納車は受け取るだけじゃない!キズなどを確認する大切な時間です

車の購入を決定して注文したら、納車がすっごく楽しみですよね。

 

ついついテンションが上がって、納車のときの営業マンからの話は、まったく聞いてなかったという人もいるのでは。

 

 

納車は、新車を受け取る楽しい時間ですが、一方で、ミスや問題がないかチェックする“大切な時間”でもあります。

 

仮に、車にキズがあっても、納車のときに指摘できなければ、泣き寝入りになる可能性もあるんです。

 

そこで、『納車時のチェックポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える無料サービス

 

  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスなら、愛車を数十万円以上も高く売れる可能性があり。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

書類のチェック|納車でのチェックポイント その1

ディーラーで契約をして1ヵ月、今日は、ついに納車の日。

 

1ヵ月間、毎日、納車が楽しみでカタログを見てウキウキしていました。

 

 

「ついに新車がうちに来る!」と思ったら、テンションが上がりまくってしまい、ディーラーでは上の空になってしまいました。

 

営業マンの話もそこそこに、さっさと車を受け取って、ちょっとドライブ。

 

家について車を見たら、身に覚えのないキズがボディにあってショック…。

 

 

 

あなたは、このようなくやしい経験をしたことはありませんか?

 

 

実は、このような経験をした人は少なくありません。

 

トラブルや身に覚えのないキズを防ぐために、納車のときは、うれしい気持ちを抑えてしっかりチェックしてくださいね。

 

まずは、書類のチェックです。

 

 

車検証はナンバープレートやフレーム番号の確認もしよう

チェックする書類のひとつは、車検証です。

 

 

まずは、車検証内の本人氏名や住所にミスがないか確認してください。

 

 

氏名や住所にミスがなければ、車検証に書かれている

 

・車両登録番号(ナンバープレート)

・フレーム番号

 

も確認してください。

 

凄く稀(まれ)ですが、車検証と違うナンバープレートが付いていたり、フレーム番号が違うことがあったりすることもあるので要注意です。

 

 

自賠責保険の証券は、有効期間の確認も

自賠責保険(強制保険)の証券も、しっかりチェックしてください。

 

名前などの記載ミスはもちろん、保険の有効期間が36ヶ月、もしくは、37ヶ月になっているかもチェックしてくださいね。

 

まれに間違っていることがあるので、注意です。

 

 

また、任意保険の車両の入れ替えを自分でする場合は、営業マンから入れ替えの確認をされるので、納車までにしっかり手続きしておいてくださいね。

 

納車の絵

 

オプションが正しくついているか?動作の確認も|納車でのチェックポイント その2

納車のときは、契約のときに注文した付属品(オプション)が装着されているか、また、しっかり動作するかも確認してください。

 

 

カーナビは注文した通りの機種がついているかはもちろん、フロアマットは装着されているか、サイドバイザーはついているかなど、こまかい付属品までしっかりチェックしてくださいね。

 

カーナビなどの電装品は、営業マンの立会いのもと、ちゃんと作動するかも確認しておいてください。

 

 

 

また、(製造工場でつける)メーカーオプションも、装着されているか確認してください。

 

カタログを見ながら「このオプションをつけてください」や「このグレードがいい」と契約を決めたけれど、営業マンがミスをしてメーカーオプションを注文し忘れて、納車された時にはついていなかった…というトラブルもあります。

 

 

さらに、付属品以外の装備品(エアコンやワイパーなど)も、営業マンに聞きながら、操作方法やしっかり動くかなどを確認してください。

 

工場のラインで生産される車は、出荷前に厳しい検査を受けますが、ときどき、不具合があっても出荷されてしまうことがあります。

 

時間がかかってしまいますが、納得いくまでしっかりチェックしてくださいね。

 

納車

 

キズのチェックは念入りに!昼の時間がベスト|納車でのチェックポイント その3

納車で最も気をつけたいのが、「ボディのキズ」です。

 

 

販売店は、営業マンが新人のときに「新車はキズがあって当たり前を思え」と教えます。

 

これは、ボディにはキズがいっぱいということではなく、“キズがあるという気持ちで、納車の前にチェックをしろ!”という教えなんです。

 

ボディのキズは、これくらい納車される側(ユーザー)も、営業マン(ディーラー)側も、納車のときに気を使うポイントなんです。

 

 

 

最近は、レクサスをはじめ、屋内のショールームで納車確認をするディーラーが増えました。

 

でも、屋内での納車確認は、ちょっと注意です。

 

蛍光灯やLEDでは、光の加減でキズが見えにくくなることがあるんです。

 

ボディのキズの確認は、自然光(太陽光)の下でチェックすると発見しやすいです。

 

 

特にベストなのが、お昼の時間です。

 

太陽が真上にくるので、さらにキズが見つけやすいのでです。

 

 

「もっとしっかり確認したい」という人は、太陽光の下での確認のあとに、日陰に車を移動させてからも確認するといいですよ。

 

疑いだしたらキリがありませんが、納得いくまで確認してくださいね。

 

 

 

展示車は、いろいろな人が触るので、内装にキズや汚れがついていることがあります。

 

稀(まれ)ですが、ひどい販売店になると、「新車を納車」といいつつ、「展示車を納車」するところがあります。

 

 

内装のキズや汚れを防ぐために、展示車が納車されないように気をつけてください。

 

「シートにかかるビニールなどは、そのままにしておいてください」(=工場から来たままにしておいてほしい)と頼んでおくと、展示車が納車されるのを防ぐことができますよ。

 

また、商談のときに、「展示車は絶対に嫌だ」と営業マンに伝えておくと、展示車が納車されないように調整してもらえます。

 

 

実は、納車される車が、展示車なのかどうかは営業マンも分からないことが多いので、予防線はしっかり貼ってくださいね。

 

 

キズがあったり、不具合があったりしたら、受け取り拒否を

納車のときに、ボディや内装にキズがあったら、必ず受け取り拒否をしてください。

 

受け取ってしまうと、キズがあったことを了承したことになるからです。

 

全く新しい車を用意してもらえることはありませんが、納得できる対応をしてもらえるように交渉してください。

 

 

また、できれば、受け取りをする前に、営業マンを同乗させて、少し車で走ってみるといいですよ。

 

異音などの違和感を感じたら、営業マンに伝えて、説明してもらってください。

 

説明に納得できなければ、やはり受け取り拒否をして、納得できる対応をしてもらってください。

 

納車

 

まとめ

納車は、ただ車を受け取るだけじゃなく、内外装にキズはないか、注文した付属品はついているかなどを確認する場です。

 

気持ちよく車を受け取るために、最後まで気を抜かないでチェックをしてくださいね。

 

納車の五カ条

 

1.「まさかそんなことはないだろう」と思わない

2.キズがあって当たり前と思って確認を

3.注文時に納車へのこだわりを意思表明すること

4.納車時間はお昼時間がベスト(できれば晴天)

5.納得できなければ受け取りを断固拒否

(引用元:ザ・マイカー)

車買取査定サービス ランキング

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。査定額を競合させて、愛車を高く売りたい人にピッタリのサービスです。

 

楽天 無料愛車一括査定

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けられる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらうことができます。東証一部上場企業の楽天が運営しているので安心です。

 

ユーカーパック

電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・査定の受けやすさ:4点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

・電話は1社からだけ

・査定もたった1回だけ

・お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれる

 

という、オークション形式の車買取査定サービスです。全国の5,000社以上の車屋が競って入札するので、あなたの車が高く売れる可能性大です。ただし、最低落札価格以上の入札があった場合は、必ず売る必要があります。

 

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ