下回りのサビは注意。ボディの傷はすぐに補修を|最近の車のメンテナンス4

目安時間:約 6分

 

車は機械部品の集まりなので故障はつきものですが、メンテナンスを行えば故障を減らすことができます。

 

けれど最近の車は、昔の車と比べて構造が複雑になっているのでメンテナンスが難しく、自分でできる部分が減ってきています。

 

 

そこでこれまでに、『今の車のメンテナンスのポイント』についてお話ししています。

 

※エンジンオイルは、3ヶ月に1回変える必要はありません

今どきの車のメンテナンスのポイント。自分でできることは少ない

 

※バッテリーを交換するときは、バックアップを取らないとデータが消える可能性が

バッテリーの交換はバックアップを|最近の車のメンテナンス2

 

※タイヤは、駐車場の状況でも劣化の速度が変わります

タイヤのゴムは思った以上に寿命が短い|最近の車のメンテナンス3

 

 

今回も続きとして、

 

・下回りのサビは注意

・ボディを磨くときは、鏡面仕上げ用コンパウンド

・小さなボディの傷は、タッチペンで早急に補修を

 

についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 私の住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

下回りのサビは注意

車の下回りのサビは、要注意です。

 

排気管やマフラーのサビを放置すると、穴があいてしまうこともあり、マフラーなどに穴が開くと車検が通らなくなります。

 

 

下回りのサビの最大の大敵は、塩(塩害)です。

 

車の下回りは、耐食性重視の塗装(サビにくい塗装)が施されています。

 

けれど、海沿いを走ると潮風に運ばれた塩分が付着しますし、寒冷地で冬などに撒かれる凍結防止剤も主成分が塩分なので、ついたままにしておくとサビが発生してしまいます。

 

下回りをサビさせないために、海沿いや雪道を走った後は、すぐに下回りを洗ってくださいね。

 

 

自宅でホースの水で洗い流すだけでも多少は効果がありますが、高圧洗浄機で洗うのが一番です。

 

高圧洗浄は、コイン洗車場などでできるので、わざわざ購入する必要はありませんよ^^

 

 

もし下回りでサビを発見したら、サビを取り除いでアンダーコートをすればOKです。

 

 

 

 

ボディを磨くときは、鏡面仕上げ用コンパウンド

いつも丁寧に洗車をしていても、長く乗り続けていればボディの輝きは失われてしまいます。

 

理由は、砂などがぶつかって塗装が荒れたり、洗車では落ちない汚れが固着したりして、光の反射が悪くなる・光が乱反射するからです。

 

そのため、ボディの輝きを取り戻したいなら、ときどきコンパウンドで磨けばOKです。(ボディにコーティングを施している車は、コンパウンドをしていいか整備工場などに確認してくださいね)

 

 

コンパウンドをかけることに不安を感じる人も多いですが、輝きを取り戻すために磨くだけなら、失敗することはほとんどありません。

 

まずは丁寧に洗車をします。

 

その後、鏡面仕上げ用のコンパウンドをスポンジに付けて、スポンジを動かします。(擦る必要はなく、弱い力でスポンジを動かすだけでOK

 

磨き終わったら、もう一度洗車をして、ワックスをかければOKです。

 

 

 

 

 

小さなボディの傷は、タッチペンで早急に補修を

ボディの傷は、放置するとサビになってしまいます。

 

そのため、小さな傷は、早急にタッチペンなどで補修したほうがいいです。

 

 

タッチペンなどで補修すれば、サビになることは防ぐことはできますが、費用を浮かせるために自分で行うと、仕上がりはそれなりになってしまいます。

 

補修するための道具をたくさんそろえて、じっくり治せるならきれいに仕上げることもできます。

 

けれど、大変ですし時間もかかるので、面倒ならプロに任せた方がいいです。

 

最近は、小さな小傷用の安いプランもあるので、検討してみるといいですよ。

 

 

ちなみに、自分で直すときは、タッチペンをして乾いたら、ペーパーをかけて、さらにコンパウンドで磨けば、多少は見栄えが良くなりますよ。

 

 

 

 

車は、メンテナンスすれば、快調な状態でいつまでも乗ることができます。

 

自分でできることは少ないですが、交換タイミングや目視でのチェックなどを行ってくださいね。

 

次回も続きとして、『今の車のボディや内装のメンテナンスのポイント』についてお話ししますね。

タグ: 

カテゴリ:メンテナンス 

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法
サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ