高速道路でエンジントラブルが起こったら?パンクしたときは?

目安時間:約 6分

車を運転していると、さまざまな緊急事態に遭遇します。

 

万が一、緊急事態に遭遇したとき、対応の仕方によって自分の身を守れるかどうかが変わっています。

 

なので、「日常のカーライフで緊急事態に遭遇したときの対処法」についてお話ししますね。

 

今回は、

 

・高速道路を走行中にエンジントラブルが起こったときは?

・路上でパンクをしてしまったときはどうすればいい?

 

についてです。

 

 

ちなみに、前回までに、高速道路の逆走車や地震、冠水路、竜巻、かみなりに出会ったときの対処法についてお話ししました。

 

興味のある方は、こちらからご覧ください。

高速道路で逆走車に出会った時、どのように対応すれば身を守れる?

 

一般道で車の運転中、地震に遭遇したときの対処法

 

車で高速道路を走行中、大地震にあったときの対処法

 

車で冠水路に出会ったらどうすればいい?どこまで走行できる?

 

車の運転中に竜巻から自分の身を守る避難方法

 

車を運転中にかみなりに遭遇したら、身を守る安全な方法は?

 

 

「愛車を高く売りたい」 を叶える方法

 

  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

かんたんな方法で、その悩みを解決できます! 詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

高速道路を走行中にエンジントラブルが起こったときは?

渋滞などの必然性のあるとき以外、高速道路の本線上で停止してはいけません。

 

高速道路本線は、100km/hという速度でみんな走っています。現実的には、もっと早い速度で走っている車もいます。

 

そんな車に追突されてしまったら大惨事になってしまうので、本線上での停止は何がなんでも避けるように努力してください。

 

 

高速道路を走行中に、エンジントラブルやガス欠、パンクなどの緊急事態が発生したときは、惰性(だせい)で走っているうちに路側帯に避難してください。

 

なんとしても本線で停止することは避けてください。

 

ガス欠やエンジントラブルが起こっても、いきなり車が止まることはありませんよ。

 

 

路側帯に避難したら、ハザードランプを点滅させて停止してください。

 

車を停止させたら、すぐに発煙筒を焚いて後続車に避難中であることをアピールし、三角表示板を車の後方(50m以上離して)に設置しましょう。

 

その後は、(車よりも後方の)ガードレールの外に避難してください。

 

 

夜間の場合は、車のライトなどは消してハザードランプだけを点滅させてください。

 

テールランプが付いていると、走っている車と後続車が勘違いをして追突してくることがあるからです。

 

 

もし、トラブルが起こったときに、高速バスの停留所などがあれば、そこに避難してください。

 

本来は進入禁止なのですが、緊急事態ということと二次災害を引き起こさないように、安全を優先して高速バスの停留所に避難しましょう。

 

 

車を避難させた後は、非常電話や携帯電話でJAFなどに救援要請してください。

 

 

高速道路を走行中に車にトラブルが起こったら、本線で停止しないようにしてくださいね。

 

 

路上でパンクをしてしまったときはどうすればいい?

車で走行中に、タイヤがパンクしてしまうことがあります。

 

昔は、テンパータイヤというスペアタイヤが主流でしたが、今は、テンパータイヤを廃止してパンク修理キットが主流になっています。

 

パンク修理キットは、釘を踏んだ時などの単純なパンクならとても効果がある補修方法です。

 

けれど、損傷個所が大きかったり、サイドウォール(タイヤの接地面より外側の部分)の傷によるパンクだったりした場合は、効果がありません。

 

なので、タイヤ補修キットで補修できないパンクの時は、JAFなどのレッカー業者を呼んでくださいね。

 

 

ちなみに、高速道路でパンクした時は、絶対に自分で交換したり、補修したりしないでください。

 

パンクの修理中の事故は、とても多いので危険です。

 

 

どんなに点検整備をきちんとしていても、急なトラブルは起こってしまいます。

 

トラブルが起こっても落ち着いて対処し、自分と同乗者、周りの人の安全を守ってくださいね。

かんたん車査定ガイド

JADRI加盟の優良店とだけ提携している安心の車買取一括査定サイト!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:5点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:3.5点

 

●詳細

東証一部上場企業が運営し、加盟している車買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、安心して使える車買取一括査定です。お申込み完了後に、実際の取引額にもとづいた概算の買取価格を知ることができるので、気軽に愛車の価値を知ることができます。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)エイチーム (東証一部上場) 最大10社 全国45社以上

 

ズバット車査定比較

ズバットシリーズで有名な「ウェブクルー」が運営する車買取一括査定

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:4点

・受けれる査定の数:4.5点

・提携している車買取店の数:4点

 

●詳細

累計100万人以上が利用している、老舗の車買取一括査定サイトです。カスタマーサポートサポートチームを設置しているので、困ったときは助けてもらえます。申し込み後すぐに、全国75万台のデータから算出したあなたの愛車の買取相場を教えてくれますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)ウェブクルー (マザーズ上場) 最大10社 全国200社以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している車買取店の数はぶっちぎり!

 

●評価(5点満点)

・安心して使える:2.5点

・受けれる査定の数:5点

・提携している車買取店の数:5点

 

●詳細

いわずと知れた大手企業のリクルートが運営している車買取一括査定サイトです。加盟店は1000社以上とぶっちぎりで多く、査定の数も最大30社から受けることができるのが特徴です。車種に応じて、得意な車屋が表示されます。自分で査定を申し込む業者を決めることができますよ。

運営会社 見積可能業者数 提携買取店数
(株)リクルートホールディングス 最大30社 全国1000社以上

 

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑

【無料でできます!】

お得を引き出す注目記事

普通に車買取査定を受けても、高額査定は引き出せません。交渉も大切です。

高額査定を引き出す交渉法

下取り査定額をアップさせたいなら、複数の車買取店との競合は必須です。

下取り査定額をアップする方法

近年は、車両本体値引きだけでなく、下取り査定額の上乗せも重要です。

新車を安く買うポイント

愛車を最も高く売るたった一つの方法

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
車を高く売る方法
車を高く売るコツ
新車を激安で買うコツ
今月の人気記事
ブログ管理人

クル太助

運営者:クル太助

車と犬をこよなく愛する、元大手自動車メーカー技術者。車を高く売る方法など、クルマに関する情報を発信中

さらに詳しいプロフィール

新着記事
カテゴリー

ページの先頭へ