現金一括払いvs自動車ローン(残価設定ローン)。どっちが得?

新車を購入するとき、現金一括払いにするか、自動車ローンを利用するかという点で悩む人は多いです。

 

そこで、前回は「自動車ローン利用のメリットと活用方法」についてお話ししました。

 

※自動車ローンが変化して利用しやすくなっている

↓↓↓

残価設定ローンのメリットとお得な活用方法。新車の支払い方の変化

 

続きとして、『現金一括払いvs自動車ローン(残価設定ローン)。どっちが得?』についてお話ししますね。

 

現金一括払いにも、自動車ローンにも、それぞれメリット・デメリットがあるんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

現金一括払いでも口座振り込みが当たり前。現金そのものでの支払いは行われていない

昔は、商談のテーブルに帯封の札束を積んで、「これで新車を買いたい」と値引き交渉に臨むことがよく行われていました。

 

しかし、今では警戒されるだけで、値引き拡大への効果は薄いです。

 

 

現金そのものを原則受け付けず、口座振り込みで支払ってもらうという新車ディーラーが多くなっています。

 

これは営業マンが現金を持ち逃げするなど、トラブル要因をなくすという目的からです。

 

口座振り込みで「お金の流れ」を残すことにより、マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐということも行っています。

 

 

長年付き合いで信頼関係が厚いお得意様の場合、特別に現金支払いをOKにすることがありますが、新車ディーラーでは現金の取扱いにかなり慎重になっているのが現状なんですよ。

 

 

現金一括払いは、新車の購入資金がたまらず代替サイクルが長くなってしまう

現金一括払いにこだわって新車を購入する場合、「予算準備に時間がかかり乗り換えがなかなかできない」ということがあります。

 

 

最近は、「新車は高い」という言葉をよく聞きますが、自動ブレーキなど装着しなければならない装備が増え続けている現状では、単純に割高になっているわけではないです。

 

ただ、好景気になっているといわれても、収入がなかなかアップしない現状が、新車価格の割高イメージを強くさせている状態なんです。

 

 

とはいえ、軽自動車でも支払い総額200万円になるものがあるなか、新車購入資金を残額キャッシュで揃えるのはとても大変なことです。

 

子どもの学費などの支出が優先されるため、購入資金がなかなか溜まらず、結果的に「車が壊れたから買う」というケースも珍しくないです。

 

全額キャッシュで購入資金を用意するのは、いろいろな面で相当な体力が必要となっています。

 

 

一方で、現金一括で新車を購入できる資金があっても、あえて自動車ローンを組む人も目立っています。

 

以前に比べると、自動車ローンの金利が低くなって、金利負担が軽減されていることが影響しています。

 

 

 

どんな短期でも、自動車ローンを組むことで値引きが拡大されることがあります。

 

新車購入の商談で、値引きアップの奥の手とされているのが、現金一括払いのお客にあえて半年など超短期間の自動車ローンを組んでもらうことです。

 

自動車ローンを組んでもらえば、新車ディーラーと提携している信販会社からバックバージンが支払われるので、その一部を値引きに充当することができるからなんです。

 

とくに、日産系のディーラーでよく行われているんですよ。

 

 

いくら金利が低いとはいえ、自動車ローンを組めば余計な支払いが発生するので、その分も含めて値引きアップの要求をしてくださいね。

 

 

短期サイクルで代替えする人には、残価設定ローンがおすすめ

自動車ローンと現金一括払いは、どっちがお得なんでしょうか?

 

 

今までは、自動車ローンをすべて支払ってから代替えするのが当たり前だったため、なかなか代替えできないのが、自動車ローンのデメリットでした。

 

しかし、今では他メーカー車の残債のある下取り車でも、そのまま査定を行ない、残債整理して所有権解除も行う新車ディーラーが増えているため、代替えがしやすくなっています。

 

囲みが狙いの残価設定ローンも、以前より、他車への乗り換えがしやすくなっているんです。

 

 

残価設定ローンで設定される残価が以前より控えめになっているため、残債が残ることが少なくなっていますが、それでも他メーカーへ下取りに出せば、評価は少し下がり気味になってしまいます。

 

そのため、いろいろなメーカーに代替えを繰り返す人には、残価設定ローンはやっぱり不利です。

 

 

また、自動車ローンで残債が多く残るフルローンは、(事故などでローンだけが残るなど)リスクが大きいです。(現状ではフルローンが組めないディーラーが多い)

 

自動車ローンを組む場合でも、一定の頭金を入れて身動きを取りやすくするほうが得策なんですよ。

 

 

 

現金一括払いの場合のメリットは、無駄な金利を支払わなくいいことです。

 

その分お金を貯める期間が必要になるため、代替えサイクルが長くなってしまい、下取り査定額が期待できないのがデメリットです。

 

ただ、全損事故などを起こした場合には、残債整理などを考える必要がないので安心です。

 

 

 

このように、現金一括払いにも、自動車ローンにも、メリットとデメリットがあるので、考え方によってどっちがいいとは言い切ません。

 

それぞれのメリットとデメリットをよく確認し、購入したい車の価格や貯蓄の状況、ライフプランによって判断するようにしてくださいね。

 

それぞれのメリット・デメリット

 

■ローン購入の○と×

○ 残価設定ローンは月々の支払い額が少ない

○ 低金利が当たり前で使い勝手がよい

× 残価設定は残債の残り具合に注意

× 割賦元金の設定は慎重に判断

 

■現金払いの○と×

○予算準備に時間がかかる

○もしもの時でも身動きが取れる

×結局口座振り込みとなる

×ローンより特典が少ない

(引用元:CARトップ)

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ