セダン、ワゴン、クーペのデメリットと注意点。購入前に試乗して確認を

目安時間:約 7分

車には、ハイブリッドカーやコンパクトカー、SUVなど まざまな種類(クラス)があります。

 

それぞれ色々な個性や特徴がありますが、購入するときには、必ず確認したい注意点があります。

 

前回までに、“ハイブリッドカー&電磁自動車”、“軽自動車”、“コンパクトカー”、“ミドルサイズハッチバック”、“ミニバン”、“SUV”の注意点についてお話ししました。

 

まだ読まれていない方は、こちらからどうぞ

ハイブリッドカー・軽自動車のデメリットと注意点。購入前に確認を

 

コンパクトカーとミドルサイズハッチバックのデメリットと注意点。購入前に確認を

 

ミニバンとSUVのデメリットと注意点。購入前に試乗して確認を

 

 

今回はその続きとして、セダンとステーションワゴン、スポーツクーペについてお話ししますね。

 

車の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

セダンの5大注意点(デメリット)

現在は、軽自動車やコンパクトカーに人気の座を奪われてしまいましたが、20年ほど前では、セダンが車の主流でした。

 

セダンは、車の基本形とされていて、低重心・高剛性なボディから、安定性と乗り心地の良さが優れています。

 

また、視界が低めなため、障害物も発見しやすいです。

 

※セダンには良いところがいっぱい

セダンはダサい!?知られざるセダンのメリットや利点

 

そんなセダンを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.今のセダンはほとんどが海外向けなので、3ナンバー車が中心になってしまいました。日本で扱いやすい5ナンバーサイズのセダンは大幅に減ってしまいました

 

 

2.セダンは背の低い高剛性ボディから、安定性と乗り心地が優れているのが特徴です。けれど一方で、天井が低いので、後部座席に座ると腰が落ち込みやすいです。また、トランクもミニバンなどに比べると狭いので、購入前に実車を確認してください。

 

 

3.セダンには、エコカー減税対象車が少ないです。減税対策が難しいので、アイドリングストップなどもついていません。

 

 

4.全体的に設計の古い車種が増えてきました。車種の数は多いですが、意外と選びにくいです。

 

 

5.全体的に価格が割高です。というのも、海外向けに開発されているので、日本国内で売ろうとは本気で考えていません。人気も低迷中なので競争関係も穏やかなため、価格が高まってしまいました。

 

 

ステーションワゴンの5大注意点(デメリット)

トヨタ・カローラフィールダーやマツダ・アテンザワゴンが、このクラスに当てはまります。

 

現在は、日本や北米でも、ステーションワゴンの売れ行きが低迷気味なため、車種の数は減ってしまいました。

 

けれど、安定性と乗り心地の良さ、荷室の使いやすさなど、ステーションワゴンの魅力は健在です。

 

そんなステーションワゴンを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.セダンと同様に、安定性や乗り心地を向上させやすいのがステーションワゴン。けれど一方で、ミニバンと比べると居住性や積載量が低下します

 

 

2.セダンと厳密に比べると、ボディの剛性が下がるため、安定性や乗り心地が見劣りしてしまいます。というのも、セダンと違って後部座席の背面に隔壁が付けられず、最後部にリアゲートの開口部があるため、剛性が下がってしまいます。

 

 

3.設計の新しい5ナンバーサイズのステーションワゴンは少ないです。

 

 

4.ミニバンやコンパクトカーに比べると、全体的に価格は割高です。

 

 

5.車種数が少ないことは、ステーションワゴンを求めるユーザーにとっては大きな欠点です。そのため、最近では、輸入車を購入する人も増えました。

 

 

 

スポーツクーペの5大注意点(デメリット)

スポーツクーペは、かっこよくて運転の楽しさが味わえることが最大のメリットです。

 

その代わり、後席や荷室は狭く実用性は低いです。趣味としての意味合いが強いクラスです。

 

そんなスポーツクーペを購入するときに確認したい項目(注意点)は、以下のポイントです。

 

 

1.スポーツクーペは趣味性が高いので、ユーザーのニーズはさまざまです。そのため、日本車のクーペの数では、対応できていないため、選びにくくなっています。

 

 

2.コペンを除くと、ほとんどが3ナンバーサイズです。エンジンのサイズも、ロードスターや86、BZRの2000cc以外はV型6気筒に。価格も全体的に割高で、簡単には購入できません。

 

 

3.クーペは、燃費性能に対する配慮があまりに低すぎます。

 

 

4.クーペでは当たり前ですが、実用性が低いです。2人が乗車すると、手荷物の収納にも困るほど。後席があればある程度実用性が出てきますが、4人乗るとかなり窮屈です。セカンドカー向きです。

 

 

5.ボディスタイル重視なので、全体的に視界が悪いです。車に滑り込むような乗車スタイルになり、しかも、全幅も広いので縦列駐車や車庫入れが難しくなります。購入前に試乗車で試させてもらいましょう。

 

 

セダン、ステーションワゴン、スポーツクーペには、このような注意点があります。購入する前に必ず確認して、後悔しない車を購入してくださいね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ