コンパクトカーの末期モデルの買い・待ち判定|ヴィッツやマーチは?

目安時間:約 7分

新型車が発売される一方で、型が古くなっている「末期モデル」の車種もあります。

 

そんな末期モデルの新車の“買い”or“待ち”の判定を、カー雑誌『ザ・マイカー』がしていましたので、結果を紹介しますね。

 

今回は、『コンパクトカーの末期モデルの買い、待ち判定』についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

判定するコンパクトカーの末期モデル

現在、人気が高いコンパクトカー。人気のため、末期モデルは少ないのかと思いきや、意外とたくさんあるクラスです。

 

とくに、カローラルミオンやiQ、Bb、マーチなど、ほぼ放置されている車種も存在しているんです。

 

ですが、アクアやフィットのような人気車種を嫌う人が、個性が強い放置系末期モデルの購入を検討することも多いんです。

 

 

今回、カー雑誌『ザ・マイカー』が、買い、待ちの判定をしたコンパクトカーの末期モデルは、以下の車種です。

 

・ヴィッツ(トヨタ)

・マーチ(日産)

・スイフト(スズキ)

・bB(トヨタ)

・ベリーサ(マツダ)

・iQ(トヨタ)

・ラクティス(トヨタ)

・カローラルミオン(トヨタ)

・キューブ(日産)

・フリードスパイク(ホンダ)

 

それでは、それぞれの買い、待ち判定を見てみましょう。

 

ヴィッツ(トヨタ)|判定:値引き次第

ヴィッツの判定は「値引き次第」です。

 

2015年6月30日に一部改良が行われたヴィッツ。

 

改良前在庫車が残っている可能性があるので、改良後の車種を見ながら「改良前の在庫はありますか?」と営業マンに聞いてみると、掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

マーチ(日産)|判定:買い

マーチの判定は「買い」です。

 

知名度が高いので、乗っていて損はない車です。

 

タイでの生産をマイナス面に挙げる人がいますが、世界でもトップクラスの質の高い生産性を持っているの問題はありません。

 

スイフト(スズキ)|判定:買い

スイフトの判定は「買い」です。

 

「欧州車並みの走行性能」と評価が高いスイフト。日本だけでなく、海外市場でも評価が高いです。

 

日本での絶対数もそれほど多くないので、人と違う車に乗っているという優越感を味わえます。

 

bB(トヨタ)|判定:買い

bBの判定は「買い」です。

 

bBは、個性的な外観が特徴ですが、実はコンパクトカーでは数少ない4ATを搭載しています。

 

この4ATを求めて購入する人が、少なからずいるようです。

 

ベリーサ(マツダ)|判定:買い

ベリーサの判定は「買い」です。

 

先々代デミオのプラットフォームがベースで、まさに放置系末期モデルの代表格。とはいっても、メーカーも販売現場での活躍を認めるバリバリの現役モデル。スポーツイメージを好まないラグジュアリー志向の人に好評のようだ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このような理由から、ベリーサは買いです。

 

iQ(トヨタ)|判定:値引き次第

iQの判定は「値引き次第」です。

 

欧州ではスマート並みに高い人気を誇っているiQ。

 

使い勝手はけっして良くありませんが、取り回し性はかなり良いです。

 

登録車としてのランニングコストに不満がなければ買いです。

 

ラクティス(トヨタ)|判定:買い

ラクティスの判定は「買い」です。

 

ヴィッツよりも高級感を感じるラクティス。

 

アクアにいまいち愛車が持てない人にすすめると、高確率で購入するんだとか。

 

ただし、車両本体値引きが渋いので、オプション値引きや下取り査定額の上乗せを狙ってください。

 

カローラルミオン(トヨタ)|判定:買い

カローラルミオンの判定は「買い」です。

 

走行性能もしっかりしていて、モデルの古さを感じません。

 

長く乗り続けるなら、オススメです。

 

キューブ(日産)|判定:買い

キューブの判定は「買い」です。

 

Bプラットホームが採用されていて、マーチやノートよりも走行性能が高いです。

 

韓国で人気が高いようです。

 

フリードスパイク(ホンダ)|判定:買い

フリードスパイクの判定は「買い」です。

 

フリードは、今年の年末もしくは、年明けにフルモデルチェンジを予定しています。

 

そのときに、フリードスパイクもフルモデルチェンジをするかは不明です。

 

現状は末期モデルなので、同士競合を中心に交渉すれば、車両本体値引きはアップしますよ。

 

 

コンパクトカーの末期モデルの買い、待ち判定は、このようになっています。

 

コンパクトカーは、アクアやフィットが大人気ですが、末期モデルに目を向けてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

これからコンパクトカーを購入する予定の人は、ぜひ参考にしてください。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ