新型エクリプスクロスが発売!ライバル車の紹介&かんたんな比較

SUVといえば、かつては「ボディが大きめで車高が高く、デザインがごつい頑丈な車」で、「山道や砂浜などの悪路を軽快に走行する」というイメージが強い車でした。

 

けれど現在は、乗り心地や燃費などの実用性が考慮された、街中でも運転しやすい「コンパクトSUV」の人気が高くなっています。

 

 

そのような中、三菱から新型コンパクトSUV「エクリプスクロス」が発売されました。

 

近年は、各メーカーから続々と新型が発表されいて、三菱もエクリプスクロスの開発にかなり力を注いでいます。

 

そこで、『新型エクリプスクロスの紹介とライバル車との比較』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

新型エクリプスクロスは、スポーツカーのエクリプスをSUVに進化させたもの

三菱のエクリプスクロスは、三菱が手掛けるSUVのアウトランダーよりも少し小型のクロスオーバーSUVです。

 

2017年10月28日開催された「東京モーターショー2017」にて日本で初公開され、2018年3月1日に新型コンパクトSUVとして発売が開始されました。

 

 

新型エクリプスクロスは、三菱のスポーツカー「エクリプス」をSUVとして復活させたもので、エクリプスから引き継いだスタイリッシュなフォルムと、SUVの走行性を持ち合わせた“クーペスタイルのSUV”となっています。

 

エクリプスは、1989年に北米を中心に販売されたスポーツコンパクトカーで、北米で絶大な人気を誇り、1990年に日本でも販売が開始されました。

 

2006年に販売が終了されましたが、今でもカスタムベース車として人気の高い車なんです。

 

 

この「エクリプス」に、クロスオーバーの略である「クロス」が組み合わされて、新たに「エクリプスクロス」が誕生したんです。

 

 

 

新型エクリプスクロスは、走行安定性と居住性に優れている

新型エクリプスクロスのプラットフォームは、アウトランダーに使用されているものに改善を加えたものです。

 

プラットフォームの設計は古いですが、熟成が進んでいるので走りは満足できます。

 

 

4WDシステムは、4輪制御技術の「S-AWC」と呼ばれるものが搭載されています。

 

この「S-AWC」は、パジェロやランサーエボリューションで培った4WD技術で、三菱の「最新4WD制御テクノロジー」なんです。

 

4WD「S-AWC」には、

 

・オート

・スノー(雪道)

・グラベル(悪路)

 

の3モードがあります。

 

雪道や悪路走行を前提としているので、市街地はもちろん峠道なども安心して走ることができますよ。

 

 

熟成されたプラットフォームと最新の4WD技術「S-AWC」の相乗効果により、新型エクリプスクロスは、安定性の優れた走行性能を備えているんです。

 

 

 

また、新型エクリプスクロスは、居住性が前後席とも広くて快適で、ファミリーカーとしても適しています。

 

前席は、サイズに余裕があって、ホールド性もいいので着座姿勢が乱れにくくなっています。

 

後席は、頭上と足元の空間にゆとりがあって、身長170cmの大人4人が乗車しても快適です。

 

荷室も床面積に余裕がありますし、リアゲートが大きく開くので荷物の出し入れがしやすいんです。

 

荷室の床下にも収納設備が配置されているので、使い勝手がいいんですよ。

 

 

新型エクリプスクロスのボディサイズや価格は、

 

・全長×全幅×全高 :4405×1805×1685mm

・ホイル―ベース :2670mm

・最低地上高:175mm

・価格帯 :253万2600円~309万5280円

 

となっています。

 

 

エンジンは1.5L直4ターボで、2WDと4WDが設定されています。

 

・エンジン :1.5L直列4気筒ターボ

・最高出力 :150ps

・最大トルク :24.5kgm

・JC08モード燃費 :15.0km/L(2WD)、14.0km/L(4WD)

 

 

新型エクリプスクロスと同じホールベースを持つアウトランダーとRVR、何が違う?

三菱のSUVは、

 

・RVR

・エクリプスクロス

・アウトランダー

・パジェロ

 

の4種類がラインアップされています。

 

このうち、アウトランダーとRVR、新型エクリプスクロスは、同じプラットフォームを使用していて、タイヤ前後の間隔を示すホイールベースも同じなんです。

 

 

ちなみに、プラットフォームが同じでも、ホイールベースは車種によって異なることが多いです。

 

ホイールベースの長さによって、運転性能や室内空間などに違いがでるからなんです。

 

 

では、プラットフォームもホールベースも同じ、新型エクリプスクロスとアウトランダー、RVRは、何が違うんでしょうか?

 

アウトランダ―とRVRを紹介しますね。

 

 

アウトランダー

アウトランダーは、三菱のSUVの中で主力車種に位置付けられていて、新型エクリプスクロスの上級車種になっています。

 

全長が新型エクリプスクロスよりも290mm長いので、後席の足元空間に余裕があり、荷室も広くなっています。

 

 

また、新型エクリプスクロスは、1.5L直4ガソリンの2WDと4WDしかラインアップされていませんが、アウトランダーは3種類のエンジンが用意されています。

 

【アウトランダーのエンジン】

・2.0L直4ガソリン(2WD)

・2.4L直4ガソリン(4WD)

・プラグインハイブリッドのPHEV

 

 

PHEVは、エンジンは主に発電機の作用に使われ、駆動は前後に搭載されたモーターが行っています。

 

そのため、アウトランダーPHEVは、走行性能が優れていて加速も滑らかです。

 

駆動用リチウムイオン電池の容量も12kWhなので、充電された電気でかなり長い距離を走ることができますよ。

 

 

 

RVR

新型エクリプスクロスとRVRは、どちらもコンパクトSUVです。

 

デザインやボディサイズも非常に近く、一見するとあまり違いがあるようには思えませんが、RVRは新型エクリプスクロスよりもボディサイズが少し小さいんです。

 

 

・新型エクリプスクロス :全長4405×全幅1805×全高1685mm

・RVR        :全長4365×全幅1770×全高1630mm

 

 

RVRは、新型エクリプスクロスよりも全長が40mm短く、全幅も35mm狭くなっています。

 

 

RVRのエンジンは、1.8L直4を搭載していて、車両重量は最上級グレードの4WD・Gでも1430kgと軽いのが特徴です。

 

発売は2010年と古いですが、ホイールベースの割に全長が短いので、運転感覚は軽快なんです。

 

価格も2,304,720円~2,541,240円と割安に抑えられているんです。

 

 

新型エクリプスクロスのライバル車を紹介

SUVは、最低地上高が高く、大径のホイールを装着しているため、見た目がかっこいい上に、ボディはワゴンや5ドアハッチバックと同様の形状となっているので、居住性や積載性に優れています。

 

さらに、コンパクトSUVは、街中でも運転がしやすく、維持費を抑えることができるので、日本国内で大人気車種となっています。

 

 

そんなコンパクトSUVは激戦区なので、「新型エクリプスクロス」にもたくさんのライバル車が存在します。

 

そのライバル車なかでも人気の3車種を紹介しますね。

 

 

マツダ・CX-3

CX-3は、

 

・全長×全幅×全高 :4275×1765×1550mm

・ホイル―ベース :2570mm

・最低地上高:160mm

・価格帯 :210万6000円~241万4000円

 

となっています。

 

 

CX-3は、マツダ車らしく前席を重視して開発されているため、運転姿勢は自然で乗り心地が快適です。

 

しかし、全長が短いため後席の足元空間や荷室が、新型エクリプスクロスより狭くなっています。

 

 

クリーンディーゼルターボ車は、動力性能が高く、低燃費で経済的です。

 

4WDは、路面状態の検知能力に優れていて、綿密な制御を行って走破力が高いんです。

 

 

 

パワートレインは、2種類あります。

 

 

【2.0L直4ガソリン】

最高出力 :150ps

最大トルク :19.9kgm

JC08モード燃費 :16.0km/L(2WD)、15.2km/L(4WD)

 

 

【1.8L直4クリーンディーゼルターボ】

最高出力 :116ps

最大トルク :27.5kgm

JC08モード燃費 :20.0km/L(2WD)、19.0km/L(4WD)

 

 

 

 

ホンダ・ヴェゼル

ヴェゼルは、

 

・全長×全幅×全高 :4330×1770×1605mm

・ホイル―ベース :2610mm

・最低地上高:185mm(2WD)、170mm(4WD)

・価格帯 :207万5000円~281万円

 

となっています。

 

 

ヴェゼルは、コンパクトSUVの中でも人気車種です。

 

燃料タンクを前席の下に搭載しているのが特徴で、これによって後席を含めた居住性が優れていて、荷室も床が低くく、積載容量が大きくなっています。

 

後席の足元スペースは、新型エクリプスクロスよりも広いんですよ。

 

 

安全装備のホンダセンシングが搭載されていて、運転支援の機能も充実しているので、安全性能も高いです。

 

ファミリーカーとしても使いやすいSUVなので、人気となっているんです。

 

 

パワートレインは、2種類あります。

 

 

【1.5Lハイブリッド】

最高出力 :132ps

最大トルク :15.9kgm

JC08モード燃費 :27.0km/L(2WD)、23.2km/L(4WD)

 

 

【1.5L直4ガソリン】

最高出力 :131ps

最大トルク :15.8kgm

JC08モード燃費 :21.2km/L(2WD)、19.6km/L(4WD)

 

 

トヨタ・C-HR

C-HRは、

 

・全長×全幅×全高 :4360×1795×1550mm

・ホイル―ベース :2640mm

・最低地上高:140mm(2WD)、155mm(4WD)

・価格帯 :251万6400円~290万5200円

 

となっています。

 

 

C-HRは、SUVの中で販売台数が最も多い車種です。

 

プリウスと同じプラットフォームを使っています。

 

ボディサイズは、新型エクリプスクロスより少しコンパクトになっています。

 

 

ボディがコンパクトな分、走行安定性と乗り心地のバランスに優れているのが特徴です。

 

後方の視界が悪いのがデメリットですが、外観は斬新に仕上げられていて、かなりカッコいいんです。

 

 

パワートレインは、2種類あります。

 

 

【1.8Lハイブリッド】

最高出力 :98ps

最大トルク :14.5gm

JC08モード燃費 :30.2km/L

 

 

【1.2L直4ターボ】

最高出力 :116ps

最大トルク :18.9kgm

JC08モード燃費 :16.4km/L(2WD)、15.4km/L(4WD)

 

 

まとめ

新型エクリプスクロスは、ボディのサイズがライバル車より大きいため、前席後席とも室内空間に余裕があります。

 

4輪駆動制御技術「S-AWC」の採用により、走行安定性にも優れているので、運転の楽しさを満喫できるSUVなんです。

 

ただ、新型エクリプスクロスは、ライバル車に比べて価格が高いので、長所を見比べたうえで、自分に合った車を選ぶのがおすすめです。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

5000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ