奥様も新車が欲しくなる!?女性も喜ぶ優しい車の装備やお得情報

新車を購入したいと思っても、結婚しているとなかなか思うようにはいきませんよね。

 

特に、「新車を購入したいけど奥さんの許可をもらえない…」という、悩みを持っている男性も多いのでは。

 

「奥様が今の愛車に不満を持っていない場合」や「車がなくても何とかなっている場合」だと、なかなか購入までにたどり着かないです。

 

 

ですが、奥様の許可が下りないのは、メリットを感じていないからです。

 

「新車を購入するメリット」が奥さんんに伝われば、新車ゲットへの道が開けるはずです。

 

そこで、『奥さんだって新車が欲しくなる!?女性にとっても優しい車の装備やお得情報』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

女性が知りたいのは使い勝手。優しい便利機能を伝えよう

奥さんが知りたいと思っているのは、車の走行性能よりも「車の使いやすさ」です。

 

「今の車より室内が広くて乗りやすくなる」など、女性が便利と思うことを伝えることが大切なんですよ。

 

 

収納スペース

女性にとって、収納スペースの数や場所は、重要なポイントとなります。

 

たとえば、同じくらいの大きさの軽自動車で価格もあまり差がなかったとき、ティッシュ箱が収納できるスペースがあるかないかで、購入車種を決める女性は意外と多いんです。

 

女性が好む軽自動車は、収納スペースにこだわって開発がされているんです。

 

 

ダイハツ・タントは、収納スペースが14か所もあってトップといわれていましたが、その上をいくが、ダイハツ・ムーヴキャンバスなんです。

 

ムーヴキャンバスには、後席の下に「置きラクボックス」という収納ボックスが左右とも備わるなど、タントを上回る16か所の収納スペースがあるんです。

 

「置きラクボックス」は、今まで困っていた荷物の置き場所を解決する、収納の新アイデアとして大人気となっているんですよ。

 

車の収納スペース

 

カップホルダー

「カップホルダーって重要?」と思うかもしれませんが、女性とっては気になるところのひとつです。

 

カップホルダーは、ペットボトル類を置くだけでなく、髪留めなどの小物を置くにも便利です。

 

なので、カップホルダーの数が購入の決め手になることもあるんです。

 

 

国産車でカップホルダーの数が多いのは、ホンダ・ステップワゴンです。

 

1列から3列目のシート周りのホルダー数は、合計で16個です。

 

1列目に5個、2列目に6個、3列目に5個となっていて、ひとりにつき約2個のカップホルダーがついているんですよ。

 

車のカップホルダー

 

運転姿勢

買い物に出かけたり、子供の送迎をしたりするなど、普段車を使うことが多い奥さんにとって運転姿勢は大切ですよね。

 

最近は、ハンドルが前後に動く「テレスコピック機構(テレスコピックステアリング)」という機能が備わる車がでてきました。

 

 

ハンドルが上下するのが「チルト機構」、前後するのが「テレスコピック機能」です。

 

どちらも運転姿勢(ドライビングポジション)を最適化するために、ハンドルの位置を調整することができます。

 

 

一般的に、チルト機構はほとんどの車に装備されていますが、テレスコピック機構は低価格車には装備されていないものが多いです。

 

ですが、正しい姿勢で運転するのに、チルト機構はもちろん、テレスコピック機構も欠かせない存在です。

 

 

そこで、おすすめなのがスズキ・スイフトです。

 

スイフトには、テレスコピック機構が標準装備されていて、ハンドルが前後に36mm動きます

 

 

さらに、マツダの乗用車(登録車)には、全グレードにテレスコピック機構が標準装備されています。

 

コンパクトカーのデミオにもついているんですよ。

 

凄いですね。

正しい運転姿勢が取りやすい車

ナノイー発生器が搭載されている

脱臭や除菌、美容などの効果により、空気清浄機、エアコン、ドライヤーなどの家電に搭載されているが「ナノイー機能」です。

 

ナノイーは、水に包まれた微粒子イオンで、水分量は空気イオンの約1000倍以上とされています。

 

お肌や髪に優しい弱酸性のイオンですので、好む女性は多いですよね。

 

 

ナノイーが放出される機能が、搭載されている車が登場したんです。

 

トヨタ・ノア/ヴォクシーです

 

フロントオートエアコンに搭載されていて、エアコンを付けるとナノイーが放出されます。

 

車内を爽やかな環境にしてくれて、お肌にも優しいなんて嬉しいですよね。

空気清浄機(ナノイー)搭載の車

 

汚れに強いシート

小さな子供がいる家庭では、「シートにジュースをこぼす」なんてハプニングはよくあることです。

 

そのため、室内が掃除しやすいこともポイントのひとつですよね。

 

 

日産・エクストレイルは、シートに水滴を弾くゴムのような撥水素材を採用しています。

 

ジュースをこぼしても、タオルでサッと拭き取ることができるんです。

 

ほかにも、スバル・フォレスターのアウトドア仕様「X-BREAK」にも、撥水シートが採用されていますし、スズキ・ジムニーのラゲッジフロアは、防泥タイプになっています。

 

 

「防水」「撥水」シートなら表面の防水加工により、ジュースをこぼしても拭けばすぐ水滴が取れます。

 

繊維の間に汚れが入り込まないので安心なんです。

 

汚れに強い車のシート

 

新車をお得に購入する10の裏技

車の便利さが分かってくると、奥さんも新車に興味が出てくると思います。

 

つぎに、新車をお得購入する方法を話して、購入に向けて一気に前進してください。

 

 

下取り査定額を高くさせるには、年始に買うほうがいい

12月に新車を購入した場合、年が明けたと同時に年式が古くなってしまうというデメリットがあります。

 

高年式を保つには、翌年の1月に購入(登録)するほうがいいんです。

 

 

たとえば、2017年12月に購入し、2020年12月に売却すると“3年落ち”になります。

 

しかし、2018年1月に購入して、2020年12月に売却すると“2年落ち”で計算されるので、売るときに高値になるんです。

 

下取り査定額は、1年年式が違うだけで10万円も差が出ることがあります。

 

売却時のことを考えるなら、年が明けてから購入する方がお得なんです。

 

 

また、決算セールが開催される2月に契約をして、3月に登録と納車を行うのもおすすめです。

 

決算セールでは、大幅値引きが獲得できるうえに、高年式も維持できるのでバランスのいい買い物になります。

下取り査定額を高くしたいなら、年始に車を買おう

軽自動車税を1年分節約する裏技

軽自動車税は、

 

・軽乗用車 年額1万8000円

・軽商用車 年額5000円

 

となっています。

 

乗用車(登録車)のように、購入時の月割り納税はなく、購入の翌年度分から収めることになっています。

 

 

なので、年度が変わった4月1日に届け出をすれば、その年度は無料になるんです。

 

1万8000円も節約できるなんてお得ですよね。

 

新車は、買うタイミングによって出費を抑えることもできるんですよ。

 

軽自動車税を節約する裏技

 

併売車種を購入する時は、点検費用やローン金利まで比べること

トヨタの販売店は、「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」の4系列に分かれています。

 

そして、最近はプリウスやアクアなど、全店で取り扱う併売車種が増えています。

 

 

併売車種は、同じ車を競合させるので、商談のポイントが購入条件にしぼられます。

 

いろいろな条件を比較して、販売系列を決めるとお得に購入できます。

 

・値引き額

・ローンを使う場合の月々の返済額

・ローンの金利

・残価設定ローンの残価率

・数年先の車検や点検の基本料金

 

など、購入時の条件を細かく提示してもらい、比較するのがポイントです。

併売車種を購入する時は、点検費用やローン金利まで比べること

オプションは、ディーラーオプションよりメーカーオプションのほうがお得

新車に装着するオプションには、生産ラインで装着される「メーカーオプション」と、販売店で組み付ける「ディーラーオプション」があります。

 

商品の種類は、ディーラーオプションのほうが多いですが、機能のわりに価格を安く抑えているのがメーカーオプションです。

 

 

たとえば、アルミホイールは、ディーラーオプションの場合4本で10万円位ですが、メーカーオプションは、半額以下の4万5000円位で装着できます。

 

というのも、ディーラーオプションには、販売会社の粗利益が含まれたり、外したスチールホールを処分費が含まれたりするので、高額になります。

 

 

一方で、販売店はディーラーオプションを無料で装着するなど、いろいろな活用をしています。

オプションは、ディーラーオプションよりメーカーオプションのほうがお得

オプションをたくさん付けるなら、上級グレードを購入したほうがいい

上級グレードは、標準装備される装備が豊富なわりに、価格を安く抑えていることが多いです。

 

なぜなら、車に装着される装備の原価は想像以上に安く、たくさん装着してもそれほどこすとが上がらないからなんです。

 

 

また、上級グレードは、数年先の売却時にも下取り査定で有利になります。

 

下取り査定は、グレードによって異なる「型式」で、価格が判断されます。

 

安いグレードにオプションをたくさん装着するよりも、いい買い方なんですよ。

オプションをたくさん付けるなら、上級グレードを購入したほうがいい

増販期フェアが開催されているときは、客寄せサービスが行われている

新車の販売店は、増販期のフェアなどで客寄せのサービスを開催することが多いです。

 

1回300円で洗車サービスを行ったり、窓ガラスコーティングを行ったりしています。

 

しかも、待っている間にコーヒーとお菓子が出てきたりするので結構お得なんです。

 

 

女性は、おまけのようなサービスがあると、得した気分になってとっても嬉しいです。

 

客寄せサービスを上手に利用するのもいいですね。

 

増販期フェアが開催されているときは、客寄せサービスが行われている

オイルのボトルキープでオイル交換費用を安くする

トヨタの販売店を中心に実施しているサービスが、オイルをまとめて購入する「ボトルキープ」です。

 

「居酒屋のボトルキープみたいなもの?」と不思議に思うと思いますが、同じようなものです。

 

 

オイル交換に使うオイルをあらかじめ20Lまとめて購入して、販売店で保管してもらうんです。

 

オイル20Lをまとめて購入した場合、価格は通常より4割程度安く買えます。

 

しかも、工賃が含まれるので、オイルの使用量が少ないコンパクトな車種ほど割安になるんです。

 

 

たとえば、プリウスを5回オイル交換した場合、通常料金だと約3万円(1回あたり6000円)かかります。

 

ボトルキープを使うと、半額の1万5000円になったりするんです。

 

かなりお得ですよね。

オイルのボトルキープでオイル交換費用を安くする

中古車を買うなら銀行ローンをつかおう

新車を購入する時に使えるディーラーローンは、金利が全般的に低くなっています。

 

とくに、残価設定ローンは、実質年率が2.9%~4.9%とかなり低いです。

 

 

しかし、中古車購入のローンは、実質年率が9%~10%と高いんです。

 

中古車販売の世界では、実質年率を4%以下に抑えると、コスト負担が生じてしまうため、そこまでのサービスができないんです。

 

 

中古車を購入する時は、銀行や信用金庫、JAなどのマイカーローンを使用するほうがお得です。

 

銀行ローンは、新車でも中古車でも関係なく変動金利ですが、実質年率は2%~4%と低いことが多いです。

 

キャンペーン期間中には、1.4%なんていう金利が提示されることもあります。

 

JAでは、自動車共済に入るとさらに金利が下がるサービスもあるんですよ。

 

中古車を買うなら銀行ローンをつかおう

 

車に余分な荷物はNG。荷物を降ろして燃料代を節約しよう

車のラゲッジなどに洗車で使う道具やゴルフバックなど、あまり使わない荷物が乗っていませんか?

 

車は、車両重量が増えば増えるほど燃費が悪化するものです。

 

さらに、余分な荷物をおろして、車両重量を軽くするだけで、タイヤの摩擦を防ぐ効果もあります。

 

 

節約のために、荷物はこまめに降ろすほうがいいですよ。

 

 

デパートの駐車場をお得に使用する方法

デパートの駐車場は、2000円の買い物で90分無料、1万円以上なら3時間無料という具合に、買い物金額に応じて無料駐車できる時間が違うことが多いですよね。

 

 

そこで、駐車場代をお得にする方法があります。

 

それは、「デパートの商品券を購入する」ことです。

 

1万円の買い物で3時間無料なら、1回目の買い物で1万円の商品券を購入します。

 

それで、その日は3時間無料になります。

 

2回目の買い物では、前回購入した商品券を使って、1万円の買い物をします。

 

それで、再び3時間無料で駐車できるんです。

 

商品券を1万円購入することで、合計6時間の無料駐車ができるんです。

 

デパートの駐車場をお得に使用する方法

 

車を買うときの値引き交渉の裏技

営業マンが商談で重視するのは、旦那さんよりも奥さんの動向です。

 

旦那さんは、新車が購入できると舞い上がっているため、多少の予算オーバーでも「まぁいいか」となりますが、奥さんはそう簡単にはいきません。

 

営業マンは、奥さんとの商談はそれなりの覚悟を持って行っているんです。

 

そこで、奥さんにおすすめの値引き交渉術をお話しますね。

 

 

他店のイケメン営業マンを引き合いに出して攻める

旦那さんが営業マンと商談していて、値引きがなかなか進まないタイミングでは、他店を引き合いに出すのがおすすめです。

 

たとえば、「仲のいいママ友が、この前○○販売店で代替えしたんだけど、担当営業マンがイケメンでしかも値引き額が多かったんだって」などといってみてください。

 

こんなことを奥さんにいわれれば、営業マンはタジタジ状態になり、値引きするしかなくなってしまいます。

 

 

また、子供をダシに使うのもひとつの手です。

 

「うちの子が、この車をかなり気に入っているので、ぜひ値引き頑張ってください」というトークで攻めれば、営業マンも頑張るしかないと思うはずです。

他店のイケメン営業マンを引き合いに出して攻める

値引き総額を分けて考えること

新車の値引きは、

 

・車両本体値引き

・用品値引き

・下取り査定の上乗せ

 

と3つの値引きがあります。

 

商談開始当初に、「50万円値引きします」などといわれたら、車両本体値引きと用品値引きの合算と考えてください。

 

 

一般的に、用品値引きは、ディーラーオプション総額の20%引きくらいが上限目標となります。

 

なので、「50万円 - ディーラーオプション総額の20% = 車両本体値引き」となります。

 

頭のなかで、提示値引き額をバラバラにして考えれば、何がどれだけ値引きされているか分かるんです。

 

 

用品をこれだけ付けるんだから、もう少し頑張ってもらえますか」などと、値引きしてもらいたい箇所を指摘すると、営業マンに「この客はできるな」という印象を与えることができます。

 

値引き不足分は、下取り査定額に上乗せされるので、値引きが拡大するという作戦なんです。

値引き総額を分けて考えること

 

まとめ

奥さんが新車を購入したいと思うには、メリットを伝えると同時に、お得な情報を伝えることが大切です。

 

奥さんが車に興味を持つように、上手に話してくださいね。

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ