ドライブレコーダーの機能と選び方。タイプ別ポイント

最近、「あおり運転」による事故の影響により、ドライブレコーダーの普及が急激に高まっています。

 

自分自身が安全運転していても、万が一の事故はいつ起こるかわかりません。

 

そんなとき、事故の状況を客観的に判断するのに役立つドライブレコーダーは、今や必需品となってきているんです。

 

しかし、ドライブレコーダーといってもいろいろ種類があり、どれを選べばいいか分からない人もいると思います。

 

そこで、『ドライブレコーダーの機能と選び方』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 愛車を高く売りたいけど、車買取一括査定は電話がたくさん来るから嫌
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • かんたんで安全な方法で高く売りたい

 

1社からの電話、1回の査定で50万円以上高く売れることも!

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、車載カメラのことで、フロントもしくはリアに装置を取り付けて走行中の状況を映像で記録します。

 

価格は5,000円~40,000円ほどと幅広く、10,000円前後のモデルがよく売れています。

 

 

もともとトラックやタクシーなどの事業車両に、タコグラフと呼ばれる運行記録計が搭載されていましたが、速度や運転時間だけしか記録されないため、客観的なデーターは取得できても、万が一の事故などリアルな状況を把握することができませんでした。

 

そこで、登場したのが「イベントデータレコーダー」です。

 

 

イベントデータレコーダー(英語: Event Data Recorder, EDR)とは、車載型の事故記録装置の一種で、エアバッグ等が作動するような交通事故において、事故前後の車両の情報を記録する装置です。

 

タコグラフとイベントデータレコーダーを組み合わせることにより、自己分析などを客観的に行なえるようにしたんです。

 

 

ちなみに、記録装置という点では、イベントデータレコーダーもドライブレコーダーも同じです。

 

ドライブレコーダーは、一般消費者に展開する際に、事故の記録だけでなく、車上荒らしへの対応や、ドライブ時の思い出も楽しめるように「ドライブログ」などエンタメ的な機能が装備されているんです。

 

 

ドライブレコーダー搭載のメリットは、事故の証拠を残すことができること

今や、必需品といわれているドライブレコーダーですが、実際にドライブレコーダーを装着するメリットは何でしょうか?

 

1.事故の証拠を残すことができる

ドライブレコーダーを搭載する一番のメリットは、「事故の証拠を残すことができる」ことです。

 

対向車線から車が飛び込んできたり、路地から自転車が飛び出してきたりしたときなど、自分自身が不利にならないための証拠として、ドライブレコーダーの映像が大いに役立ちます。

 

交通事故では、当事者の意見の食い違いや記憶違い、思い込みなどがよくあります。

 

そんなとき、ドライブレコーダーの映像があれば早期に解決することができるんです。

 

2.犯罪の証拠を残すことができる

駐車監視モードがあるドライブレコーダーでは、車上荒らしや当て逃げなどの「犯罪の証拠を残すこと」ができます。

 

当て逃げの多くは、証拠の映像がないと犯人の特定は難しく、結局自分で修理することになってしまいます。

 

車にカメラが付いていて、犯人が分かれば警察も捜査してくれます。

 

 

ちなみに、ドライブレコーダーに記録された映像は、裁判の証拠として使えるんでしょうか?

 

結論としては、「確実ではないですが、ないよりはあった方がいい」です。

 

ドライブレコーダーの映像は、法的観点から見ると効力がないんです。

 

しかし、現実には、事故や裁判で証拠として提出することで役立つことが多く、事故の際、自分が救急車で運ばれてしまい現場検証に立ち会えなかった場合、裁判ではドライブレコーダーの映像が有益な証拠となることがあります。

 

3.交通トラブルを未然に防ぐことができる

最近、騒がれている「あおり運転」など、交通トラブル対策としてドライブレコーダーは有効的です。

 

あおり運転が原因で、事故を起こしてしまったときの証拠になるのはもちろんですが、後の窓にドライブレコーダーを取り付けることで、後方車両に危険運転を監視しているとアピールすることができ、あおり運転の防止につながります。

 

 

また、ドライブレコーダーには、自分の運転の様子を記録するタイプもあります。

 

自分の運転を見直すことにより、安全運転を意識することもできますよ。

 

4.思い出を残せる

ドライブレコーダーは音声も録画できるものがあるため、旅行の思い出を録画することもできます。

 

自分が運転手だと、海や山の景色をゆっくり見ることができないですよね。

 

旅行から行ってから、見直すことができますし、思い出に残すこともできるんですよ。

 

 

ドライブレコーダーの性能や機能面で重視したいのは6つ

ドライブレコーダーは、いろいろな種類ものもが販売されていますし、モデルによって機能も違うため、何を重視して購入すればいいか迷ってしまいますよね。

 

この半年間でも、ドライブレコーダーの機能は大きく進化しています。

 

 

まず、ドライブレコーダーの基本機能で重視したいポイントは6つです。

 

①GPS搭載

人工衛星の電波をキャッチして自分の位置や時間、速度の情報を得ることができる

 

②高画質

最低でも200万画素で録画できるもの

 

③広角レンズ

四隅にゆがみが少ないほうがいい

 

④HDRやWDR機能の搭載

HDRはハイダイナミックレンジ、WDRはワイドダイナミックレンジの略で、急激な明るさの変化に対応するための逆光補正

 

⑤加速度センサー(Gセンサー)内臓

急ブレーキや急加速、急ハンドルなどを検知すると、その前後数秒の記録が保護される

 

⑥フレームレート(fps)

1秒間に約30fps以上録画できるコマ数があること

 

 

上記の6つ以外に、あると便利なものがありますので好みで選んでください。

 

・駐車監視機能

エンジンをかけていない時でも、音と映像を記録できる

 

・車線逸脱などの運転支援

車線をはみだして、隣の車線を走る車や障害物にぶつかるのを未然に防ぐ

 

・Wⅰ-Fⅰ機能

ドライブレコーダーで録画した映像を、スマートフォンで視聴やダウンロードができる

 

 

ドライブレコーダーのタイプ別おすすめポイント

ドライブレコーダーのタイプは、大きく分けて5つのタイプに分かれます。

 

それぞれの特徴についてお話ししますね。

 

ワンボディ型

カメラやディスプレイが一体となっているモデルです。

 

取り付けが簡単なのがメリットで、価格も全体的に低価格のものが多いです。

 

視界を妨げないようにボディ自体をコンパクトにしなくてはいけないため、ディスプレイが小さく、設定操作などがしづらいのが難点です。

 

一番よく売れているタイプなので、種類が多く選択肢も多いです。

 

セパレート型

カメラと本体を分けたモデルです。

 

カメラの部分を小型化することで、ウィンドウに取り付けても目立たないし、操作は手元で行えるのがメリットです。

 

最近増えている衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備は、トライブレコーダーを妨害することが多く、ドライブレコーダーの取り付けに注意が必要です。

 

しかし、セパレート型ならカメラが小型なので妨害を極力抑えることができるんです。

 

ルームミラー型

ルームミラー自体に、カメラとディスプレイを内蔵する一体型の進化版です。

 

装着は、純正ミラーに被せるように取り付けるため、見た目がスッキリしていますし、映像自体をそのまま見られるメリットがあります。

 

ただ、もともと自動防眩機能(まぶしさを防ぐ機能)を搭載しているルームミラーの場合、その機能が使えなくなってしまうので要注意です。

 

2カメラ型

1つの本体に2つのカメラユニットを搭載し、前方と後方の映像を同時に録画することができるモデルです。

 

最近は、後方からの追突などに対するニーズが高まっているため、今後売れる傾向が高まりそうです。

 

本体がやや大きいことがデメリットで、後方のカメラに画質が前方よりやや落ちる傾向が高い商品も多いです。

 

360度カメラ型

現在、もっとも理想の一台とされているモデルで、360度を録画できるタイプです。

 

全天球カメラと呼ばれるカメラを使うことで、今まで死角になっていた側面エリアもしっかり録画できます。

 

とくに、駐車時の監視機能に効力を発揮します。

 

現状では、価格が高いことがデメリットで、閲覧に専用のビュアーアプリも必要です。

 

 

このように、ドライブレコーダーにはいろいろな種類があります。

 

お金をかけたくないと安いものを選んで、「証拠にならなかった」「よくわからない」ではドライブレコーダーを搭載する意味がありません。

 

自分を守るためにも、きちんとした性能を備えたものを選んでください。

 

次回は、『ドライブレコーダーの疑問』についてお話ししますので、楽しみにしてくださいね。

車買取査定サービス ランキング

ユーカーパック

2000社以上が競い合う!電話は1社からだけ。査定も1回だけの車買取査定サービス

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・査定の受けやすさ:5点(オークション形式)

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

車買取一括査定サイトのデメリットを解消したオークション形式の車買取査定サービスです。査定の申し込みをしても、電話をかけてくるのはユーカーパック(株)の1社からだけ。査定も1回受ければいいので簡単です。個人情報も、売却がきまったときに初めて車買取店に公開されるので安心です。

 

車査定・買取の窓口

あなたの車を高く買取りしてくれる車買取店を紹介してくれるサービス。電話も1社、査定も1回でかんたん

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・サービス・査定の簡単さ:5点

・提携している車買取店の数:4.5点

 

●詳細

車買取一括査定のデメリットを解消したサービス。“かんたんで手間が少ない方法”で、あなたの車を高く売ることができます。1社からの電話、1回の査定で、一括査定よりも40万円以上高く売れる可能性も。個人情報も1社にしか公開されないので安心です。高く売れる理由は車査定・買取の窓口のレビューと評価をお読みください。

 

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

 


お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ