軽トラック比較!スーパーキャリイvsハイゼットトラックジャンボ

いろいろな仕事で活躍している「軽トラック」。

 

農家で使われているイメージが強い車ですね。

 

 

軽トラックといえば、キャリイ(スズキ)とハイゼット(ダイハツ)が有名ですが、2018年5月に、スズキからロングキャビンの軽トラック「スーパーキャリイ」が新発売されました。

 

ロングキャビンの軽トラックといえば、ライバルであるダイハツの「ハイゼットトラックジャンボ」の独擅場でしたが、新型スーパーキャリイの登場より両社の対決が加熱しそうです。

 

そこで、『スーパーキャリイ vs ハイゼットトラックジャンボ。おすすめはどっち?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

スズキからロングキャビンの新型スーパーキャリイが登場。快適性は軽トラックNO.1

軽トラックは、キャビンスペースは狭く、シートバックはリクライニングできない場合が多いです。

 

これは、限られた範囲内で最大限の積載能力を得るため(荷台にたくさん荷物を積めるようにするため)に、キャビンスペースは割り切って作られているからです。

 

 

軽トラックの売れ筋車種のキャリイ(スズキ)から、2018年5月16日、室内空間を広くした「スーパーキャリイ」が発売されました。

 

軽トラックのキャビンとは思えないほど、ゆとりある室内空間を実現した新型の軽トラックです。

 

広くて使い勝手がいい室内と、軽トラックで初めてとなる「前後の誤発進抑制機能」が採用されていたことで話題になりました。

 

ほかにも、「シートバックスペース」や「シートリクライニング機能」、「フラットに倒せる助手席前倒し機構」など、いろいろな機能を備えています。

 

 

 

そして、スーパーキャリイのライバル車といえば「ダイハツ・ハイゼットトラックジャンボ」です。

 

ハイゼットトラックのワンランク上のモデルです。

 

スーパーキャリイと同じ広い室内空間を備えていて、シートリクライニング機能はもちろん、シートバックスペースも備えています。

 

 

こちらが普通の軽トラック(ハイゼット)です。

↓↓↓

普通の軽トラック(ハイゼット)

 

 

こちらが、ロングキャビンの軽トラック(ハイゼットトラックジャンボ)です。

↓↓↓

ロングキャビン軽トラック(ハイゼットトラックジャンボ)

 

運転席の後ろが、少し長くなって室内が広くなっていますね。

 

 

スーパーキャリイもハイゼットトラックジャンボも、軽トラックの唯一の弱点ともいえるシートバックスペースが拡大しているので、窮屈なドライブポジションから解放される上に、電子工具など振動や雨から守りたい重要な仕事道具などを保管場所できるんです。

 

そこで、スーパーキャリイとハイゼットトラックジャンボの使い勝手などを比較してみました。

 

 

ちなみに、ダイハツのリクライニング機能を装着したハイゼットトラックジャンボは、歴史が古く1983年からラインアップされているんですよ。

 

 

■主要諸元表

グレードスーパーキャリイXハイゼットトラックジャンボ
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×18853395×1475×1885
ホイールベース(mm)19051900
車両重量(kg)770800
エンジンタイプ直3DOHC直3DOHC
排気量(cc)658658
最高出力(kW[ps]/rpm)37[50]/570034[46]/5700
最大トルク(N.m[kg-m]/rpm)63[6.4]/350060[6.1]/4000
トランスミッション5速MT4速AT
JC08モード燃費(km/L)18.818.6
ブレーキ 前/後ディスク/リーディングトレーリングディスク/リーディングトレーリング
価格(万円・税込)110.268119.34

(引用元CARトップ)

 

 

室内性は、スーパーキャリイのほうが広くて使い勝手がいい

スーパーキャリイもハイゼットトラックジャンボも、ボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1885mmと、軽自動車なので同じ数値になっています。

 

最小回転半径も3.6mで同じです。

 

 

一方、座席後方のスペース空間は、

 

    • スーパーキャリイ :スペース幅1235mm、スペース長さ250mm
    • ハイゼットトラックジャンボ :スペース幅1345mm、スペース長さ175mm

 

となっていて、スーパーキャリイのほうが広いです。

 

 

スーパーキャリイの運転席シートスライド量は、軽トラックでは最長の180mmを実現していて、最前端までスライドしなくても最大40℃のリクライニングが可能となっています。

 

一方、ハイゼットトラックジャンボの運転席シートスライド量は140mmです。

 

ハイゼットトラックジャンボのリクライニング角度は公開されていませんが、スーパーキャリイの方がリクライニングの角度は大きいです。

 

 

ゆったり休憩するには、スーパーキャリイのほうがよく、シートバックスペースもスーパーキャリイのほうが広く使い勝手がよくなっています。

 

スーパーキャリイのほうが室内は広い

 

荷室スペース(荷台)は、ハイゼットトラックジャンボのほうが広い

室内スペースにおいては、スーパーキャリイに差を付けられたハイゼットトラックジャンボですが、荷室スペース(荷台)はスーパーキャリイに勝っています。

 

それもそのはず、ボディサイズに制限がある軽自動車は、キャビンを広くすれば荷室は狭くなるからです。

 

 

荷室長は、

 

    • ハイゼットトラックジャンボが1650mm
    • スーパーキャリイは1480mm

 

と、ハイゼットトラックジャンボのほうが170mmも長いんです。

 

また、両車とも座席後方のシートバックスペース下部に、フロアスパースを確保していますが、このフロア部分もハイゼットトラックジャンボの方が15mmも長いです。

 

 

積載性を重視するなら、ハイゼットトラックジャンボのほうがおすすめです。

 

荷台は、ハイゼットトラックジャンボのほうが広い

 

動力性能は、新型というだけあってスーパーキャリイのほうが高い

スーパーキャリイは、5速MTを搭載していて、高速道路でも苦もなく静かに走行できます。

 

「これでノンターボの660ccなの?」と思うような動力性能で、高速直進安定性も高いです。

 

AT(オートマチックトランスミッション)とMT(マニュアルトランスミッション)のほかに、AGSと呼ばれるシングルクラッチ式ATも用意されています。

 

車両が軽いため動きがスムーズで、音も振動も少なく快適なドライブができます。

 

エアコンやナビも装備されているので、長距離走行も楽に走行できるんです。

 

 

一方、ハイゼットトラックジャンボは、4速ATを採用しています。

 

車内の振動や音などは、街乗りでも高速巡行でも軽乗用車と変わらない印象ですが、それでも設計が古いため、振動やノイズが気になることがあります。

 

動力性能は、スーパーキャリイのほうが高い

 

 

先進安全装備は、ハイゼットトラックジャンボが一歩リードしている

スーパーキャリイの安全装備は、スズキの予防安全技術「スズキセーフティサポート」の「前後誤発進抑制機能」を軽トラックで初採用し、全車に標準装備しました。

 

誤発進抑制機能は、車両の前方及び後方に計4つの超音波センサーを装備し、超音波センサーで障害物を検知して衝突被害を軽減します。

 

 

一方、ハイゼットトラックジャンボは、2018年5月の一部改良で、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が採用されました。

 

2個のカメラをセンサーに使うことで、時速50kmを上限に歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させます。

 

車両に対する衝突防止の警報は、時速100kmが上限となっています。

 

ほかにも、「車線逸脱警報機能」や「先行車発進お知らせ機能」などが備わっています。

 

 

スーパーキャリイには、緊急自動ブレーキが装備されていないので、安全性能の面ではハイゼットトラックジャンボのほうが上回っています。

 

先進安全性は、ハイゼットトラックジャンボのほうが高い

 

まとめ

比較した結果、快適性を重視するなら「スーパーキャリイ」、積載性を重視するなら「ハイゼットトラックジャンボ」となっています。

 

それぞれメリット・デメリットがありますが、どちらも軽トラックとしての役割を十分果たしつつ、快適な居住性を備えています。

 

ロングキャビン軽トラックを買うときは、使い方によって選んでくださいね。

 

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

5000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ