セダンの末期モデルの買い・待ち判定|プリウスやクラウンは買い?

目安時間:約 6分

新型車が発売される一方で、型が古くなっている「末期モデル」の車種もあります。

 

そんな末期モデルの新車の“買い”or“待ち”の判定を、カー雑誌『ザ・マイカー』がしていましたので、結果を紹介しますね。

 

今回は、『セダンの末期モデルの買い、待ち判定』についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

判定するセダンの末期モデル

セダンは、コンパクトカーやミニバン、軽自動車に主役の座を奪われてしまいましたが、バリエーションはかなり充実しています。

 

そんなセダンの買い、待ちの判定をした末期モデルは以下の車種です。

 

・センチュリー(トヨタ)

・LS(レクサス)

・クラウンロイヤル&アスリート(トヨタ)

・アクセラ(マツダ)

・キザシ(スズキ)

・プリウス(トヨタ)

・HS(レクサス)

・SAI(トヨタ)

・プレミオ(トヨタ)

・アリオン(トヨタ)

 

それでは、それぞれの買い、待ち判定を見てみましょう。

 

センチュリー(トヨタ)|判定:買い

センチュリーの判定は「買い」です。

 

センチュリーが搭載しているV12エンジンは、地雷などを踏んだ際に6気筒で走ることができ、ドアも22口径ぐらいの銃弾も貫通しないなどといわれています。

 

そもそも、開発基準が民生品の域を超えていて、30年スパンで開発されているそうです。

 

そのため、購入しても損することはないですよ。

 

LS(レクサス)|判定:待ち

レクサス・LSの判定は「待ち」です。

 

末期モデルでも値引きはほとんどなく、ハイブリッドシステムも「5000ccで7000cc並みのパワー」と今時珍しい大排気量で前時代的です。

 

2017年に行われると噂されている次期型のデビューを待った方が得策です。

 

クラウンロイヤル&アスリート(トヨタ)|判定:買い

クラウンロイヤル&アスリートの判定は「買い」です。

 

マイナーチェンジを控えていますが、売れ筋のハイブリッドに大きな変更はなく、外装などの変更が気にならなければ、現行型は値引きが大きいのでお買い得です。

 

アクセラ(マツダ)|判定:買い

アクセラの判定は「買い」です。

 

マイナーチェンジを控えていますが、変更はそれほど大きくないといわれています。

 

マイナーチェンジ情報を収集しながら、現行型の商談を進めてみましょう。

 

キザシ(スズキ)|判定:買い

キザシの判定は「買い」です。

 

自動車評論家など業界人には受けが良いキザシ。

 

良い車なのは確かなのですが、受注生産なので流通量はかなり限定的で、リセールバリューも期待できません。

 

乗りつぶすつもりの人にはおススメです。

 

プリウス(トヨタ)|判定:買い

プリウスの判定は「買い」です。

 

フルモデルチェンジを控えているまさに末期モデルのプリウス。

 

次期型は、価格がかなり高くなるとも噂されています。

 

現行型をオプション値引きなども含めたトータルで値引きアップを狙い、購入するのもアリです。

 

HS(レクサス)|判定:待ち

レクサス・HSの判定は「待ち」です。

 

北米市場など主要海外市場からは早々と撤退。搭載されるハイブリッドユニットも古く、次期型があるかはかなり不透明。価格が割高なのに本体値引きはゼロなので、どうしても欲しいという人もSAIを購入する方がいいかも?

(引用元:ザ・マイカー)

 

このような理由から、レクサス・HSは待ちです。

 

SAI(トヨタ)|判定:待ち

SAIの判定は「待ち」です。

 

ビッグマイナーチェンジで人気が少し戻ってきましたが、ハイブリッドを始め、搭載しているメカニズムは古く、価格も割高です。

 

最新ユニットを搭載するカムリやクラウンアスリートのハイブリッドを検討した方がいいかも。

 

プレミオ(トヨタ)|判定:買い

プレミオの判定は「買い」です。

 

登場から8年が経ったプレミオですが、質感などは新機種に見劣りしません。

 

しかも、中国でコピー車がでたり、バングラデシュやスリランカなどで人気があったりして、リセールバリューもいいんですよ。

 

アリオン(トヨタ)|判定:買い

アリオンの判定は「買い」です。

 

覆面パトカーでお馴染のアリオン。プレミオ同様に、黒いボディーカラーを中心に法人や高官庁で需要が高いです。

 

長く乗り続けるつもりの人にはおススメです。

 

リセールバリューを考えるなら、できるだけ排気量は小さい方がいいですよ。

 

 

セダンの末期モデルの買い、待ち判定は、このようになっています。

 

これからセダンを購入する予定の人は、ぜひ参考にしてください。

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ