、のぞいてみてブレーキパッドの量も点検してください。(ブレーキパッドは、すぐにはなくならないので、2~3ヶ月に1回の点検で十分です)

 

残量の限界は1mmですが、それは最悪の場合なので、もう少し早い段階で交換してくださいね。

 

 

ちなみに、後輪はドラムブレーキが使われていることが多いですが、ドラムブレーキの場合は、ブレーキパッドは外から見えないので、プロに任せるしかありません。

 

 

《ブレーキローターの減り具合の点検》

ブレーキパットと同じく、アルミホイールで内側がのぞける場合にしか点検出来ないのですが、ローターの点検も大切です。

 

ローターとブレーキパッドが当っている部分の段差を確認してください。

 

ローターも減るため、段差ができるのは仕方がありません。

 

けれど、あまりに段差が大きい場合はローターの交換も必要になりますので、段差が大きいときは、プロに点検してもらってくださいね。

 

 

《ブレーキフルードのタンクの点検》

ブレーキフルード(ブレーキオイル)の点検も行ってください。

 

ボンネットを開けて、エンジンルーム内の運転席の前にあるのが、ブレーキフルードのタンクです。

 

ブレーキフルードは、ブレーキパッドが減ると、それに合わせて少しずつ減ります。けれど、あまりに減っている場合は問題ですので、プロに点検してもらってくださいね。

 

また、ブレーキタンクからオイルが漏れていないか、オイル自体の汚れなども点検してくださいね。

 

 

このように、ブレーキの点検は比較的簡単にできます。

 

ブレーキは、重要な部品であり、消耗品がいっぱいある部分でもあります。

 

定期的に点検して、好調を保ってくださいね。もし、違和感があったら、プロに点検・整備してもらってくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車のマメ知識 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチームライフスタイル 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後に、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ