車の運転支援システム比較|レヴォーグとベンツ・Eクラス優れているのは?

目安時間:約 9分

 

2017年7月3日にマイナーチェンジが行われたスバル・レヴォーグ。

 

このマイナーチェンジのときに、スバル車では初となる全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をサポートする「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されました。

 

 

では、この「アイサイト・ツーリングアシスト」の性能は、どのくらい凄いのでしょうか?

 

CAR雑誌『CARトップ』が、

 

・レヴォーグ(スバル)

・Eクラス(メルセデスベンツ)

・S90(ボルボ)

・セレナ(日産)

 

と比較テストを行いましたので、結果を紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

各車種のACCの違い

まず、レヴォーグ、Eクラス、S90、セレナのACCの違いを紹介しますね。

 

※ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール):正式名称は、「定速走行・車間距離制御装置」といい、前の車と一定の車間距離を保ちつつ、設定した速度で車が自動で走ってくれる装置のこと

 

 

車名 レヴォーグ Eクラス S90 セレナ
システム名 アイサイト・ツーリングアシスト インテリジェントドライブ インテリセーフ プロパイロット
システム構成 ステレオカメラ ミリ波レーダー+ステレオカメラ ミリ波レーダー+単眼カメラ 単眼カメラ
ACC設定可能速度 30~135km/h 20~210km/h 30~200km/h 30~114km/h
車間設定数 3段階 7段階 5段階 3段階
車線変更アシスト × × ×
標識認識 × 〇進入禁止標識のみ
ブラインドスポット警告 ×
自動ブレーキ作動速度 車両速度差50km/h以下

(歩行者の場合35km/h以下)

7~200km/hで作動。

静止障害物は7~50km/h、

歩行者検知は7~72km/h

4~200km/hで作動。

(速度差50km/h以下で回避。

それ以上は回避または軽減)。

歩行者・サイクリスト検知は4~80km/h

10~80km/h

(60km/h以下は車両のみ)

(引用元:CARトップ)

 

このように、各車、システム構成や設定可能範囲などが大きく違っているんです。

 

 

では、実際に車に乗ってACCを比較すると、どのくらい違うのでしょうか?

 

 

スバル・レヴォーグ(アイサイト・ツーリングアシスト)

従来のアイサイトVer3の速度変化はなめらかでしたが、アイサイトツーリングアシストになってさらに滑らかになりました。

 

とくに、前走車に近づいたときのブレーキのかけ方が、滑らかになったんです。

 

 

そのうえ、アイサイト・ツーリングアシストは、ハンドル支援の精度は、今回くらべた4車種で最も高かったんです。

 

ハンドル支援の精度がもっとも高かったのも特徴で、高速道路のジャンクションにありそうなRの大きなコーナーでも、ハンドル支援が入りつつ、安心して曲がれる。ちなみにEクラスも同じカーブを同速度で曲がれたが、こちらは車線から外れそうな兆候があった。

(引用元:CARトップ)

 

このように、アイサイト・ツーリングアシストは、加速やブレーキなどの制御がかなり滑らかで、ハンドルアシストも自然なんです。

 

 

メルセデス・ベンツEクラス(インテリジェントドライブ)

ベンツの運転支援システムは、世界の自動車メーカーのなかでもトップクラスなのは間違いないです。

 

けれど、最新のアイサイトと比べて、ハンドル支援の制御は、少しだけ弱く感じます。

 

 

一方で、Eクラスは、ミリ波レーダーを搭載しているので300m先の車との距離を正確に読み取ることができますが、アイサイト(スバル)はステレオカメラなので、前走車の認識は150mで識別できるのは110mです。

 

そのため、前走車に近づいたときのブレーキの滑らかさは、Eクラスのほうが優れています。

 

 

ボルボS90(インテリセーフ)

ボルボのインテリセーフは、消えかかっている白線の認識レベルが4車種のなかで最も高くて、安定したハンドル支援をしてくれます。

 

ブレーキ制御も滑らかで、停車するときのスムーズさは、アイサイトと同等です。

 

 

そして、ボルボのインテリセーフの特徴は、他車と比べてハンドル支援の考え方が違うところです。

 

ドライバーに違和感のない自然な支援にこだわるのがスバルとすれば、ボルボは対極。

 

支援していることを意図的に強調しているイメージだ。支援状態ではハンドルの主導権が車にあると認識させるような重さ感や、速度差があるクルマに近づいた時に少し強いブレーキを与えてドライバーに状況をわからせるなど、支援されていることに慢心して危険性が上がらないように工夫しているのである。

(引用元:CARトップ)

 

慢心しないように、あえて分からせるというのは、新しい考え方ですね。

 

 

日産・セレナ(プロパイロット)

今回の比較では、唯一、ミニバンということで車の持つ走りの性能が違います。

 

そのため、レヴォーグなどほかの3車種と比べて、セレナはどうしても不利になってしまうんです。

 

たとえばハンドル支援は、クルマがグラッと動く感覚が生じないよう、最大でも0.1G後半レベルの穏やかなアシストだ。支援を受けながら、ハイスピードでコーナーを曲がれるような設定にはなっていない。基本的な方向性はボルボ同様で、ハンドル支援を行っていることを主張するような内容。ただ前走車との相対速度変化の把握に時間が掛かるのか、ブレーキのタイミングが遅すぎるときもあった。

(引用元:CARトップ)

 

 

ACC比較のまとめ

運転支援システムは、どれもまだ発展途上の段階です。

 

そのなかでも、今回比較した

 

・レヴォーグ(スバル)

・Eクラス(メルセデスベンツ)

・S90(ボルボ)

・セレナ(日産)

 

のうち、最も万能的な仕上がりで使いやすいのが、メルセデス・ベンツEクラスの「インテリジェントドライブ」です。

 

メルセデス・ベンツEクラスと差がわずかで、コストパフォーマンスにすぐれているのが、スバル「アイサイト・ツーリングアシスト」となりました。

 

 

運転支援システムは、どの自動車メーカーも力を入れています。

 

近いうちに、もっと高機能なシステムが出てくることは間違いないですね。

車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、予想以上の高値で愛車を売却することができました。

一括査定サイトは簡単ですし、無料で利用できるのも嬉しいポイントでした。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店だけが参加の一括査定サイト!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができる簡単な一括査定サイトです。しかも、申し込み後、すぐに概算の最高額を教えてくれます。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心。大手買取業者からコダワリの専門業者まで、最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

75万台以上から算出した愛車の買取り相場をすぐに教えてくれる

上場企業が運営している、人気の車買取一括査定サイトです。全国200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

大手企業リクルートが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定をしてもらうことができます。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのも特徴の一つです。


愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ